2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 猛暑のアジアで朦朧となりながら何をか思う | トップページ | 爽やかな街にもあの熱気が戻ってきた »

2013.09.01

夏の終わりに想うこと

長い夏休みを頂いてしまいました。
 
まだまだ暑い毎日が続いていますが
いかがお過ごしでしょうか?
 
Dsc08330
福岡県糸島市
 
 
この間、
松江、大阪、東京、岡山、横浜、横須賀、大津、京都、熊本、札幌などを廻り、多くの皆さんと交流してきました。
 
Dsc_9707
関門海峡から下関市を臨む
 
 
猛暑にもめげず、皆さん
新しい事、未知の領域、ゴールが見えない事業にも
積極的にチャレンジしているなぁと驚くことばかり。
 
ニッポンは全国的に変わり始めていることを実感しています。
 
Dsc06552
岡山市
 
 
たとえ政府が何本の矢を放とうが、
結局は国民一人一人が立ち上がり、
これまでの壁を自ら打ち破らない限り、
デフレや長期の閉塞感は打破出来るわけがない
というのが、僕の持論。
 
Dsc07502
祇園祭山鉾巡行も過ぎた京都
 
批判しながらも、政治家や官僚・役所が何か解決してくれるだろうと
知恵も働かせずに、万能薬を心待ちにする姿勢こそ
僕が一番恐れ、忌み嫌うこと。
 
ところが、今や各地で元気な人たちが立ち上がり、
強みを活かして、外の領域とつながろうと
知恵を出し合い、行動している姿を目にし、耳にする度に
とても心強く、頼もしく感じる日々となってきた。
 
 
Dsc06859
松江の武家屋敷  島根県の水害お見舞い申し上げます
 
 
今こそ前を向いて立ち上がる人とそうでない人の違いは
いずれ明確になるはず。
 
 
Dsc09204
熊本県の阿蘇赤牛も黒毛和牛に近い評価を得るほどまでになってきた
 
 
もう、バブル的な成長は期待できないし、必要もない。
国も地域も、いや何よりも貴重な人生なのに、
これ以上の喪失感に満ちた失われた10年なんてまっぴらご免だ。
  
Dsc01352
横須賀・どぶ板通り
 
 
少子高齢化社会という新たなステージに在って、
地域に、本気で前例を廃し、壁を乗り越えようとする人材が生まれれば、多様で幸福感に満ちたニッポンが復活するに違いない。
 
 
Dsc_3131               

« 猛暑のアジアで朦朧となりながら何をか思う | トップページ | 爽やかな街にもあの熱気が戻ってきた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/58106602

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりに想うこと:

« 猛暑のアジアで朦朧となりながら何をか思う | トップページ | 爽やかな街にもあの熱気が戻ってきた »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば