2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 再開します | トップページ | 日本なしの海外展開、そして驚くほどの改良ぶりに感嘆した »

2014.09.08

中秋に想う

今日は旧暦8月15日で中秋である。

       
   
Dsc09268
           
         
9月8日とこんなに早い中秋ってあったっけ?と
不思議に思って調べたら、
なんと1976年以来の38年ぶりなんだそうである。
              
           
ちなみに今後、今年の記録を破る早い中秋は、
やはり38年後の2052年に、9月7日が中秋になるという。
    
    
こんなに早い中秋では、 台湾や香港で定番になりかけている日本産の大型梨の供給は 困難を極めたのではないかと想像する。
    
  
Dsc_5296
香港ビクトリア公園での中秋イベント (2010年撮影)
    
    
ちなみに来年の中秋は、9月27日だそうである。
       
    
この中秋、文字通り旧暦で秋の真ん中の日を表し、
十五夜として日本、中国、韓国、ベトナムなどアジアの国では
月を愛でる習慣があるのは広く知られている。
 
Dsc_5490
        
 
     
我が国では地方によっては、
十五夜のことを芋名月と呼んで
ススキやお団子と共に、里芋を供える地方もある。
   
    
最近、あまり食べなくなった里芋だけに
冬至カボチャのように、この日のイベントアイテムとして
広く知れ渡るといいな。
 
  
Dsc09285
      
      
また、今日9月8日は、二十四節気の「白露」である。
      
    
暦の上では、草木に朝露が宿る頃とされ、
日一日と秋の気配が深まっていくと言われる。
           
         
秋なのに白というのは、
日本人の感覚から観たら少々違和感もあるけれど
中国の陰陽五行説では、白は秋の色とされている。
          
北原白秋の名もそうなのだろうか。
        
ちなみに春は青(緑)、夏は紅(赤)、冬は玄(黒)である。
 
 
旧暦は月齢に基づく暦なので、太陽の運行と無関係なため
季節の周期とズレが生じてしまう。
      
農作業などでは春夏秋冬の季節を正しく知る必要があるため、
中国の戦国時代に「二十四節気」が考案されたと言う。
今に生きる知恵である。
 
 
Dsc09255
        
     
本来なら五穀豊穣を祝うこの時も
30年ぶりだと言われる異常気象により
農産物の流通が広く混乱しており、
生産者も消費者も大変な被害を被っている。   
           
             
今日の十五夜、そして明日のスーパームーンに
気象の安寧と収穫の加護を願わざるを得ない。
      
       
 
Dsc09278
     
      
  月月に 月見る月は 多けれど
  月見る月は この月の月
        
                           詠み人知らず
      

これは良く知られた歌ですよね。
      
毎月毎月,月を見ることができる月は多いけれど,
月を見る価値がある名月は,やはり今月のこの月だ。
ということでしょうか。
 
        
     
ちなみに
英語では天体の日と一日の日を"sun"と"day"に分けていますが、
日本語はどちらも「日」を使います。
    
空の月と一ヶ月の月も、英語では"moon"と"month"ですが、
日本語ではどちらも「月」といいます。
面白いですよね。
 
 
 
Dsc_5123
香港・ノースポイントで
 

« 再開します | トップページ | 日本なしの海外展開、そして驚くほどの改良ぶりに感嘆した »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/60282021

この記事へのトラックバック一覧です: 中秋に想う:

« 再開します | トップページ | 日本なしの海外展開、そして驚くほどの改良ぶりに感嘆した »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば