2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« そう言えば・・・ (その5) | トップページ | 猛暑のアジアで朦朧となりながら何をか思う »

2013.07.24

そう言えば・・・ (その6)

先回まで何度となく、バイクと

アオザイ姿と 変わりゆく現代女性の一コマを紹介してきた。
 
 
Dsc_0178   
 
目にした若い女性のアオザイ姿は
スタイルもよく、優美で華やかなんだけど
なんか街角では浮いた存在のような気がしてた。
 
 
確かに、ベトナムの女性は美しい
 
 
Dsc_6064
 
 
でも、そう言えば、
 
実は僕が美しいと感じていたのは、
あちらこちらで働くお姐さん、おばさんたちのことだったんだと、改めて気が付いたのだった。
 
 
Dsc_9078
 
Dsc_7481
 
 
何をすかした事言ってんだと思われようが、
ベトナムのどの街でもいい、一度でも
街角を歩いた諸兄なら、この感覚は共鳴してくれると思う。
 
 
Dsc_0449
食堂の仕込み作業を黙々と、ただ黙々と
 
Dsc_6173
移動なんでも屋さん
 
Dsc_5317    
 
男性だって確かに働いてはいるんだけど
女性のひたむきで一生懸命働く姿に、つい心を奪われてしまう。
 
 
Dsc_6215
 
Dsc_8453
 
スコールが来たって何のその
 
Dsc_8609
どしゃ降りだって平気の平左。でもお客さんも雨宿りで通らない…
 
 
かといって、あまり悲痛で過酷な労働だっていう感じもしない。
 
 
Dsc_7984
 
Dsc_6220   
Dsc_7447
    
 
僕らが豊かさと便利さを手に入れたのと引き換えに
なんか置き忘れてきた大切なもの
まだここには残っているっていう感じなんだ。
 
 
Dsc_6085
 
Dsc_8743
 
Dsc_9526
 
 
今後、この国も経済成長という過程を歩むのだろうけど
大らかに頑張るお母さんたちの働く姿は、アオザイと共に
これからも失わないでほしいと心から願う。
 
 
Dsc04451
僕の無言の会釈に対して、笑顔で答えてくれた凛とした姿は忘れられない。苦労を重ねた末に平安をつかんだ世代だろうか。
 
 
Dsc_0722
働いていても、やっぱり美しさへの関心が・・・
 
 
 
近い将来、この働き者で明るい女性たちをお客様として
今度は僕たちが、ニッポンのきらりと輝く逸品を
売り込む時がまもなくやって来るだろう。
 
いや、もうすでに始まっている・・・。
 
 
Dsc_6086   
 
 
 
重ねて言う、
 
僕はきっとこの人たちの笑顔が観たくて
またベトナムに来たいと思っているに違いない。
 
 
Dsc_8844_3
 
                                     (シリーズ終わり)

« そう言えば・・・ (その5) | トップページ | 猛暑のアジアで朦朧となりながら何をか思う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/57852922

この記事へのトラックバック一覧です: そう言えば・・・ (その6):

« そう言えば・・・ (その5) | トップページ | 猛暑のアジアで朦朧となりながら何をか思う »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば