2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 大寒の北国4話(その4) | トップページ | 大寒の北国4話(最終回) »

2012.02.05

大寒の北国4話(その5)

             
(前回より続く)

     
これが、南国の外国人だったらなおさらでは…。

      

       
そう、まだ中華圏では旧暦正月の連休期間中(訪問時)だったのだが、
やっぱりいたいた、大勢のアジアからの団体ツアー客が!!

  
Dsc_7135

     
      
リニューアルされた新千歳空港から、列車内、ホテル、
そして観光地・名所に至るまで、

もうどこにでも、である。
         

Dsc_7321   
Dsc_7527
   
      

聞こえてくるのは、広東語、台湾語、北京語、韓国語である。

   
   
Dsc_7986
すすきのでも大勢の中国系観光客が闊歩する

  
Dsc_7978
なぜかタバコ屋さんで広東語を話す一家が何カートンもの煙草をお買い上げ。
そういえばアジアではタバコが異様に高い国もあるからなぁ。それにしてもなぜここで買うのかな?免税店には売ってない種類でもあるんだろうか? 商売かな? お世話になっている人への贈り物? まっさかねぇ!  

       
    
    
外国人観光客数において、
去年の影響から北海道は、
一足早く回復の兆しが顕著になっているようだ。  

  

  
そして更に、商店街に足を運ぶと、

          
いるいる・・・。
                             (次回に続く)
                 

« 大寒の北国4話(その4) | トップページ | 大寒の北国4話(最終回) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/53881701

この記事へのトラックバック一覧です: 大寒の北国4話(その5):

« 大寒の北国4話(その4) | トップページ | 大寒の北国4話(最終回) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば