2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 巡回してきました。 | トップページ | 第二の古都を訪ねて(その7) »

2012.07.07

第二の古都を訪ねて(その6)

(先々回から続く)
         
再び、台湾中部の鹿港(ルーカン)訪問記に戻ろう。

         
趣味を持たない僕の数少ない楽しみが、これまで何度も紹介している
出張先でのわずかの時間を見つけての路地裏歩き

           

普通、宿泊ホテル周囲のガイドブックに載っていない庶民生活空間を、時間がある限り歩く訳だが、ここ鹿港は路地裏(台湾では巷と言う。北京では胡同フートンが有名)も重要な観光資源で、さっそく2大路地裏を探検した。
       

ひとつ目は、九曲巷(正式名称は金盛巷)である。

 
そう、すなわちいくつも曲がりくねった路地のこと。
                     
     
Dscn1845

            
昔の街は、川沿いに造られたりしたから
曲がった路地が多い。

  
Dscn1914

               
また一説には、強い海風や砂塵が吹き込まないような構造を採ったためとも言われている。

 
Dscn1918       

前回訪れた時と比べ、余りに俗化・観光地化されていて、
生活臭は微塵もないので面白くはないが、
往時の街並みを体験するにはやはり訪れて良かった。

  
Dscn1860
   
Dscn1863
   

Dscn1910     
        
結局、曲がり角がその名のとおり9か所だったかどうかは
数えるのを忘れたから、不明のままになっちゃった。

  
Dscn1869
   

Dscn1855      

           

二つ目の路地は「摸乳巷」。
   

Dscn1828        
    

読んで字のごとく、すれ違うと胸が触れ合うほど狭い路地。

   
Dscn1791
     

肩幅が広い僕が普通に立つと、もう路地を塞いでしまい、ホントにすれ違えないほどに狭い。
     
長さは100m、幅は70㎝ほどしかないらしい。

  
Dscn1800       
    

どうか、どうか、向こうから女性がやって来ますように…。」

と強く念じながら、この路地を進んでいったが、
悲しいことに、何びとともすれ違うことなく無事反対側にたどり着いた…。
           
    
Dscn1816
     

結局、胸どころか、僕の突き出たお腹が壁にこすれそうだった。
      

Dscn1841

           
これだから、海外での路地裏歩きは止められない。

(次回に続く)
                

« 巡回してきました。 | トップページ | 第二の古都を訪ねて(その7) »

コメント

閉所恐怖の僕には到底味わえない「冒険」です。でも、海外での路地裏歩きは、たしかに楽しいですね。

薄田さん ご無沙汰しています。
嬉しいコメントありがとうございます。
80年代の北京駐在が僕の路地裏歩きの原点ですかね。まだ胡同なんて残ってますか?もう何年も行っていないもので。またいつか路地裏論議しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/55136205

この記事へのトラックバック一覧です: 第二の古都を訪ねて(その6):

« 巡回してきました。 | トップページ | 第二の古都を訪ねて(その7) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば