2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その5) | トップページ | 古都恋情(その1) »

2011.08.27

心頭滅却の志

       
2ヶ月ぶりの京都。

   
Dsc_1685

    
    
盆地京都の夏の暑さは、つとに有名だが、
そういうもんだと覚悟が決まると、天候を恨めしく思うこともない。

    

Dsc_9367

   
Dsc_8828
汗がにじむほどの蒸し暑さだが、凛として美しいカップルだった

   
Dsc_1690
鴨川にかかる四条大橋も、そよぐ柳を通してみると涼味新らたに
     

       

僕は、知恵を働かせて涼を採る夏の京都が好きだ。

          
     
Dsc_1548     
Dsc_9212
   
Dsc_9437       
    

今年は節電が最大の関心事になっているだけに
いまこそ千年古都の心に学びたい。
  
そして世界に伝えたい。

    

Dsc_2252     

     
アツいと言えば、
今回出会った20社を超える皆さんの熱い想いには参ってしまい、
熱中症になりそうな有様だった。

   
Dsc_1574
僕が好きな言霊  五花街(ごかがい)のひとつ宮川町で

        
       
外人観光客も少しばかり回復傾向にあり、
This is ニッポンを売る!京都の元気人たちも動き始めたゾ。

   
Dsc_9329

    
   
関西に通い始めて、はや一年半が過ぎようとしているが
歴史が深い分だけ、まだまだ理解が足りないと痛切に感じる。

    
Dsc_2046
万願寺・伏見とうがらし、賀茂ナス、枝豆…夏の膳を彩る京野菜が並ぶ

      

Dsc_1648         
Dsc_1641

   
  

知識だけではだめ。
暑いさ中でも涼しいと感じきれる心にならなくては…。

      
Dsc_1486       

« 名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その5) | トップページ | 古都恋情(その1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/52575895

この記事へのトラックバック一覧です: 心頭滅却の志:

« 名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その5) | トップページ | 古都恋情(その1) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば