2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第二の古都を訪ねて(その6) | トップページ | 第二の古都を訪ねて(その8) »

2012.07.09

第二の古都を訪ねて(その7)

                         
最近は台湾でも中国・香港でも復古調の路地や街並みを再現した商業エリアの出現が目立つ。
   

Dscn1931
      

鹿港にも「鹿港老街」と称する昔の街並みを再現した観光通りが整備されており、古都の風情を感じながら、往時の賑わいに少しだけタイムスリップさせてくれる。

     
Dscn2030
     
Dscn1985
   
Dscn2006
     

路地の両側には、木造家屋やレンガ造りの家が軒を並べる。

    
きっとかつての日本とも そんなに違わないはず。

   
      
Dscn2038
         
Dscn2066

            
今、鹿港老街と呼ばれている一帯は、もともと「古市街」と称されていた。

  
Dscn1994
烏魚子とは「からすみ」のこと。台湾でも名物
   
Dscn1962_2
どこの国でも子供のおねだりは微笑ましい
   
Dscn2103
手彫り彩色のゴムパチンコ。懐かしい。ひとつ190元(約600円)なり

         

この一帯は、清朝乾隆年間に鹿港が最も栄えていた頃の、
埠頭街の貿易商で賑わっていたエリアだそうである。

  

Dscn2075       中国大陸とも僅か200kmほどだったんだ

         

中国大陸から続々と移民が入り、
米や砂糖、農産物などを中心とした貿易を活発に行っていたようである。

  
Dscn1953
当時の豪商屋敷にあったと言われる「半辺井」。 とても貴重な井戸も、半分は自分の家で使い、半分は往来の人々にも分け与えたという、往時の栄華と鹿港人の美徳を表している遺産と言われている
    
Dscn1957        

        
台湾の地方に行くと、最近、
食の分野で「古早味」なんて言葉をよく見かける。

           
台湾や福建閩南地方でよく使われる言葉で、「懐かしの味」といった意味だろうか。

    
Dscn1937_2
      
Dscn2046
ここにも古早味の文字が…

   
          
街歩きの好きな人なら、いくら時間があっても足りないだろう。

   
Dscn1961    
Dscn1945
   
Dscn2026   
       

とにかく日差しが強くて暑かった。

  
鼻の頭が日焼けで真っ赤になってしまった。
    
季節違いの鹿港版トナカイさんだ。

   
Dscn2093
木を愛する人々でもある
   
Dscn2003
   
Dscn1972
ここにも路地裏を見つけた。つい足を踏み入れたくなる
    
Dscn1949         
(次回に続く) 
               

« 第二の古都を訪ねて(その6) | トップページ | 第二の古都を訪ねて(その8) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/55149291

この記事へのトラックバック一覧です: 第二の古都を訪ねて(その7):

« 第二の古都を訪ねて(その6) | トップページ | 第二の古都を訪ねて(その8) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば