2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 47番目がトップに躍り出る時 | トップページ | 星港のモスクで袖触れ合った老人から感じとったイスラムに対する視座について考える »

2014.09.23

赤くて甘いもの

今日は彼岸の中日。

 
Dsc02095
   
 
二十四節気ではもちろん秋分である。
 
 
春分と共に、国民の休日にもなっていて
最も人口に膾炙している節気である。
    
      
Dsc02397
今年も庭に紅白の彼岸花が咲き誇る。寸分ずれることなく・・・
 
 
太陽が真東から昇って真西に沈み、
昼と夜の長さがほぼ同じになることは
誰でも知っていることだろう。
      

太陽が極楽浄土があるという真西に沈むことから、
亡くなった人をしのぶ日とされている。

  
Dsc02093

      
彼岸という日本固有の仏教信仰について
改めて思いを馳せる。

 

Dsc02059
          

 

      
         

また、彼岸と言えば、おはぎが付きもの。

 

 

Dsc02583_3

 

ぼた餅ともいうが、もちろん同一の食べ物である。

    
Dsc02603

 

厳密に言えば、御萩、牡丹餅と書き、
おはぎは萩の花にちなんで秋の彼岸に粒あんで、
ぼた餅は同じく、牡丹が咲く春の彼岸にこしあんで、
となるそうである。

 

       
確かに、萩も牡丹も赤い花が印象的。
      
      
小豆の赤色は、邪気払いとして先祖に供えられるという。
                

 

いつもは餡として、中に隠れている小豆も
この日だけは外に包まれ、主役でもあるかのようだ。
     

 

Dsc02614

 

 

       
暑さ寒さも彼岸までというが、
今年は果たしてそうなるだろうか?

 
    
Dsc02396

       

« 47番目がトップに躍り出る時 | トップページ | 星港のモスクで袖触れ合った老人から感じとったイスラムに対する視座について考える »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/60362273

この記事へのトラックバック一覧です: 赤くて甘いもの:

« 47番目がトップに躍り出る時 | トップページ | 星港のモスクで袖触れ合った老人から感じとったイスラムに対する視座について考える »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば