2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 南洋の大国で、急激な成長の光と影に触れた旅 | トップページ | 今まさに光り輝く一面を見せ始めた南洋の巨龍の姿を垣間見た »

2014.01.24

ジャカルタ名物

「やはり、そうだったか……」
 
 
僕は乗ったばかりの車の中でため息をついた。
 
 
Dsc01773
 
 
ジャカルタの街での慢性的な交通渋滞である。
 
とにかく動かない。
 
   
Dsc01762
 
第一、移動手段が車しかない上に、
何処へ行っても、どの道を通っても渋滞だらけ。
 
Dsc04381
このようなミニバスが縦横に走ってはいるが、渋滞は同じ
 
 
地元の運転手は、これが当たり前だとばかり慣れた様子。
 
 
Dsc03152
バイクだって、ほらこのとおり
 
 
かつての北京上海やバンコクのよう。
 
   
Dsc03175
 
 
これでは仕事が効率的に進まず、社会的損失は計り知れない。
 
それとも、これがジャカルタテンポだと郷に従う?
 
 
Dsc01069
夜遅くても、このとおり
 
 
そこで一応、車線の多いメインストリートには
バス専用レーンの「バスウエイ」が設けられており、
渋滞の車列を横目にスイスイ走るのだが、
いかんせん点と点を結ぶ線に過ぎない。
 
Dsc03165
バスウェイ(トランスジャカルタ)の専用レーン
 
Dsc03056
道路中央に設けられたバスウェイ乗り場。まるで埠頭のよう
 
 
街の中心地にあるホテルから、ジャカルタ空港に行くのに
通常であれば30分程度で行けるところを
運転手は何気ない顔をして「2時間かかる」と言うのである。
    
狐につままれたような気分になった。
 
 
Dsc04409
空港バイパスも多数のコンテナトレーラーが走っている。これでは…
 
 
実際に1時間45分くらいかかりハラハラしてしまった。
 
        
Dsc04405
 
 
 
特に外国人出張者には先ず、なんとも頭の痛い第一関門だ。
 
   
Dsc01752
            

« 南洋の大国で、急激な成長の光と影に触れた旅 | トップページ | 今まさに光り輝く一面を見せ始めた南洋の巨龍の姿を垣間見た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/58680111

この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタ名物:

« 南洋の大国で、急激な成長の光と影に触れた旅 | トップページ | 今まさに光り輝く一面を見せ始めた南洋の巨龍の姿を垣間見た »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば