2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.09.30

自然の宝が生まれる町

               
桜島が浮かぶ錦江湾の反対側を目指していくと、
福山町(現・鹿児島県霧島市に合併)にたどり着く。

  
Dscn5474

      
Fukuyama
wikipediaより抜粋

   

    
ここは、誰もが知っているあの天然黒酢の里なのだ。
     

          
さっそくカメ仕込みの現場を見学させていただいた。

   
Dscn5453_2        

      
錦江湾を広々と見渡す斜面に
ズラリと並べられる仕込みカメ。

     
Dscn5437
錦江湾の向こうには、鹿児島のシンボル「桜島」が間近にそびえる

   
   
      
その数1万4千個を超える。

   
Dscn5468

    
   
天空からは、薩摩の日光がふんだんに降り注がれている。

   

     
そう「天日静置製法」と呼ばれる天然醸造酢の製造現場なのだ。

   
     

ここにも、長年の経験を積む、誇るべきマイスターがいる。

  
Dscn5461
伝統の技を懇切丁寧に教えていただく

     

    
十分な日射、清らかな水、適した米。
   

この風土3条件がそろった上で、歴史に受け継がれた伝統技術が加わって、奥深い味わいの黒酢が出来上がる。

   

Dscn5449
仕込んでから4か月ほどたったカメの内部。
表面に酢酸菌の膜が張り、ここでようやく品質が安定し始める。
舐めてみると突き刺すような酸味に驚くが、これも意気の良い青年を感じさせるような味わい。これから本格的な熟成に移る。

     

     
「自然任せの製法だから、きっと品質にばらつきが出るんじゃないか?」

   

素朴な疑問だが、やはり微妙な違いまで、とことんコントロールしているらしい。

    

だったら、理想的で安定した人工的な室内環境を作り出し、
大きなタンクで衛生的に均質に製造すればよいものを…。
    

でも、ここ福山町ではそうはいかないのだ。

   
Dscn5450

  
来週から、この現場で秋仕込みの作業が始まるそうだ。

   
Dscn5444

        
多忙を控え、仕事師の皆さんの緊張と誇りを感じる。

     

Dscn5418  

     

     
素晴らしい自然遺産、技術遺産を生かして、
今や全国的に広まった天然醸造黒酢がこの場所で日々熟成されている。

   

株式会社福山物産様、ご指導ありがとうございました。
          

2011.09.29

一面に降り注ぐもの

                         
北海道を離れて翌々日に
鹿児島中央駅に降り立っていた。

ほんの数時間のトランジットで(!?)。

       
   
訊けば、昨日までおよそ20日間も桜島の噴煙の灰が市内一円に降り注いていたらしい。 
       

Dscn5495
    

快晴の蒼い空を見上げてもにわかに信じがたい。

     

    
街角のどこを歩いても、清掃した灰がビニールに詰められ、
うず高く積み上げられていた。

   
Dscn5491
    

鹿児島のいわば日常風景。

   
Dscn5494    

Dscn5493      

       
         
目につき厄介な灰だけに、市民の皆さんは苦労も多いことだろう。

      
   
Dscn5501

      
     
     
1月末に噴火した新燃岳の降灰被害を受けた宮崎県の生産者の皆さんにも思いを馳せる。

        

          
さらに、目に見えない放射性物質の飛散に苦しむ福島県を中心とする
東北・関東の皆さんのことを思うととてもやりきれない。

      
    
       
降灰直後といっても、鹿児島の中心市街地は注意していないと気付かないほど綺麗に清掃されていた。

     

このノウハウを除染に応用できないものだろうか。

   

Dscn5208
            

2011.09.27

大地に立って再認識する

(前回から続く)

      

さらに車で2時間。

      
北海道は本当にデッカい。

   
Dsc_7207
一見単調に続く風景でも、ちっとも見飽きない

    

     

人参と玉葱の選果場を訪問。

       

Dsc_8332

    

ちょうど作業もピークを迎えており、
全国に向けて出荷の作業を行っていた。

   
Dsc_8390
        
Dsc_8497

   
    
僕はどれだけの規模が、北海道では標準なのかは分らないが、
このパワーで農業が効率的に行われれば、
きっと競争力もあることだろうと感じつつ、現場の皆さんの話を聞けば、
これはこれで多くの課題があり、壁があることも知り、
農業の奥深さを再認識すると同時に、
安易な議論は出来ないものだと改めて実感した。

   

Dsc_7641    
Dsc_7681
高速回転して、玉に傷がつかずに外皮がとれていく
    
Dsc_7658
広大な工場には最新鋭の生産ラインがずらりと並ぶが、こうして人手によっても入念にチェックされる

       

それにしても、今年も9月に入って収穫の時期に大雨に遭い、
2年連続で天候被害を受けている。

   
Dsc_7784
畑での乾燥がままならず天を仰いでしまう

           

台風15号の被害も心配だ。

     

北海道の状況は、そのまま全国の相場に直接影響するだけに他人事ではない。

     
   

ますます大自然に対する畏敬の念を心に刻む。

     

Dsc_7782
               

2011.09.26

北海の四大美人の競艶に胸が押しつぶされた夜(第4回)

(前回より続く)

      

4大カニのほかにも、ウニやつぶ貝、ホタテ、真ホッケ、各種高級カレイ、イクラ、紅鮭、これからが旬の秋サケ、大漁サンマほか書き留めきれないほどの海産魚介類を、ひとつひとつ丁寧に紹介していただいた。

    
         
Dsc_7599
礼文島産の極上のウニ

   
Dsc_7538
生はこんな色をしていたんだ。   北寄(ほっき)
    

水産チームの皆さん、ありがとうございました。

   

Dsc_7587         

      
    
断っておくが、あくまで試食会(!?)であるが、
浦島太郎が竜宮城で受けた歓待とは、きっとこんなことを指すんじゃなかろうか、などと
膨れきったお腹を擦りながら、しみじみと感じた夜だった。
                                  (次回に続く)

   
Dsc_7607
溢れ出るウニも本場ならでは
      

2011.09.23

北海の四大美人の競艶に胸が押しつぶされた夜(その3)

(前回より続く)

    

僕が楊貴妃に例えた
甲羅のミソの濃い味わいが絶品の毛ガニは、
地元のご自慢のひとつ。

  
Dsc_7495_2

      
オホーツク海沖産と噴火湾沖(太平洋側)産の二種を比べてみた。

   
Dsc_7549
上がオホーツク海沖、下が噴火湾沖の毛ガニの脚。よく観るとなまめかしくさえある

   
      

流氷と共にやってきた海の栄養分をたっぷりと取り込んだオホーツク産の濃厚で深い味わいは、もう僕の筆力では形容できないレベルの逸品である。

  
Dsc_7515
滴るカニ味噌。毛ガニの醍醐味だ。舌の上でネットリとまとわりつく。凝縮された旨味成分が攻撃的でさえある
   
Dsc_7522
正身も決して大味でない。ミソと供和えで頂くとまた格別。 

       
     
  
タラバガニは、中華圏では帝王蟹と呼び、あっという間に大人気の高級食材に登りつめた。

  
Dsc_7552

あの口いっぱいに膨れ上がるボリューム感と独特の甘みが最高の食べ応えを演出する。

        
      

      
他の3種と比較すると、モデルさんのようにスリムな感じのズワイガニ
繊細な肉質と滋味あふれるカニ本来の味が堪能でき、
北海道でもこのカニが好き、という根強いファンが多いらしい。

   
Dsc_7562
比べるとどうしてもボリューム感に欠けるが、なかなかもって奥深い滋味にノックアウトを食らった

       
水揚げされる地域によって、
越前ガニや松葉ガニと呼ばれるのもこのカニだ。

             
   
            

茹でると鮮やかな朱赤色に染まり、鎧のようなトゲに覆われる花咲ガニ
花咲と呼ばれる根室港で主に水揚げされることからこの名がついたとも言われる。

  
Dsc_7535
      

一際大きな個体を見せるボリューム感ある肉質と溢れ出るミソは
初めて食体験するものを仰天させるに余りある存在感だ。  
   
Dsc_7557
あふれ出る外子と濃厚マッタリの内子が同時に楽しめる。ヘビー級の旨さだ。
ロシア船が運んできたものだそうだ

   

ちなみに、北海道で水揚げされる蟹は、
甲羅の全長が8cm以内の小型とメスのカニは、
必ず海に戻されるのがルールである。資源保護のためだ。
市場に出回っているメスガニはロシアなど外国産ということになる。
   

Dsc_7555
花咲ガニの脚。一際大きなトゲが個性的

     

もうひとつちなみに、タラバガニと花咲ガニは、確かに同じく十本脚なのだが、
実際に歩行に使う脚は3対しかなく
ヤドカリの仲間に分類されることはご承知だろうか?

     

         
カニを食べると押し黙るとよく言われるが、
僕も始めはギャーギャー子供のように絶叫し、

そのあとは、
とにかく説明を聞き、頷き、記録し、口に頬張るという繰り返し。

     

      
モグモグ、モゴモゴ、モグモグ、、、
    
   

ゴックン、ゴクン、、、
   
       

キョロキョロ・クラクラ、、、

    
    
     
そのうち、ズッシン、ズシン・・・

    

      
   
溢れんばかりの4種・多産地・多規格のカニ肉が
僕の脳裏と胸中と、そして胃袋の中で急激に膨張してきた。

      
       
お腹いっぱい、胸いっぱいという境地である。

    

神様、今宵だけ中学生時分の食欲をお与えください。

   

この時ほど、自分の胃袋の許容量の小ささに悔やんだことはなかった・・・。

    

Dsc_7569
             

2011.09.21

北海の四大美人の競艶に胸が押しつぶされた夜(その2)

(前回より続く)

      

いいか、これは宴席じゃないんだぞっ! 勉強、勉強…!
        

何度自分に言い聞かせたことか。
       
      

      
水産のプロから一つ一つ説明を受ける。

     

       
        
今回のメイン食材は、カニ (蟹)

      
    
中央の大皿にドカッと鎮座している。

          

この日は四大品種のカニを産地別、規格別に調理して
その外観や味について比較する。

       

         
毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニ、そして花咲ガニである。

    

Dsc_7520
上段がズワイガニ、中段は毛ガニ、下段はタラバガニの巨大ハサミ
      
       
     

中国では、西施、貂蝉、楊貴妃、王昭君という四大美女が有名だが、
まさに頬を紅く染めた北海道の四大美女の競艶そのものだ。

     
   
Dsc_7486
上段は花咲ガニ、中段は毛ガニ、下段はタラバガニ

        
   
    
スリムでしなやかなボディーラインが美しいズワイガニは、
さしづめ越の西施に例えられるか。

       
         
ふっくらとボリューム感に満ち、誰もがその美味を知っている毛ガニは
傾国の美女・楊貴妃に例えてみよう。

         
        

    
ああ、見とれているだけで、だんだん胸が熱くなってきた…。
                                   (次回に続く)
                

2011.09.20

北海の四大美人の競艶に胸が押しつぶされた夜(その1)

         
北海道の水産の流通現場で本当に沢山の情報や知識を学んだら、
今度はもう一つの現場、
そう、食卓で再現される水産物の各要素の違いを学ぼうということになった。

  
Dsc_6663
世界遺産知床・斜里港の秋ジャケや羅臼のホッケ、根室港の黒カレイ…。
北海道の多様な品目や水揚げ港もたくさん学んだ。

    
Dsc_6520
    
Dsc_6910   
      

早い話が「食べ比べてみよう」、ということなのである。

         

               
ここは札幌市から車で約2時間半離れた某市の料亭を借りての試食会である。
           
   
広いテーブル上には、すでに一部の隙間もないくらいの大小の皿が並んでいる。

   
     
うおおおおおおおおお~っ!

       
   
僕は水産品の専門家でもなんでもないから、
素人そのままの感受性むき出しに絶叫してしまった。

       
憧れの北の海の幸が180度の視野でドッカ~ンと飛び込んでくる。
       

         
   
これがビジネスの現場でなかったら、絶対におのれの頬をつねっていることだろう…。
                                       (次回に続く)
                   

2011.09.16

宝物を学ぶ

         
「明朝、4時半出発ですからね。」

    
       
エエ~ッ!?  朝にも夜にも弱い僕は、
一遍に気力が萎えてしまった。
     

さっきまでのやる気はどこへやら…。

        

     
眠い目をこすりながら、札幌の街を移動。
    
Dsc_6222_2
      
             
やって来たのは、札幌市中央卸売市場。

      

特別のパスをもらって、見学コースではなく、
セリの現場に入れてもらう。
       
   
Dsc_6293
初めてマグロの取引場に足を踏み入れる。気が張り詰めている
    Dsc_6341

        
      
あちこちで威勢の良いセリの声が聞こえてくる。
         
    
Dsc_6491
      
Dsc_6534
      
   
滞在すること3時間。
      
                
水産の宝庫、北海道の底力を存分に学ぶことができました。
      
       
Dsc_6641
              
Dsc_6807
       Dsc_6823_2                       
Dsc_6694_2

冬化粧の前に

             
今日、札幌にやって来た。                              
        
                 
Dsc_5816
          
       

新千歳空港に降り立ったら
ターミナルビルがリニューアルされていてビックリした。          

               
Dsc_5836
       
        
確か7月に来た時は、まったく様子が違っていたはず・・・。            
      
                     
Dsc_5848
ゆったりとしたスペースも確保されている
       
           
                                       
お土産を売る店舗やレストランもすっかり模様替えして
さらに強力に北の物産の魅力を発信している。
      

ガラス張りのチョコレートの工場も併設されていて
これはもう立派な屋内テーマパークになっている。
                  
Dsc_5923
空港利用でなくても冬場でもショッピングやレジャーに足を運ぶファミリーが増えるだろう                     

Dsc_5991
           
                       

国際線ターミナルも化粧直しをしていて、
いつでも世界中からの訪問客を受け入れ準備完了。                             
          

      
Dsc_5965
            
Dsc_5996
       
Dsc_5984  
     
                        
英語、韓国語、中国語、そしてロシア語の表記は
北海道の特徴を表している。        
                           
Dsc_6003
           
                                    
           

カニは、きっと中国人へのキラーコンテンツなんだな。   
            

Dsc_6022
                 

            
       

さあ、明日から北の大地で活動開始。                       
            

2011.09.13

古都恋情(その9)

(前回より続く)
    

その日、仕事も終わり、夕刻散歩がてらに恒例の路地裏歩きをしていると、
暗い路地の一角で、ひと際目立つ看板の明かりに
斉天大聖」という文字が目に飛び込んできた。

   
Dsc_0843

   

我こそは、天にも斉(ひと)しい大聖なり。」
と豪語する野猿あり。

    
      
学生時代に京劇で見た一節を思い出した。
     

もしかして、あの西遊記の主人公“孫悟空”ではないのか??

  
Dsc_0853
    

ワクワクして本堂に入ると、果たして、このお寺の祭神は、
斉天大聖・孫悟空に違いなかった。

  
Dsc_0886        

    
中国大陸でもあちこち寺社仏閣を訪ねたけれど
孫悟空を祭ってある所には、これまでお目にかかったことはない。

  
Dsc_0874

      

ずらりと居並ぶ悟空さんたち。

  
Dsc_0950
   

自分の毛をむしって息を吹きかけ無数の悟空を造りだす分身の術にも思えるし、天界で悪さが過ぎて、菩薩様から石猿に変えられてしまったようにも見えるしでユーモアたっぷり。

  
Dsc_0900    
Dsc_0875
  
Dsc_0876    

  

夜の本堂で独りポツんと拝んでいたら、
どこからともなくオジさんが二人、ス~ッと現れて来て、
僕に向かってやおら講釈を垂れ始める。

   
Dsc_0896
   
       

顔は赤いし、酒臭い。 足元だっておぼつかない…。

   
Dsc_0911

     
    
僕とは、国語(北京語)で会話しているのだが、
方言なのか、ロレッているのか、そのうち何を話してるんだが解らなくなって、とにかく僕は相槌を打つばかりになってきた。

   

Dsc_0951
      
そう、一生懸命にいろいろ紹介してくれてるんだ。

    

そのうちこのオジさん、気が大きくなって、

わざわざニッポンから来たのか?  おい、入れ、入れ
     

と、やおらカギを開けて、柵の内側の本尊が安置されている仏壇を案内してくれるという。

  
Dsc_0914_2       

    
この酔っぱらった人が管理人さんなのかどうか分らないが、
菩薩様に免じてもらって、ご禁制の柵の中に入り、
居並ぶ悟空さんたちを抱き上げたり、サワサワ撫でさせてもらった。

   
Dsc_0944
間近で触れながら、悟空様と仲良しになる
   

Dsc_0937       後ろ姿だって観ることが出来た

      

悟空が天界の無数の蟠桃を盗み食いして不老不死になったように
僕も何体かの悟空に触れて、強力パワーを授かったかも知れないゾ。
      
    

オジサンたちはきっと僕に、興味深いこと、面白いこと、故事来歴など
たくさん教えてくれたんだろうけど、
残念ながら、その後は翻訳不能、理解不能、判別不能でした。

  
でも、オジサンの熱い想いは届きましたよ。
       

      
             
Dsc_0888

    
それにしても、この青いTシャツのオジサンがだんだん孫悟空に見えてくるから不思議なんだよねぇ。

もしかして、彼も分身だったりして!?

  

Dsc_0946     

Dsc_0879
おっと、もうひとりのオジサンも関帝のような神様に見えたッ
        

Dsc_0881
     

やっぱりこのお寺のご本尊は、菩薩様と観音様だった。
悟空がちゃんと守ってくれてるんだね。

     
    
Dsc_0897
      
  
Dsc_0931       

        
お寺を去る時、オジサンは、僕が見えなくなるまで、
本堂の外からいつまでも手を振って見送ってくれた。

  
Dsc_0952
       
      

南部台湾の人って、ほんとうに親切なんだ。
    

悟空さん、イヤ間違った。 おじさ~ん、ありがと~~う。
   

また来ます。再見!

      

       

んッ?? それにしても、あの二人
本当に神様の化身だったのかも知れないぞ???        
            

2011.09.11

古都恋情(その8)

(前回より続く)

         
台南が古都であることの証左のひとつに
寺廟が多いことが挙げられる。

   
Dsc_6763
街の中心にある武廟  朱赤の壁が一際映える
  
Dsc_8420     
Dsc_7021
後方の扁額「大丈夫」は台湾4大扁額のひとつ。「人倫之至」も台湾を代表する名額でこれを観るたび、パワーをもらう。
   
             
       
僕が戌(イヌ)年だからじゃあるまいが、
ホテルの周りでもちょっと歩くとすぐにお寺に突き当たる。

    
      
Dsc_6808
   
Dsc_6838
“台湾精神”の拠りどころ
   
Dsc_6824
あの世でもご先祖様がお金に困りませんように・・・
   
Dsc_6867
お賽銭を上げて、「平安米」を一袋頂いて帰り、家で一緒に炊いて食べる。厄除け・お守りの意味があるらしい。昔は貴重だったお米を大切にする土地柄からか。 

          

お寺と言っても、立派な構えをしている寺社もあれば
アーケードの一角にポツリと仏壇のように祠が建っているものまで様々だ。

  
Dsc_8430
とにかく数十メートルおきにお寺があるような感じ
   
Dsc_8421
簡素だけど台湾らしいお供え物
   
Dsc_6856
大きな寺廟にもなると、こんなお供え物も
    

Dsc_0012       土地の収穫物は、何よりの宝

       
     

それにしても、台南の人の信心深さは並大抵のものじゃないことは、すぐに分かった。

   
Dsc_6876
媽祖像に心を込めて祈る
  
 

今、日本でも仏像や仏画などが、一部の若い人たちの間で密かにブームになっていると聞く。

   
Dsc_6772_2      若い人もお寺の門前に差し掛かると、ちゃんと拝んでいく

       
    

僕も一時期、中国道教や中国仏教に興味を持ったことがあり、
いろいろ知識を仕入れたことがあったが、
また時間が出来たら改めて学び直してみたい、
そう思わせる古都の情景だった。

   
     
Dsc_7088
順風耳将軍   神様もピアスしてたんだ
  

  
台南には、また孔子廟もある。
     

Dsc_0661
Dsc_0673
「聖域」って、ここから来た言葉だったのか

   
     

歴史と習慣、そして精神性が、今も台南人の生活に深く根を下ろしている。
         
   
どこの国もそれぞれに素晴らしい伝統と文化を持っている。

     
   

Dsc_7034       武廟の門前で芳香漂う花を売る老婆

      
    
Dsc_8413_2   
            

2011.09.09

古都恋情(その7)

(前回より続く)

       
七股塩山

台南の中心街からどのくらい車で走っただろうか、
ここならではの様々な施設や風景を見ながら車で進む。

     
郊外に出ると道の両側は池だらけ。

  
Dsc_8339
これはきっとサバヒの養殖場に違いない。 サバヒについては後日紹介する
      
Dsc_8279
台南科学技術工業区  ここもビジネスで訪れたエリア
   
Dsc_8273
かつて中国大陸と緊張状態にあったころ、宣伝放送をしていたという電波塔群
   
Dsc_8290
台湾最大の津波の実験場がある大学施設だそうだ
   
Dsc_8264
外気はとにかく暑い。揺れる蜃気楼が蒸し暑さを増幅させる

         
 

たどり着いたところは、七股(チーグー)と呼ばれ、
つい2002年まで台湾最大の塩田で栄えた町である。

  
Dsc_8363
   
      
今はほとんどが輸入で占められるようになり、
台湾ではコスト高が原因で、塩は生産されなくなったらしい。

    

Dsc_8400
台南県と台南市が合併して、今は台南市になっている。   

       

ここ七股も「塩の博物館」などが建設され、
ちょっとしたテーマパークのようになっており、往時を忍ぶことができる。

   
Dsc_8351
塩で出来た高さ20メートルの塩の山がそびえている。
そこにある以上、登らなければ・・・。気温は35℃にも達しようというのに

 
        

車から降りて外へ一歩出ると、その異様ほどの暑さに加え、
とにかく直射日光が強くてかなわなかった。

    
Dsc_8372
  
Dsc_8382      
Dsc_8396

     

一面に広がる塩の結晶の白さが反射して
まぶしくて目も開けていられない。

    
Dsc_8405
塩山の頂きから見た景色

     

まさに“塩々と”広がる海抜ゼロメートルの土地。   

   
Dsc_8413
右奥に立つのが塩の博物館
   
Dsc_8415

   
     

そうか日照が強くて雨が少ないから製塩に向いているのか!
     

なんて小学生レベルの発見をする。
     

       
Dsc_8423
    
Dsc_8465
往時の塩田を再現するコーナー

Dsc_8483

    

    

名物「塩アイスキャンデー」。

  
Dsc_8433

      
明確な塩味がするわけではないが、
甘くなくサッパリしていて、意外にいける。

      
     
ここにしばらくいるだけで、
なんとなく血圧が10くらい上がった気分だった。

  
     
Dsc_8472
塩塊で作った塑像
                 

2011.09.07

古都恋情(その6)

(前回より続く)

                
徳記洋行
    
オランダ、鄭氏、清朝と台湾の統治が移る中、
清朝の力が衰えるとアヘン戦争を機に勢力を拡大させたイギリスが、門戸開放(開港)を台湾にも迫ったのである。

      
Dsc_7521
   

ここ徳記洋行は、1867年に安平に最も早く進出したイギリス商社の一つで、海路を通じて、台湾茶の輸出や保険業務で莫大な利益を上げたのだという。
       

  
Dsc_7286 

     

その建物が今、史料館として保存されている。
   
      
Dsc_7479       

      

いにしえの海外交易の繁栄ぶり、華やかさが時を超えて僕の心の奥にもビンビンと響き伝わってくる。

      

Dsc_7474     神戸や長崎の洋館を思い起こさせる

    
           

国際ビジネスのプロデュースを、
ここ台南の地で行っているのも何かの縁があるのかな。

    
Dsc_7512        
       

エネルギー・フルチャージ!! 
                   

2011.09.05

古都恋情(その5)

(前回より続く)
     

安平樹屋
      
安平(台南市安平区)の街道には、枝から長いひげのような褐色の気根が垂れ下がるガジュマルの樹があちこちに目について、いかにも南方に来た感覚を呼び覚ましてくれる。

 
Dsc_0430

   

ここに安平樹屋と呼ばれる摩訶不思議な建物がある。    
   
Dsc_7281

    

廃墟になった倉庫らしき建物とガジュマルの樹が異様に絡み合って
一心同体のようになっている。

   

Dsc_7308   
Dsc_7328
           
Dsc_7322

          
      

以前、カンボジアのアンコールワット遺跡群のひとつの
タ・プローム」と呼ばれる寺院に行ったことがあって
同じくガジュマルに絡まりあった遺跡の神秘的な姿に驚いた記憶がある。
   

Dsc_2311
カンボジア・タプローム 2006年9月撮影
   
Dsc_2420     タプローム遺跡で  2006年9月撮影  

     

     

壁を這い、塀や屋根を突き破っている様子は、
あたかもシュールな前衛芸術を鑑賞しているようにも思えてくる。

    
また、自然の力を見せつけられるし、時の経過の妙を体感できるしで
やっぱり僕にとってのパワースポットだろうか。
       

       
Dsc_7367
   
Dsc_7410
屋根の上にもこんなに

Dsc_7349_2

    
  
幻想的なアニメなんかに出てくるみたいで、
今にもこの無数の枝が動き出しそうな雰囲気を漂わせている。

      
Dsc_7452
   
            
       
ここでもまた時間切れで、全部を観きれなかった。
     
    

Dsc_7458

       
               

エネルギーチャージ不足。 残念!!
            

2011.09.02

古都恋情(その4)

(前回より続く)
       
   

延平老街
       
 
先回の安平古堡からほどなく、
安平の中心街に一際賑やかな通りにさしかかるが、
ここが延平老街といってオランダが最初に造った店舗道で
「開台第一街」とも称され、台湾で最初の街路とも言われている。

   
Dsc_7612
         
Dsc_7629
     

ショッピング好きにはたまらないであろう、
お土産屋や日用雑貨店が今でも軒を連ね、
週末ともなると観光客・買い物客でごった返すのだそうだ。

   
Dsc_0134
   
Dsc_0127
ここが海の近くだってことを改めて知る
    
Dsc_0122
こんな感じのモノ好きな子たちいるよね
   
Dsc_0132
パロディー商品出てました

        

路地裏学派の僕としては、ぜひディープな探検をしたかったのだが、
残念ながら、お仕事あって、ほんの街道口をちょっとのぞいてみただけのご挨拶程度だった。

        
Dsc_0156
   
Dsc_0302
1・2・3・・・・  ん? ん、ん、ん???
   
Dsc_7625
台南にも「デンデン太鼓」があるんだ
   
Dsc_7620

     

ここでは時間切れで、エネルギーチャージ無し。 無念!!

   

Dsc_7609    
Dsc_0111_2
            

2011.09.01

古都恋情(その3)

(前回より続く)

          
赤崁楼だけでなく、台南には
約300年前までタイムスリップ出来る史跡があちらこちらに点在している。

    

まるで町全体が歴史文物館のよう。
   

いつかプライベートで、ぜひじっくり散策したい街なのだ。

   

それぞれ駆け足でプロジェクトのメンバーと一緒に訪ねた史跡を解説していたら、ガイドブックになってしまいそうなので、数枚の画像とコメントを加えてみますね。

     

    
安平古堡(こほ)

安平(アンピン)という地区に、1934年にオランダ人によって建てられた台湾最古の城塁だ。

     
Dsc_0539
   
Dsc_0468
    

ゼーランディア城(熱蘭遮城)とも呼ばれていたそうだ。

   

オランダにはゼーラント州ってあったよね。

   

解説によると、
ニュージーランドも最初に発見したのはイギリスではなく、オランダ人だったそうで、
「ノヴァ・ゼーラント(新しいゼーラント)」と名付けたところから、
のちの英語のニュージーランドとなったそうである。(「台南」日経BP企画より)

     

    
この史跡も那覇の首里城のように、
僕にとってはパワースポット。

   
Dsc_0419    
Dsc_0425

   

日本統治時代に、残った城壁もほとんど取り壊されてしまった。

    
Dsc_0497
   
Dsc_7541
ここにも“あのお方”がいらっしゃった

   

   
でも、時代を超えてこの地に存在し続ける、秘めたパワーを
足全体を通じて大地から、
手のひら全体を通じて触れた史跡の遺物から
エネルギーをチャージしている感覚なのだ。

  
Dsc_0438
        

でも夕暮れ間近かとはいえ、外気温は32℃を超え蒸し暑いんだけどね。
        

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば