2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 北海道のおへそを旅する(最終回) | トップページ | 海外販路開拓事業の答えは何処に在る? »

2013.06.08

深刻な国際問題を九州の山ふところで目の当たりにしてショックを受けた日

    
九州のおへそ熊本阿蘇地方も
初夏の爽やかな風景が広がり・・・
 
Dsc09009
 
 
と言いたいところだが、
なんと目の前に広がっているはずの
阿蘇五岳や外輪山が
煙っていて何も見えないのである。
 
Dsc08982
眼前にはくっきりと阿蘇山の雄大な姿が拝めるはずだったのに…
 
 
一年で最も爽やかで、
澄んだ空気を胸一杯に吸い込むこの季節に
濃いガスが立ち込めたような
これまで経験したことがない光景。
 
Dsc09043
 
そう、微小粒子状物質 PM2.5等による大気汚染が
原因だと考えられる。
 
 
この日、連続3日に及ぶ基準値越えによる注意喚起が出され、
不要不急の外出は避けるようにと
朝のテレビやネット等をとおして通達された。
 
 
Dsc08988
 
都会の真ん中でない
日本の誇る大自然の良質オゾンの発生源にまで
これほど深刻な影響が出ようとは
僕はかなりショックを受けた。
 
 
Dsc09033
外輪山頂から阿蘇の街を眺める事すら出来ない。霧じゃないのだ
 
 
もう、環境、食糧、エネルギー、医療などの生命安全分野
もう自国を守るだけの発想では太刀打ちできないところまで来てしまった。
 
つくづく商品でなくて、技術やマネジメントの国際展開のことを
真剣に考える段階に入ったのではないだろうか?
 

« 北海道のおへそを旅する(最終回) | トップページ | 海外販路開拓事業の答えは何処に在る? »

コメント

つくづく商品でなくて、技術やマネジメントの国際展開のことを
真剣に考える段階に入ったのではないだろうか?>>まったく仰るとおりだと思います。

薄田賢弟 ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。
お変わりありませんでしょうか? 
1986年の前川リポート以来、僕らはいつも歴史の節目にこうやって議論し認識を深め、行動の指針としてきましたよね。今年もいろんな意味で節目、転換の年になるかも知れません。時代感覚だけは老化しないようにアンテナを高く張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/57550965

この記事へのトラックバック一覧です: 深刻な国際問題を九州の山ふところで目の当たりにしてショックを受けた日:

« 北海道のおへそを旅する(最終回) | トップページ | 海外販路開拓事業の答えは何処に在る? »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば