2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

2016.12.14

Photo回顧2016 (その2)

つもビジネスでバンコクを訪ねる時は
空港とホテルとオフィスを行き来することばかりで、
最近は近代ビルのジャングルしか印象がないのだが、
今回、空き時間を利用して旧市街を歩いてみたら、
バンコクは「水都」だと改めて認識。

 

Dsc00468
     

バンコクの街をゆったりと流れるチャオプラヤー川の河畔に佇むと、なぜか心が落ち着いてくる。海原とも違う気分。

 

Dsc00434

大都会の河川にも人々の日々の生活が息づいている。  

 

 

 

時間が少しあるから、河川交通手段のひとつであるチャオプラヤエキスプレスというボート船に乗ってみた。

 

Dsc00501
   

切符を買って乗り込むだけ。バス感覚。

川面から吹いてくる風が、火照った体に気持ちいい。

 

 

 

当てずっぽうに、知らない船着き場で下船したら、
偶然、香辛料の卸売市場に踏み込んだ。
     

Dsc00625
     

僕には不思議なアンテナが備わっているらしく、
国内外どこへ行っても何故か市場やマーケットに出くわす。

 

予備知識も地図がなくてもである。実に不思議な習性。

犬も歩けば市場にあたる…

 

Dsc00606

     

界隈には、トウガラシ、ニンニク、エシャロット、ライムなど
タイ料理には欠かせない香辛料の数々が売られている。

 

Dsc00563


プリッキーヌと呼ばれるトウガラシの種類だけでも様々。

 

Dsc00553
      

 

Dsc00666_2
トムヤムクンやタイカレーに欠かせないバイマックルー(こぶみかん)の葉

 

Dsc00670
レモングラスに カー(タイショウガ)
   

 

Dsc00725
    

 

Dsc00767
               

   

Dsc00748


  
タイもまた地大物博の農産国だと改めて感じる。

 

 

隣接する花卉市場(フラワーマーケット)に潜入。

 

Dsc00770

    

Dsc00783

 

花卉の海外取引は、これからの課題でもある。タイもその舞台のひとつ。

 

Dsc00863


   

Dsc00869


Dsc00887
       

 

Dsc00757
プミポン国王崩御前だったが、とにかく広く敬愛の対象であった
               

Dsc00856


    

 

多忙なスケジュールの合間に、
時を忘れて川の流れに身を任せるのもいい・・・。

 

Dsc00475

2016.12.12

Photo回顧2016 (その1)

はや今年も残すこと三週間となった。  

 

アップ出来なかった訪問先を
画像で回顧してみようと思う。

 

 

今年3月、支援業務でタイのバンコク・アユタヤを訪れた。

 

到着したタイのスワンナプーム国際空港で目撃した、
タイ人観光客の爆買いぶりには初日から驚いた。 

 

中国人に負けていない…。
日常風景になりつつあるとはいえ、
目の当たりにするとそれは壮観であった。

 

Dsc07842 

 

 

中心市街地に行くと、相変わらずの慢性渋滞。

 

ここで僕は頭をタイモードにリセットする。

 

 

イライラ・セカセカは、心のムダ・・・

 

Dsc08692
    

 

Dsc08664

すっかり近代都市に変貌した。

 

 

Dsc08670
夕方の退勤時間帯の自家用車は、高級車がめっきり増えた。

 

    1

今回も、バンコク市内の高級店舗やショッピングモール、郊外店舗を精力的に視察し、最新事情を紹介してもらった。

 

Dsc01109
既に見慣れた光景とはいえ、手ぶらが多い日本人観光客に代わって、ローカル消費者の購買が増えた。

 

 

ますます日本を含む世界中の一流品が集まると同時に
郊外のスーパーでも本物日本商品や外食店舗が広がっていることに驚く。

 

Dsc08403
バンコク郊外のショッピングセンターで。 お米の国タイで日本式おにぎりが

 

Dsc08480
新設のショッピングモールには、大抵日本食レストランがテナントになっている。
ラーメン、カレー、どんぶり、弁当、定食、スイーツなど、国民食レベルが次々と進出。

 

 

東南アジアの拠点として、
これからもしばらくバンコク市場はホットポイントであり続けるに違いない。

 

 

10月に逝去されたラーマ9世プミポン国王に
心からお悔やみ申し上げます。

 

2016.12.05

寄稿のご案内

日本政策金融公庫の月刊誌「AFCフォーラム」12月号に寄稿した拙文が掲載されたので、ご紹介します。

 

 

Img023

   

https://www.jfc.go.jp/n/findings/publish.html

 

 

「主張・多論百出」というコーナーです。

 

 

今、全国の自治体による農産物輸出は、
海外における各種プロモーションやマーケティング活動、
いわゆる川下戦術が花盛りですが、
これからさらに伸ばすために、
産地、商物流の川上・川中対策の必要性を訴えています。

 

 

同誌がお手元にある方はご一読いただければ幸いです。 

 

 

貴重な寄稿の機会を頂いた
日本政策金融公庫農林水産事業本部情報企画部各位に
厚くお礼申し上げます。
   

2014.10.10

星港アラブ人街スナップ(#2)

   
Dsc08577
 
Dsc09220
 
Dsc08671
 
Dsc08716
 
Dsc08982
   
Dsc09282
 
Dsc08673
 
Dsc08720
 
Dsc09246
 
Dsc09038
 
 
 
 
Dsc09046

2014.10.08

星港アラブ人街スナップ(#1)

シンガポールのアラブ人街散策20分間のスナップを

 
 
Dsc08850
  
Dsc09102
   
Dsc09101
   
Dsc08858
 
Dsc08642
 
Dsc08717
  
Dsc08869
 
Dsc08879
 
Dsc09065
 
Dsc09267
   
Dsc09099
 

2014.09.23

赤くて甘いもの

今日は彼岸の中日。

 
Dsc02095
   
 
二十四節気ではもちろん秋分である。
 
 
春分と共に、国民の休日にもなっていて
最も人口に膾炙している節気である。
    
      
Dsc02397
今年も庭に紅白の彼岸花が咲き誇る。寸分ずれることなく・・・
 
 
太陽が真東から昇って真西に沈み、
昼と夜の長さがほぼ同じになることは
誰でも知っていることだろう。
      

太陽が極楽浄土があるという真西に沈むことから、
亡くなった人をしのぶ日とされている。

  
Dsc02093

      
彼岸という日本固有の仏教信仰について
改めて思いを馳せる。

 

Dsc02059
          

 

      
         

また、彼岸と言えば、おはぎが付きもの。

 

 

Dsc02583_3

 

ぼた餅ともいうが、もちろん同一の食べ物である。

    
Dsc02603

 

厳密に言えば、御萩、牡丹餅と書き、
おはぎは萩の花にちなんで秋の彼岸に粒あんで、
ぼた餅は同じく、牡丹が咲く春の彼岸にこしあんで、
となるそうである。

 

       
確かに、萩も牡丹も赤い花が印象的。
      
      
小豆の赤色は、邪気払いとして先祖に供えられるという。
                

 

いつもは餡として、中に隠れている小豆も
この日だけは外に包まれ、主役でもあるかのようだ。
     

 

Dsc02614

 

 

       
暑さ寒さも彼岸までというが、
今年は果たしてそうなるだろうか?

 
    
Dsc02396

       

2014.09.13

海外で、仕事以前に大切な心がけを再確認する

今、巷間騒がれている話題の一つに
デング熱の全国的な流行がある。

 

   
11日の厚労省の発表によると
15の都道府県で計105人の感染者が
報告されているという。 (時事通信社)

 

 

このデング熱、僕らのようにもう30年も前から
頻繁に東南アジアに出張する者にとっては
基礎知識として誰でもが知っているべき熱帯感染症の一つである。

 

香港でもずっと以前から街中のいたるところで
デング熱や日本脳炎に注意するよう呼びかける
横断幕やポスターが貼られている。
      

                                                        
Sc_3221
都心の街市(マーケット)の壁面にも、このように大きな横断幕が。  -香港

 

  
登革熱がデング熱のことだ。日本脳炎もここでは患者が発生する。
共に蚊が媒体になって伝染するのだ。

 

  
日本では、インフルエンザのA香港型なんていうが、
香港の方では、日本脳炎が伝染病として恐れられている。
別に反日とは関係がない。

 

Dsc08622
シンガポールの街頭でもデング熱の注意喚起が  (今年2月)

                                              
                    

Dsc08623
蚊が発生する溜まり水をつくらないこと  罰金もあるとか


        

2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)
何度か発生した鳥インフルエンザの時は
香港や台湾、中国、ベトナムでは死者も出た。

 

僕はその時、決死の覚悟をして現地に行ったが、
未知の伝染病と命がけで闘う医師や看護師が
野戦病院と化した屋外で、
必死の形相をして治療にあたっていた光景は、
今でも脳裏に焼き付いている。

 

幸いデング熱は、きちんと知識を持っていれば
パニックに陥ることはない。

 

   
どんな症状があり、どんな経過をたどるのか?
特効薬やワクチンは?免疫はどうなるのかなど
情報を仕入れておくことは大切だ。

 

Dsc_8134
九龍公園で

 

蚊に刺されないようにすること。
                      

疲れ過ぎないようにして、免疫力や抵抗力、体力などが落ちないよう注意すること。

 

暴飲暴食や冷たく冷えたものを食べすぎないこと。

 

生水、生卵や
生煮えの貝類や甲殻類は口にしない。

 

   
睡眠をよくとること。

 

 

少なくとも仕事で渡航している以上、
体調管理には気を付けることを本能的に対応する力を持っていなくてはプロフェッショナルとは言えない。

 

 

            
2004年に中国衛生部(厚労省に相当する)大臣と面会した時も
当局の情報として、わかっているだけで約200近くの風土病が各地にあるという。

 

その中には狂犬病やコレラなども含まれる。
            

 

Dsc_9208
大都会ではネズミの媒介する伝染病も恐ろしい     香港にて

 

ほかにアジアでは広く性病や流行性肝炎なども本当に怖い。
   

専門の医師の話によると、
抗生物質が効かない新たな耐性菌が次々と出てきているそうなのだ。

 

              
これだけ日本人も頻繁に東南アジアや中国大陸に行き来する時代になったが、僕は毎回随行する際は、出発時にメンバーには、犯罪治安とともに自己責任で身を守ることを警告することにしている。

                                   
      

これは仕事以前の命にかかわる大事だからである。

 

        
表面上は日本と変わらない都会でも、見えない悪魔が潜んでいることを強く肝に銘じてもらいたい。 

 

             
日本人は商談だけでなく、多くのことであまりにも無防備な人が多すぎる。

2014.09.08

中秋に想う

今日は旧暦8月15日で中秋である。

       
   
Dsc09268
           
         
9月8日とこんなに早い中秋ってあったっけ?と
不思議に思って調べたら、
なんと1976年以来の38年ぶりなんだそうである。
              
           
ちなみに今後、今年の記録を破る早い中秋は、
やはり38年後の2052年に、9月7日が中秋になるという。
    
    
こんなに早い中秋では、 台湾や香港で定番になりかけている日本産の大型梨の供給は 困難を極めたのではないかと想像する。
    
  
Dsc_5296
香港ビクトリア公園での中秋イベント (2010年撮影)
    
    
ちなみに来年の中秋は、9月27日だそうである。
       
    
この中秋、文字通り旧暦で秋の真ん中の日を表し、
十五夜として日本、中国、韓国、ベトナムなどアジアの国では
月を愛でる習慣があるのは広く知られている。
 
Dsc_5490
        
 
     
我が国では地方によっては、
十五夜のことを芋名月と呼んで
ススキやお団子と共に、里芋を供える地方もある。
   
    
最近、あまり食べなくなった里芋だけに
冬至カボチャのように、この日のイベントアイテムとして
広く知れ渡るといいな。
 
  
Dsc09285
      
      
また、今日9月8日は、二十四節気の「白露」である。
      
    
暦の上では、草木に朝露が宿る頃とされ、
日一日と秋の気配が深まっていくと言われる。
           
         
秋なのに白というのは、
日本人の感覚から観たら少々違和感もあるけれど
中国の陰陽五行説では、白は秋の色とされている。
          
北原白秋の名もそうなのだろうか。
        
ちなみに春は青(緑)、夏は紅(赤)、冬は玄(黒)である。
 
 
旧暦は月齢に基づく暦なので、太陽の運行と無関係なため
季節の周期とズレが生じてしまう。
      
農作業などでは春夏秋冬の季節を正しく知る必要があるため、
中国の戦国時代に「二十四節気」が考案されたと言う。
今に生きる知恵である。
 
 
Dsc09255
        
     
本来なら五穀豊穣を祝うこの時も
30年ぶりだと言われる異常気象により
農産物の流通が広く混乱しており、
生産者も消費者も大変な被害を被っている。   
           
             
今日の十五夜、そして明日のスーパームーンに
気象の安寧と収穫の加護を願わざるを得ない。
      
       
 
Dsc09278
     
      
  月月に 月見る月は 多けれど
  月見る月は この月の月
        
                           詠み人知らず
      

これは良く知られた歌ですよね。
      
毎月毎月,月を見ることができる月は多いけれど,
月を見る価値がある名月は,やはり今月のこの月だ。
ということでしょうか。
 
        
     
ちなみに
英語では天体の日と一日の日を"sun"と"day"に分けていますが、
日本語はどちらも「日」を使います。
    
空の月と一ヶ月の月も、英語では"moon"と"month"ですが、
日本語ではどちらも「月」といいます。
面白いですよね。
 
 
 
Dsc_5123
香港・ノースポイントで
 

2014.09.07

再開します

らくご無沙汰失礼いたしました。

   
   
約半年ぶりの再開になります。
 
 
相変わらずの全国出張や沢山の皆さんとの邂逅に加え、
初盆という行事も無事済ませました。
 
 
この間、大勢の皆さまからブログ復活の要望を頂きました。
この場を借りて厚くお礼申し上げます。
 
 
 
しばらくはリハビリ的なアップになりますが、
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2014.02.14

19年ぶりの“ハート”と“マル”のシンクロ

Happy Valentine’s Day!!

 
バレンタインデーを祝うのは
もちろん日本だけではない。
 
 
画像は去年の香港。
 
農暦の正月が明けて間もなかったので
この年は少し屠蘇気分だったな。
 
 
夕刻、九龍・尖沙嘴(チムサチョイ)の繁華街に出ると
いるわ、いるわカップルだらけ。
       
Dsc02162
 
 
女性が彼氏からもらった花束を抱えて
得意げな表情をしているのが印象的だ。
 
Dsc02070
 
ここでは、男性が女性にプレゼントをする。
      
    
Dsc07168
有名ブランドショップは遅くまで長蛇の列だった
 
 
もう7~8年前になるだろうか。
日本のイチゴの販促キャンペーンをしたことを思い出す。
 
当時、邦貨換算で6000円を超すギフトケースの
イチゴが飛ぶ様に売れて、本当に驚いたのを覚えている。
 
 
企画したら、花だって、フルーツだって、小物だって
ニッポングッズはまだまだ売れるぞ。
 
 
Dsc02132
 
 
 
レストランだって、この日はロマンチック路線だ。
 
Dsc02381
 
セットメニューが10%ディスカウント。
おまけに女性客にはもれなくプレゼント付きとある。
        
Dsc02386
 
 
Dsc02250
 
中国の風水では、桃の花は恋愛運を呼ぶという・・・。
 
Dsc02221
 
 
 
今年は、19年ぶりにバレンタインデーと
元宵節(農暦1月15日の小正月のこと)が重なった。
 
新暦と農暦両方を使う地方ならではのこと。
 
 
あちこちでランタンが飾られ、
家庭では湯圓(タンユアン)を食べる。
日本で七草粥を食べるようなもの。
 
Dsc01335
 
もち米で作った団子で、
中にはゴマや小豆、クルミなどの甘い餡が入っていて
ショウガや砂糖、酒麹などの入ったスープで食べることもある。
 
Dsc01350
 
”は丸いという意味。
 
農歴新年最初の満月の日であり、また
家庭円満を願う意味で丸い団子を食べるらしい。
 
Dsc01343
 
 
円卓に代表されるように
角張ったものより丸いものを好み、
円満を尊ぶ中国人も
最近、少しとげとげしくなったような気もする。
 
日本人の絆、中国人の円満
丸くて甘いものを食べてハートを通じ合えないものだろうか。
 
  
Dsc02016
 
 
 
実は、インドネシア編をアップしていた
旧暦正月元旦の1月31日を挟んで
僕は、約2週間、台湾と香港に行っていた・・・。
 
       
Dsc02167
 

より以前の記事一覧

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば