2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« それは秋の空から始まった | トップページ | “チュッちん ヤッてぃん” »

2012.10.16

秋の風物詩 香港編

 
今頃の季節を形容して
天高く馬肥ゆる秋 なんていう言葉がある。
 
出典は中国の漢書であるが、私たちにもなじみ深い。
 
 
 
ところが、立秋を超えて
香港や広東の街中を歩いていると
こんな看板が目に入ってくる。
   
Dsc_4784
 
秋風立てば 三蛇肥ゆる
 
馬と蛇では大違いだが、
そうなんだから仕方がない。
 
Dsc_4788
 
街頭のレストランでこんな看板を見て、
秋の出で立ちに変わった若いOLたちや女子学生たちが
「わあ、おいしそう!」とワクワクするのである。
   
Dsc_4780
 
 
 
どの店も一番のお勧めは、蛇羹(セーカン)という3種類のヘビ肉の細切りをシイタケやキクラゲなどと一緒に煮込んだとろみのあるスープだ。
 
Dsc_3692      
 
三種類のひとつアマガサヘビなんて
ずっと前、広東で生きているのを見たことがある。
   
Bandedkrait
ネットから引用
 
 
確か金脚帯と呼び、黒と黄色の段だら模様の毒蛇で
ちょうど踏切の遮断機のような感じなのだ。
 
ほかに、コブラも三蛇のひとつである。
    
    
Dsc_3676
 
 
毒が強いほど強壮に役立つなんて聞いたことがあるが
真偽のほどは定かでない。
 
 
 
さて、この日もレストランは満席。
 
Dsc_3729
 
 
出てきた、出てきたっ。
これを目当てに来たんだもの。
 
Dsc_3725     
 
 
外見では何のスープか分からないけれども
上に載っている菊の花びらやレモン葉の細切り、
薄脆(ボッちょい)という薄揚げのクラッカーが載っていれば
誰もが蛇スープだと「安心して」口に運ぶのだ。
     
     
Dsc_3670
このお店では、三蛇じゃなくて五蛇の豪華版! しかもアワビ入り
 
 
蛇の肉は見た目も食感も、ほとんど鶏肉と変わらないから
気にさえしなければ普通に食べられる。
 
Dsc_3708
 
 
香港の人たちは、寒い季節にこれを食べると体が温まるといい、
また秋口に食べておくと風邪をひかないと信じている人も多い。
 
 
Dsc_3714
今夜も若い女性で大賑わい
 
   
   
どこの国にも生活や気候に即した食文化がある。
 
 
 
外の安価な屋台や露店では、ヘビ肉の代わりに鶏肉を使って蛇羹だと称し、ずるい商売をしている輩もあるから注意が必要だ。
 
 
 
えっ⁉ 誰ですか?
 
 
コピーの方で勘弁してくれ、なんて言ってるひとは!!
 

« それは秋の空から始まった | トップページ | “チュッちん ヤッてぃん” »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/55895364

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の風物詩 香港編:

« それは秋の空から始まった | トップページ | “チュッちん ヤッてぃん” »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば