2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 麗しの島でまた少し認識を深める旅(その1) | トップページ | 麗しの島でまた少し認識を深める旅(その3) »

2013.02.07

麗しの島でまた少し認識を深める旅(その2)

    

今年の旧暦の正月(春節)の元旦は、2月10日に当たる。
   

だからこの時期、
台湾では歳末真っ只中ということになる。
 
 
台北市での歳末風景で真っ先に浮かぶのは
“廸化街年貨大街”である。
 
Dsc09750      
 
日本で言えばアメ横に当たるところであるが、
普段はこのとおりあまり人通りが少ない問屋街だ。
 
Dsc_3467
普段の廸化街       2011年6月撮影
 
    
ここは歴史的にも有名な問屋街で
乾貨物、漢方薬、茶、食材などの卸売りをしていて
実は、ニッポンを売り込んだり、調達のために
僕も数軒の卸商とビジネスをしたり、情報交換をしたことがある  。
 
 
それがこの時期ともなると・・・
 
Dsc00030
 
このように様変わりする。
 
まさに台北版のアメ横である。
 
平日のしかも朝早い時間でこの有様。
 
 
付近一帯は交通規制が敷かれており
ものものしい様相なのだ。
 
Dsc00491
 
 
   
この期間は、年貨と呼ばれる正月用の食材や飾り物、縁起物、ギフトなど、この季節ならではの商品が、飛ぶように、爆発的に売れるのだ。
      
     
Dsc00577
 
Dsc00688
年画や春聯と呼ばれる正月飾りも目を引く
 
Dsc00262
   
台湾や中国ではおめでたい色は皆、だ。 しかも朱に近い赤。
  
お年玉を入れるポチ袋だって赤と相場が決まってる。
 
Dsc00270    
  
Dsc00137
すさまじい人の波。これが週末になると一体どうなるんだろう?
 
 
売り込みの大きな掛け声が歓声となり、
買い物客も黙っていないから
なんかトランス状態になってくる。 
 
Dsc00073    
Dsc00221
あっ! バンコクでも見かけた豚足だ。台湾でもなくてはならない正月用おせち食材だ
 
 
世界経済低迷のあおりを喰らい
ここ台湾も決して好景気とは言えないが
この通りの喧騒の中に埋没すると
不景気を忘れてしまうほどのパワーを感じてしまう。
 
 
Dsc00045
    
Dsc09846
 
Dsc00586
  
Dsc09941
古代の金塊を模したチョコレート   お金が貯まりますように・・・
 
     
   
歳末の空気をちょっと触れたくて朝早くやって来たが
路地奥まで行けないまま仕事場に向かった。
 
  
Dsc00292
            

« 麗しの島でまた少し認識を深める旅(その1) | トップページ | 麗しの島でまた少し認識を深める旅(その3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/56718668

この記事へのトラックバック一覧です: 麗しの島でまた少し認識を深める旅(その2):

« 麗しの島でまた少し認識を深める旅(その1) | トップページ | 麗しの島でまた少し認識を深める旅(その3) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば