2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 宣伝部長 台湾に現る!! | トップページ | 東京都心でも元気な中小企業経営者との出逢いに心ときめかせた日 »

2013.10.17

京都市から3時間のちりめんの里で、前のめりの人たちと熱い出会いがかなった

この間、関西と関東に出張していました。
県名で言えば、京都、東京、神奈川です。
 
 
はじめに訪れたのは、京都府の京丹後市
 
Dsc08818_2
 
日本海側に面している風光明媚なところで
西隣りはもう兵庫県境。
 
城崎温泉と言えば知っている人も多いだろう。
 
 
Dsc08839
京丹後市 峰山付近
 
 
京都市からは、まだ高速道路が貫通していないので
車で3時間以上もかかる。
 
この街にも今年もう2度目である。
 
Dsc08921
 
際立つ山海の景観もさることながら
ここで生産に励む人たちの気質、人情が
とても素晴らしいのだ。
 
新しいことにチャレンジする精神、
広い好奇心、そしてとても楽観的な人が多い。
 
Dsc08855
 
 
この日は、そんな地元京丹後市や与謝野町、綾部市などから
台風襲来間近だというのに生産者や支援者の方が集まってくださり
情報交換をさせて頂いた。
 
Dsc08847
会場となった吉翠苑
 
 
丹後と言えば、高級絹織物の丹後ちりめんがあまりにも有名だが、
食味優れる米、梨、京野菜、畜産乳製品、農産加工品、豊かな水産物などに携わる元気な生産者の皆さんと交流が実現した。
 
 
 
夕刻の帰路、与謝野町、天橋立のある宮津市、京丹後市を通って
京都の町に戻った。
 
 
Dsc08933
 
Dsc08837_2
僕は素材としてのシルクに、今とても興味を持っている
 
Dsc08932
 
高速道路がまだ完成していない区間の
京丹波にある道の駅では、秋の産物がたくさん。
 
Dsc08957
 
地域ブランドの先駆けとしての存在感。
 
Dsc08989
     
Dsc08985
 
 
京丹後の顔の見える生産者の皆さんの前のめりの表情、そして
甘辛い味付けのサバのそぼろが散りばめられた
丹後バラ寿司のお弁当のふくよかな味が忘れられない。
 
Dsc08983

« 宣伝部長 台湾に現る!! | トップページ | 東京都心でも元気な中小企業経営者との出逢いに心ときめかせた日 »

コメント

本当に久しぶり、福岡の高木です、ふと思い出して開いてみました、お元気そうで何より、今徳島、葉っぱビジネスの横石さんの話を聞きました、横石さんの奮闘ぶりが田中さんと重なりました、初めてのコメント、うまく届いたでしょうか

コメントありがとうございます。高木さんといえば、あの和製アランドロンの高木さんでしょうか?だとすれば、本当にご無沙汰しています。いろいろお世話になりっぱなしで恐縮しています。九州財界のリーダーとして益々ご活躍のことと思います。是非一度お目にかかりたいと願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/58401814

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市から3時間のちりめんの里で、前のめりの人たちと熱い出会いがかなった:

« 宣伝部長 台湾に現る!! | トップページ | 東京都心でも元気な中小企業経営者との出逢いに心ときめかせた日 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば