2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ホイコーローが無性に食べたくなった日 | トップページ | 東西 年の瀬二題(その2) »

2012.12.23

東西にて年の瀬二題(その1)

 
台湾での出張も終え、
台北・松山空港から朝の便で羽田空港に帰国。
その間 2時間25分。
 
便利な時代になった。
 
 
浅草で用事を済ませての帰路、
平日の昼間というのに浅草寺は参詣者でごった返している。
 
Dsc00649
 
この日は、歳末恒例の羽子板市のさ中だった。
 
Dsc00486
   
Dsc09962
 
もみくちゃの状態でビックリしたが、
やはり賑わってる方が活気があって楽しくなる。
 
Dsc00461
   
Dsc_9104
 
気風のいいお兄さんの口上や粋な姐さんの愛想と
縁起担ぎにやって来た江戸っ子客とのやりとりが小気味が良くて、つい聞き惚れてしまう。
 
Dsc_9095
                       
Dsc00435
       
Dsc00542
外国人観光客の眼には、羽子板、屋台はどう映っているんだろうか?
 
 
そのうちあちこちから三三七拍子の威勢の良い掛け声が聞こえて来る。
 
高額な羽子板が売れたんだな。
 
Dsc00713
英語での中継風景  外国メディアだろうか。日本らしいものほど海外では注目される
 
 
今年年末の景気は、この三三七拍子の掛け声の多さで測れるかのよう…。
 
Dsc00661
世相羽子板も
 
 
店主が買い物客に丁寧に礼を述べた後、
    
良い年をお迎えくださいね~っ!
 
Dsc09885
 
 
この一言で、もう年末であることを自覚する。
 
 
Dsc00729      
    
 
あっという間の一年。
      
   
Dsc01152
父方本家は浅草にあった。僕のルーツ。
 
 
今年僕は、いったい何か役に立ったのだろうか?
 
 
自問はするが、にわかに自答できない年の瀬だ。
 
 
Dsc00259_2
仲見世通り
 
 
心の迷いをこの羽子板でバシッと弾き返したい・・・。
 
  
Dsc09829
新旧の塔と飛び立つ鳩
     

« ホイコーローが無性に食べたくなった日 | トップページ | 東西 年の瀬二題(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/56373619

この記事へのトラックバック一覧です: 東西にて年の瀬二題(その1):

« ホイコーローが無性に食べたくなった日 | トップページ | 東西 年の瀬二題(その2) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば