2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 東洋の真珠に一陣の強風を観た | トップページ | 元気の源が失われる危機感を実感した »

2012.08.03

弾丸出張で大陸の距離感が全く変わった日

                                                             
最近、たまに一泊二日の海外出張をすることがある。
         

国際航空路線ほかアジアの交通インフラが発達した賜物だ。

    
先日もまた中国上海に一泊二日の弾丸出張を敢行した。
         

しかも今回は、上海だけでなく、浙江省杭州、江蘇省某市の
長江デルタ3都市を実質34時間で駆け巡る
超ウルトラハード強行スケジュールとなった。
    

福岡から上海まではわずか90分あまり。   

そのまま上海虹橋新幹線駅に直行。

    
Dscn5560
    

とてつもない広さの待合コンコースに、
とてつもない数の乗客が列車を待っている。
   

巨大中国。

  
Dscn5546

    

脅威と映るか、後進と映るか、
それとも市場と映るか、チャンスと映るか?

         
Dscn5743

あの事故からちょうど一年の新幹線(高速鉄道)に乗車し
わずか一時間足らずで杭州に到着。
         
    
Dscn5719

           
1980年代初めにプロジェクトで杭州に通っていた頃、
確か3~4時間かかっていたことを思うと
ほっぺたをつねりたくなるような信じられない速さだ。

      

しかし、駅に降りたら、雨模様も手伝って
タクシースタンドは長蛇の列。
     
Dscn5589_2 

100人以上は並んでいた。
        

これも昔では考えられなかった光景。

     

世界文化遺産に指定され、万里長城クラスの
中国を代表する観光資源である西湖を横目に
ビジネスは時間との闘い。
    

Dscn5636
この日も水墨画のごとき絶景 -西湖
    
Dscn5646
     
Dscn5608
その名も高き名料亭で打合せ。発祥とされる東坡肉(トンポーロー)など杭州名菜を一口も食することなく後にした…

      

ここで最も有名なレストラン「楼外楼」、
かつては杭州飯店と呼ばれた有名ホテル「シャングリ・ラ」で面談して
とんぼ返りで上海に戻る。

  
Dscn5881
新旧織りなす上海の外景
          

慣れた街とはいえ、毎日変わる外観にいつも戸惑うメガシティー。

   
Dscn6345
常態化した上海の交通渋滞

       

     
翌朝、専用車で江蘇省へ。

  
Dscn5910
      
Dscn5925

     

場所も、目的も明かせないが、
今、世界で最も注目されているハイテク機器の成約調印に立ち会う。

  
Dscn5936
上海ガニで余りにも有名な地域ブランド「陽澄湖(ようちょうこ)を通り過ぎる

     

生産も消費も、そして技術レベルも中国が世界一という
まさに世界中が注目している分野の最前線事情について
どうして日本人は、マスコミを含め理解を深めようとしないのか?
            

領土問題も当然重要だが、
世界やアジアがどんどん変わっている現実から目を背けることの方が
もっともっと脅威である。
       

調印を終え、これから日本が望むも望まぬとも関わらず
漕ぎ出さねばならないグローバルビジネスの厳しさを噛み締める間もなく、上海経由で忍者のごとく帰国した。

     
    
日本との往復を含め、わずか2日間で
これだけの行程を走破し、
これだけの案件を処理する時代となった。

       

ニッポンは、日帰りでさえ行ける伸張アジアの真っ只中にいる。

    

この現実も忘れてはいけない。
            

« 東洋の真珠に一陣の強風を観た | トップページ | 元気の源が失われる危機感を実感した »

コメント

大兄、ニーハオ!ブログを拝見した小生も目が回る感じがしました。ほんとうにこのスケール、そして、それが怒涛の如く突き進む迫力。チャンスとみて活用するに如かず、と改めて思いました。

薄田賢弟 ニーハオ! 
コメントありがとうございます。こんな行程、以前なら考えられませんでしたよね。でも今は出来るんです。
その行程を組んだのは、つい最近、中国ビジネスを始めたばかりのクライアントさんなのです。調べたらこんなことは可能だよと、なんの抵抗もなくポン、と出してくるんです。
昔のことを知っている人間では思いつかないような滄海桑田が起こっていること。つまり、過去の経験や常識というやつがむしろ邪魔になっているということ? 恐ろしい現実です。
でも「チャンスとして活用」という賢弟の発想に頭が下がります。見習います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/55339025

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸出張で大陸の距離感が全く変わった日:

« 東洋の真珠に一陣の強風を観た | トップページ | 元気の源が失われる危機感を実感した »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば