2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 少々気の重い日々に、心癒される街 | トップページ | 現場が第一 荒れるアジアを12日間巡り、自らの原点に立ち戻った »

2012.09.05

水の都で出会った伝統漁法に見惚れた2時間半

      
松江といえば宍道湖畔。
      

街を流れる堀川と併せて
水の都」と呼ばれる所以である。

    
Dscn8569
        

ようやく空が白み始めた早朝、
目が覚めて窓から景色をぼや~っと眺めたら
湖面になにやら物干し竿ほど長い棒を持った人が乗る小舟が沢山行き来しているではないか。

Dscn8360


そうだ、宍道湖名物“しじみ漁”だ。

    
Dscn8391

 

これまでも何度も目撃したのだけれど、
漁が出来るのは月木金曜の週3日間の
しかも午前中の3~4時間と決められているそうだ。
    

資源保護ための漁獲制限である。
          

あの長い竿の先にはジョレンと呼ばれるカゴがついていて
これで湖底を掻くようにしてシジミを採捕する。

   
Dscn8432

            
これは“手掻き”と呼ばれる漁法である。

 

一見のんびりした動きに見える光景も
近くからよく見ると、とても重労働であることが分かる。

     
Dscn8310


ここで採れるのはヤマトシジミという種類で
全国で約1万8千トンの漁獲量のうち
宍道湖で約4割がとれているのだという。
      

有名「ブランド」ですもんね。

     
Dscn8685
貴重な自然の恵み

              
     
シジミにはカルシウムや鉄、ビタミンB12などのミネラルが豊富に含まれているのに加えて、最近では肝機能を高めるアミノ酸が注目されている。

     
Dscn8226_4

松江名物“しじみのすまし汁”。

しじみの旨み成分がギュッと濃く出たダシが忘れられない。

      
オルニチンやメチオニンと呼ばれるアミノ酸は知っている人も多いことだろう。飲酒後や疲労回復に効果があるとされている。

       
           
        
船を巧みに操りながら
湖面を行き来する漁船に見惚れていたら
あっという間に2時間半が過ぎているのに気が付いて
ビックリするやら、もっと観たいやらで、
泣く泣く宿舎に引き上げた。

    
Dscn8539
     
Dscn8468_4

« 少々気の重い日々に、心癒される街 | トップページ | 現場が第一 荒れるアジアを12日間巡り、自らの原点に立ち戻った »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/55585465

この記事へのトラックバック一覧です: 水の都で出会った伝統漁法に見惚れた2時間半:

« 少々気の重い日々に、心癒される街 | トップページ | 現場が第一 荒れるアジアを12日間巡り、自らの原点に立ち戻った »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば