2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« オオトリに出会う | トップページ | 北海道のおへそを旅する(その2) »

2013.05.25

北海道のおへそを旅する(その1)

札幌のサクラの開花を話題にしたが
実は札幌の街は通過しただけ。
 
 
今回の北海道訪問は、
30年来の付き合いになる中国人夫婦を北海道に招待し、
旭川、美瑛、富良野を廻ったのである。
 
 
Dsc06763
十勝岳を望む雄大な風景が眼前いっぱいに拡がる
 
 
このご主人とは仕事のつながりで知り合い
一貫して僕の中国ビジネスを表で裏で助けて頂いた恩人で、
奥さんは、1970年代の中国で有名な女優さんである。
今、60歳以上の中国の人ならおそらく知らない人はいないと思う。
 
 
 
胡錦濤・前国家主席も熱烈なファンだったそうで
若いころ厳寒の北京で2時間も自転車に乗って
劇場に足を運んだと主席就任直後に面会して
“カミングアウト”したという。
 
Dsc05177
まだ手に取れるところにも雪が残っておりビックリ
Dsc07477
 
 
東京に7年間も駐在したり、何十回と来日経験がある夫妻だが
北海道は初めてということで、感激することしきり。
 
 
中華系の人たちが北海道の何に魅力を感じるのかを
徹底的に観察することにした。
 
Dsc05259_2
旭川市郊外で
 
 
ラベンダーで有名な富良野でも
寒さが長引き例年より作業が遅れているようだ。
 
Dsc05479
富良野観光のメッカ「ファーム富田」のラベンダー園も まだこのとおり
Dsc05483
 
 
でも観賞用ハウス内が設けられており
 
Dsc05405
 
 
このとおり紫色の可憐な姿を愛でることが出来る。
 
Dsc05416
 
室内には甘い香りが満ちて、なんとも心が癒される。
 
   
桜もラベンダーも、花は国境民族を超えて、
すべての人たちの心を豊かにしてくれる。
 
 
Dsc05458              

« オオトリに出会う | トップページ | 北海道のおへそを旅する(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/57455978

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道のおへそを旅する(その1):

« オオトリに出会う | トップページ | 北海道のおへそを旅する(その2) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば