2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« オホーツクの大自然に抱かれて、人間(おのれ)の傲慢を恥じた時(その2) | トップページ | オホーツクの大自然に抱かれて、人間(おのれ)の傲慢を恥じた時(その3) »

2011.10.17

お詫び

             
ここ数日、記事のアップが滞ってしまい、
大変申し訳ありません。
   
心からお詫び申し上げます。

    

今、網走オホーツクの紹介中で止まっていますが、
網走の後、台湾、熊本、福岡、高知へと廻り、
明日朝から帯広に向かいます。

  
Dsc_0527
江戸時代から300有余年続いているといわれる高知の日曜市

  
Dsc_1118
桂浜

   

帯広の後も連続的・波状的に移動が続く予定です。

    

大変申し訳ありませんが、今しばらくお待ち願います。
     

    
Dsc_9333
高知名物「カツオの塩たたき」   
                  

« オホーツクの大自然に抱かれて、人間(おのれ)の傲慢を恥じた時(その2) | トップページ | オホーツクの大自然に抱かれて、人間(おのれ)の傲慢を恥じた時(その3) »

コメント

超多忙の日々は相変わらずですね。また各地の”HOTな”情報お待ちしております。

ともっちゃさんいつも嬉しいコメントありがとうございます。痛めた腰をかばいつつ、今もフーテンの寅さん状態です。11月10日まで連続出張が続きます。各地の元気な皆さんとの交流について、またレポートしますね。

腰の具合はどうですか?
昨日ローカルTVにて,炭酸泉と硫黄泉が一箇所で楽しめる温泉を紹介していました。
例の場所は無理としても,是非1泊2日で日程を空けて下さい。

追伸:小川氏の地域振興のキーワードは徐福伝説でした。頑張っていらっしゃるようです。

ともっちゃさん 見事に見透かされてしまいました。実は3日前に腰を痛めて、今どん底なんです。辛いですね。過労が過ぎました。反省です。ぜひ温泉治療が必要です。その前に日程を何とかしなければなりません。小川さんにもよろしくお伝えください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/53010357

この記事へのトラックバック一覧です: お詫び:

« オホーツクの大自然に抱かれて、人間(おのれ)の傲慢を恥じた時(その2) | トップページ | オホーツクの大自然に抱かれて、人間(おのれ)の傲慢を恥じた時(その3) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば