2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 自然の宝が生まれる町 | トップページ | 秋空を仰いで志を立てる »

2011.10.03

黒酢を使ったフルコースが楽しめるホテル

           
鹿児島県霧島市にある「ホテル京セラ」は、
広大な自然の中でも存在感溢れる大型シティーリゾートホテルである。

   
     
Dscn5407

               
吹き抜けの自然光溢れる1階のレストラン「デルソーレ」では、
今、福山産純玄米黒酢を洋風にアレンジした「特製黒酢」ランチが人気を呼んでいる。

   

Dscn5368       
     

前菜、スープ、サラダ、メイン肉、メイン魚、デザート、はちみつ黒酢ティーまで、すべてに黒酢が華を添えてあり、食べて美味しく、見て美しく、ボリューム満点で、これで占めて1800円というお値打ちフルコースランチである。

      
人気のはずだ。

    

Dscn5378
黒豚のグリルと季節野菜の重ね焼き

   

Dscn5384
「あかな」というイトヨリにも似た魚と海の幸のオーブン焼き。
   

      
レストランの高峰調理長の説明を伺っていると、この皿の主役はガストリックという手法で丁寧に作られた黒酢のソースなんだと、僕は敢えて言いたい。同じ鹿児島産黒砂糖を煮詰めてバターと黒酢で伸ばしたソースは、淡白な白身魚と素晴らしくマッチしている。

          

Dscn5403

特製デザートにも黒酢が名脇役として風味を引き立てている。

       

     

ボリュームあるコースも、天然黒酢のせいだろうか、
まったく負担感を感じることなく、霧島の秋風の如く爽やかな食後感に包まれた。
           

« 自然の宝が生まれる町 | トップページ | 秋空を仰いで志を立てる »

コメント

 とても良い企画ですね。ただ,ランチに1,800円はローカルな人間にとってはちょっと高価かなぁ~。
 黒酢の活用として,JA系の企業を含め福山黒酢生産企業は活発な動きを見せています。
 「飲む」ものから新たなアイディアが生まれ,消費拡大に繋がる事を期待したいものです。

ともっちゃさん貴重なコメントありがとうございます。ぜひ一度賞味してみてください。朝と夕は抜いてでも!!! 本当に福山の企業さんたちは元気ですよね。今回、黒酢の知識を得た上で、昨日まで台北に行って来たんですが、台湾の酢の文化やビジネスなどにも関心を寄せて、売り場を見てみたり、台湾最大のメーカーの社長さんに面会したり、本を買ってみたり、台湾酢豚を食べてみたりと、ちょっとだけ詳しくなったような気がします。深く掘り下げることは大切ですね。お茶やタバコなどでもご一緒にトコトン追求してみませんか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/52872178

この記事へのトラックバック一覧です: 黒酢を使ったフルコースが楽しめるホテル:

« 自然の宝が生まれる町 | トップページ | 秋空を仰いで志を立てる »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば