2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 立春の南国4話(その1) | トップページ | 立春の南国4話(その3) »

2012.02.13

立春の南国4話(その2)

             
市の中心部に行くと、
水面越しに何やら見慣れないモニュメントのような巨大な建物が鎮座している。
       

        
大きな3本の柱の上に、サーフボートのような天井部が「のっかって」る。

   
Dsc_0040
      
         

 「行ってみようよ!

 

決めるのに時間はかからなかった。

    
        
建物に近づくと、まさに巨大なオベリスク。
    

Dsc_4472        
             
      
そう、ここが一昨年4月にオープンした複合娯楽施設「マリーナベイ・サンズ(Marina Bay Sands)」だ。

  
      
Dsc_4535
建物内部もユニーク
         

           
巨大会議場、ブランドショップモール、2560室を誇るホテルに加え、目玉はカジノ。
    

Dsc_4518

        

規則が厳しいことで知られる、ここシンガポールでカジノとは、
これまた時代の移り変わり、
変化への機敏な対応力をまじまじと感じる。

      
         
Dsc_4991
大規模モールは、ショッピング好きにはたまらないはずだ

  
Dsc_4962
屋内運河とゴンドラもカジノの定番!?

       
       
貿易、物流、石油化学、金融、バイオ、医療、

そして商業、カジノ。

 

建国以来、
時代の変化と共に機敏に産業構造をシフトさせていくシンガポール。

 

Dsc_4987

       
        
       
国土が微小で、水すら資源もなく、あるのは人による知恵だけという条件の下で、国際競争力は世界一、一人当たりGDPだって日本と完全に肩を並べる。

          
            
Dsc_4900
金銀宝飾店にはどこも中国人観光客が集まる

   
Dsc_5011
東南アジアのグルメを中心に世界の食が楽しめるフードコートも
                

            
Dsc_5077
一流施設には必ず日本の“SUSHI”が定番アイテムに
                  
          
         

                   
 「行ってみようよ!」

          
         
57階の空中庭園に登って、
このダイナミック・シンガポールの全景を俯瞰したいと思うのに、やっぱり時間はかからなかった。
                                     (次回に続く)
 

« 立春の南国4話(その1) | トップページ | 立春の南国4話(その3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/53969407

この記事へのトラックバック一覧です: 立春の南国4話(その2):

« 立春の南国4話(その1) | トップページ | 立春の南国4話(その3) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば