2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 山深い里で農産物の輸出とはこういうもんだと知らされた(その3) | トップページ | ニッポン農業の無限大の可能性を探る旅 »

2013.06.30

山深い里で農産物の輸出とはこういうもんだと知らされた(その4)

こんなもの、あっても無くてもいいんだけどなぁ…。」
 
 
悪いけど
ドラゴンフルーツに対する
これまでの僕の率直な感想だった。
 
Dsc01213
海外発の国際線の機内食によく供される。パイナップル、スイカと並んで一番手前の白い果肉がドラゴンフルーツ
 
 
取り立てて甘いわけでなく、サッパリしている訳でもなく
食感だって、色だって、
これと言ってソソられる存在ではなかった。
 
 
Dsc06678
ファンティエット旧市街で偶然見つけた市場で
 
 
ところが、
ここベトナムの産地で一口かじると
程よい甘さが広がり、
ジューシーな食感が口中を爽やかに魅了するではないか!
 
Dsc08556
 
 
では、「これまで食べていたのは、いったい
何だったんだろうか?」と疑いたくなるような別物だ。
 
 
Dsc06823
     
皮は同じ色をしていても
上のように果肉が白いものと下のように赤いものがある。
 
Dsc01865
 
赤い方が甘い気がした。
 
他にも果皮が金色のゴールデン種もあるそうだ。
 
 
Dsc08571
 
 
現地の方の話によれば
完熟するとバナナのようにすぐに傷んでしまうので
まだ未熟のうちに若ちぎりをしなくてはいけないのだが
他のフルーツと違って、収穫後に追熟しないので
甘さが載らないのだそうである。
 
どうりで物足りない味だった訳だ。
 
 
Dsc06818
 
 
ベトナムの産地で出会ったことで、
おかげさまで、またひとつ
先入観が改まり、好物が増えることになった。
 
Dsc08545
ファンティエットのホテルでもフルーツの主役はやっぱりドラゴンだ!!
 
 
この赤くてずっしりと重い果実を味わうたびに
ベトナムの青空とどこまでも続く緑の回廊を
思い起こすだろう。
 
 
Dsc_2887
 
 
Dsc08581           

« 山深い里で農産物の輸出とはこういうもんだと知らされた(その3) | トップページ | ニッポン農業の無限大の可能性を探る旅 »

コメント

私もドラゴンフルーツがおいしいと思ったことはありませんでした。
完熟を食べるべきなんですね。
赤い果肉のものは本当においしそうですね。

豊福さん コメントありがとうございます。
そうでしたか、あなたもやっぱり。ベトナムでもマレーシアでも結構ですので、ぜひ現地で完熟した果実を食べてみることをお勧めします。台湾の人は特にこのドラゴンフルーツが好きみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/57700039

この記事へのトラックバック一覧です: 山深い里で農産物の輸出とはこういうもんだと知らされた(その4):

« 山深い里で農産物の輸出とはこういうもんだと知らされた(その3) | トップページ | ニッポン農業の無限大の可能性を探る旅 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば