2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 豪雨あった今年は一際収穫の喜びを実感する秋 | トップページ | 海外で花開いたBonsai »

2012.11.04

知恵と工夫と努力、そして災害を克服しての収穫の秋

          

ここは、熊本県玉名市 旧天水(てんすい)のみかん農園。

 
Dsc01282
 
有明海を望む、水はけの良い急斜面。
      
昔より天水みかんとして有名な町。  
          
ここにも努力と研鑽をつみ、プレミアム級ミカンを栽培する生産者がいる。
 
   
Dsc01208
 
極早生から早生への移行のシーズン。
 
たわわに実った鮮やかな果実が目にまぶしい。
 
 
Dsc01185
園主自ら貴重な果実をちぎって頂く
 
  
Dsc00874
 
どう表現したらいいのだろう?
 
ミカンの味が濃い! としか言いようのない深みのある果汁がジュワーッと口いっぱいに広がるのである。
     
糖度はものすごく高く、酸味とのバランスも素晴らしい。
 
天然果実とは呼べないほど濃く味(こくみ)の強いこのミカンは、いったいどこで食べられるのだろう?と知りたがったら、案の定、青果卸売市場がわざわざトラックを仕立てて直接買い付けに来るほどの代物だという。
    
   
Dsc01211
 
常に勉強して工夫し、知恵を働かせている結果だという。
 
Dsc01382
まだ緑が残る青島ミカンは年を超えて1月中旬ごろに出荷される。もしかしたら日本人ではなくて、旧正月を祝うアジアの消費者の口に入るかも…
 
 
若い後継者の自信に満ちた眼差しが印象的だった。
 
 
 
車で移動して約40分。
ミカン栽培の盛んなJAの選果場を訪問。
 
Dsc00843
 
次々と収穫された果実が運ばれてくる。
 
オレンジ色の絨毯。
 
 
Dsc00877
   
樹上で完熟させたうえ、ひとつひとつ手で段ボール箱に並べて詰めた逸品だ。
   
これからさらに一週間貯蔵すると、目を見張るほどの商品に仕上がるのだという。
   
Dsc00867
確かに違う。味も未体験の素晴らしさだった。脱帽
    
    
Dsc00997
カナダ向けの段ボールも。クリスマスオレンジかな?
 
 
 
近くのメロン栽培のハウス。
 
Dsc00929
 
見事に管理された舎内は息をのんでしまうほど。
 
聞けば、売り先はほぼ決まっているとのこと。 どおりで…
 
    
Dsc00938
 
これから管理の終盤で、12月に入ったら出荷が始まる。
 
Dsc00942
 
歳暮、クリスマス、正月の店頭に並べられるエリートたちだ。
 
 
 
県の最北部に位置する荒尾市
 
ここのジャンボ梨は昔から有名だ。
 
Dsc01433
 
ひと玉 1.2キロから1.5キロになる物まであるという。
 
とにかくデッかくて、そしてずっしりと重い。
 
Dsc01434
新高(にいたか)梨。ジャンボなのにみずみずしく甘い
 
  
Dsc01426      
 
幾多の災害や試練を努力と知恵で乗り越え、さらに、今後縮小していく市場に対応することに挑戦する生産者や組合が今日も全国どこかで頑張っている。
 
  
Dsc00985
                    

« 豪雨あった今年は一際収穫の喜びを実感する秋 | トップページ | 海外で花開いたBonsai »

コメント

お元気そうでなによりです^^
お久しぶりでございます、西条市の池田です!
なかなかご連絡できずすみません。
4月に会社を立ち上げ、引き続きいろいろ動き回っております。
また、お会いしたいです!☆

IKEDAさん お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
とうとう会社設立ですか! 益々ご活躍ですね。ぜひお会いしたいです。元気なお話お聞かせください。愛媛のミカンもたわわに実っていることでしょう。西条市の仲間の皆さんによろしくお伝えくださいね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/56044471

この記事へのトラックバック一覧です: 知恵と工夫と努力、そして災害を克服しての収穫の秋:

« 豪雨あった今年は一際収穫の喜びを実感する秋 | トップページ | 海外で花開いたBonsai »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば