2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 早春の名古屋で元気な農業に触れる(その1) | トップページ | 香港台湾の人たちの縁起担ぎ »

2013.04.08

早春の名古屋で元気な農業に触れる(その2)

愛知県の担当者のご厚意で
近郊の農産物販売拠点を紹介して頂いた。
 
Dsc06933
 
 
愛知県大府市。
 
Dsc06936
 
健康支援とスポーツでその名は全国レベル。
 
 
大府高校野球部の槙原投手や赤星選手くらいは知っていたが
柔道の吉田秀彦、谷本歩、
至学館大学レスリング部の吉田沙保里、伊調姉妹という世界トップアスリートを輩出し、バトミントンも盛んだと教えてくれた。
 
 
 
訪ねたのは、JAあいち知多が運営する
JAあぐりタウン げんきの郷”。
 
Dsc07194      
Dsc07191
 
ここは愛知県はもとより日本でも最大級の産地直売所である。
 
Dsc07149
   
Dsc07122
   
Dsc07130   
   
 
知多半島一円の農産・水産物や加工品を扱う巨大な売り場に加え、
個性あるレストランや温泉、体験農園など複合施設となり
2000年の設立以来、いまだに進化し続けている。
 
Dsc07159
   
Dsc07038
時代を先取りする様々な試みやチャレンジする気風が伝わる
    
Dsc06951
昨年もまた新たな施設がオープンしたという
 
とかく自動車や精密工業、繊維ほか製造業のイメージ強い愛知県だが、改めて農水産業の実力を垣間見た思いだ。
 
Dsc07161
豊かな知多半島と名古屋商圏を結ぶ拠点
     
Dsc07169
     
 
農工商業のバランスとれた幸せな地域ではないだろうか。
 

« 早春の名古屋で元気な農業に触れる(その1) | トップページ | 香港台湾の人たちの縁起担ぎ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/57118792

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の名古屋で元気な農業に触れる(その2):

« 早春の名古屋で元気な農業に触れる(その1) | トップページ | 香港台湾の人たちの縁起担ぎ »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば