2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 年頭のご挨拶   見えない時代を乗り越える時   | トップページ | 寒中に酷暑あり。アツいのは気温だけじゃなかった (その5) »

2013.01.06

寒中に酷暑あり。アツいのは気温だけじゃなかった (その4)

         
去年末のタイ・バンコクのラライサップ市場の続編から再スタートです。
 
 
女性好みのオフィス街にある市場だから、誰が呼んだかOL市場というカテゴリーに属し、衣類やアクセサリー、雑貨などを取り扱っている店や露店が多いのだが、食べ物についても、フルーツやスナック菓子、健康食品・飲料など女性好みの品揃えが目につく。
 
Dsc02644
 
タイの人は、よほどの果物好きと見える。
 
Dsc02772
 
本場タイのフルーツは豊富で美味しいものね。
 
Dsc02666
 
それだけ舌が肥えているということだろうか。
 
 
Dsc02670
今回出逢ったマンゴーはこんな風に青いものばかりだった。これで甘いのだろうか? それとも青パパイヤのように野菜みたいに使うのだろうか?食べなかったのが不覚
 
Dsc02654      
 
マンゴーやドリアン、マンゴスチンなど熱帯特産果実は、確か4~6月の雨季の中心の頃がシーズンだっだような気がするが、今の季節は、柑橘類、ブドウ、リンゴなど日本の品種と重なる物ばかりが目立った。
 
Dsc02753
 
興味深い。決して高級店ではない。
 
あくまで露店。
 
   
Dsc02542
 
とりわけザクロはあちこちで見かけたぞ。
 
Dsc02745
       
事業者さんの話によれば、日本では二つの県がタイ向けに非常に熱心に柿を輸出しているそうだ。
 
Dsc02350
中国産か韓国産だろうか? 干し柿もたくさん売っている
 
Dsc02802
 
原産地も地元の他に、アメリカ、マレーシア、韓国など世界中から集まっている。
 
 
Dsc02741
 
日本の技術で作られていたり、商品化されている、メイド・バイ・ジャパンも見つけた。
 
Dsc02783
 
 
消費国であり生産国でもあるタイだからかも。
 
各国市場での5年先の姿が垣間見えるようだ。
 
 
Dsc02794         

« 年頭のご挨拶   見えない時代を乗り越える時   | トップページ | 寒中に酷暑あり。アツいのは気温だけじゃなかった (その5) »

コメント

いつも精力的に動いておられることに敬服しております。お忙しいでしょうが、たまには会ってやって下さい。

じーこむらさん 本年もよろしくお願いします。まさに地方にとって正念場の年を迎え、じーこむらさんの経験知見が今こそ求められている時はないのではないでしょうか。ぜひお目にかかりたくよろしくお願いします。またアドベンチャーも企画したいものですね。今年もよろしくご指導ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/56485196

この記事へのトラックバック一覧です: 寒中に酷暑あり。アツいのは気温だけじゃなかった (その4):

« 年頭のご挨拶   見えない時代を乗り越える時   | トップページ | 寒中に酷暑あり。アツいのは気温だけじゃなかった (その5) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば