2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 中部ジャワ地方の奥深い味を堪能し、インドネシア料理に対する認識が変わった(最終回) | トップページ | 未来志向の産業として »

2014.02.14

19年ぶりの“ハート”と“マル”のシンクロ

Happy Valentine’s Day!!

 
バレンタインデーを祝うのは
もちろん日本だけではない。
 
 
画像は去年の香港。
 
農暦の正月が明けて間もなかったので
この年は少し屠蘇気分だったな。
 
 
夕刻、九龍・尖沙嘴(チムサチョイ)の繁華街に出ると
いるわ、いるわカップルだらけ。
       
Dsc02162
 
 
女性が彼氏からもらった花束を抱えて
得意げな表情をしているのが印象的だ。
 
Dsc02070
 
ここでは、男性が女性にプレゼントをする。
      
    
Dsc07168
有名ブランドショップは遅くまで長蛇の列だった
 
 
もう7~8年前になるだろうか。
日本のイチゴの販促キャンペーンをしたことを思い出す。
 
当時、邦貨換算で6000円を超すギフトケースの
イチゴが飛ぶ様に売れて、本当に驚いたのを覚えている。
 
 
企画したら、花だって、フルーツだって、小物だって
ニッポングッズはまだまだ売れるぞ。
 
 
Dsc02132
 
 
 
レストランだって、この日はロマンチック路線だ。
 
Dsc02381
 
セットメニューが10%ディスカウント。
おまけに女性客にはもれなくプレゼント付きとある。
        
Dsc02386
 
 
Dsc02250
 
中国の風水では、桃の花は恋愛運を呼ぶという・・・。
 
Dsc02221
 
 
 
今年は、19年ぶりにバレンタインデーと
元宵節(農暦1月15日の小正月のこと)が重なった。
 
新暦と農暦両方を使う地方ならではのこと。
 
 
あちこちでランタンが飾られ、
家庭では湯圓(タンユアン)を食べる。
日本で七草粥を食べるようなもの。
 
Dsc01335
 
もち米で作った団子で、
中にはゴマや小豆、クルミなどの甘い餡が入っていて
ショウガや砂糖、酒麹などの入ったスープで食べることもある。
 
Dsc01350
 
”は丸いという意味。
 
農歴新年最初の満月の日であり、また
家庭円満を願う意味で丸い団子を食べるらしい。
 
Dsc01343
 
 
円卓に代表されるように
角張ったものより丸いものを好み、
円満を尊ぶ中国人も
最近、少しとげとげしくなったような気もする。
 
日本人の絆、中国人の円満
丸くて甘いものを食べてハートを通じ合えないものだろうか。
 
  
Dsc02016
 
 
 
実は、インドネシア編をアップしていた
旧暦正月元旦の1月31日を挟んで
僕は、約2週間、台湾と香港に行っていた・・・。
 
       
Dsc02167
 

« 中部ジャワ地方の奥深い味を堪能し、インドネシア料理に対する認識が変わった(最終回) | トップページ | 未来志向の産業として »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/59132737

この記事へのトラックバック一覧です: 19年ぶりの“ハート”と“マル”のシンクロ:

« 中部ジャワ地方の奥深い味を堪能し、インドネシア料理に対する認識が変わった(最終回) | トップページ | 未来志向の産業として »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば