2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« みんなで決める | トップページ | 人に教えたくない店 »

2011.11.22

見えない相手と闘う

          
TPP余談を続けてもうひとつ。

        
議論が百出するのも、
その全容が分からないことが大きい。
       

何が議論されるのか、交渉は何がゴールになるのか
見えない点である。

             
見えないという意味では、福島県の皆さんを中心に僕らは今年、放射能という何とも忌まわしい、見えない人類史最悪の敵と対峙することを余儀なくされている。

           
見えないからその存在も、量も質も分からない。
       

            
分からないから人によって受け止め方が違う。

楽観的な人、悲観的な人、
超積極的な人、超心配性の人、意に介さない人…。

 

TPPは放射能と全くの別物だが、
全容が見えず、変動要素が大きいという意味で
「オバケ」と呼ばれる所以である。

    
       
考えてみれば、日本は20年前にバブルがはじけ、
従来手法に拘泥した結果、長い停滞から未だに抜け出せない。
経済成長を知らない世代がいよいよ成人したことになる。

        
             
世界だって08年のリーマンショック以来、
欧米経済は底の見えない深い闇に落ち続けているかのようで、政治や社会にも大きな不安を与えている。

 

21世紀に入って金が金を生む金融工学オバケの乱舞が
世界中に深刻な後遺症をもたらしているかのようだ。

      
グローバル化、IT化、財テク化なども実態があるようで
眼に見えないアメーバのような生き物だ。

     
原発も株価も為替も投機もIT情報化も、
人間が便利・進歩を求めて生み出したものだが、
完全にコントロールできなくなってしまった。

        
まるでハリウッド映画のよう・・・。

          
         

今こそ僕らが農林水産業や地場産業、観光、地域、生活者の元気に応援を送るのも、額に汗を流して自然に働きかけて、物やサービスを生み出す人たちが真に報われる社会を実現したいからである。
                                    

              
僕は現代の革命だとすら認識している。

 

その革命には国境線は無い。
   
国単位で量るGDPや経常収支、自給率などは
あまり大きな意味を持たない。       

                        
僕ももっと精進努力して、少しでも「見えないものを少しでも見とおす」ことができるよう、多くの元気な仲間の皆さんたちとこれからも汗を流していきたい。

                      台北に向かう機内で
              

« みんなで決める | トップページ | 人に教えたくない店 »

コメント

おや、また台北ですか?私は先週が上海で、来月頭が台北です。
今度、私の九州国独立計画を聞いてもらえませんか?聞かれた皆さんからの評判は上々です。(o^-^o)

じーこむらさん 相変わらずどなたにもご無沙汰ばかりで申し訳なく思っています。過激な計画を構想中なんですね。ぜひお聞かせください。今、タイペイにいます。来月1~3日にまた台北に来ますよ。今は天神より台北や香港の方が詳しくなっちゃいました。住んでもいないのに。今年はご一緒に忘年会ができますよう祈っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/53306945

この記事へのトラックバック一覧です: 見えない相手と闘う:

« みんなで決める | トップページ | 人に教えたくない店 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば