2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 富良野ふたたび(その3) | トップページ | 名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その1) »

2011.07.17

富良野ふたたび(その4) そして暑中お見舞い

(前回より続く)
         
        
    
新富良野プリンスホテルに併設されている「風のガーデン」。
      

       
Dsc_7548

        
   
2008年にフジテレビで放映された倉本聰脚本のドラマ撮影のために2年をかけて設えられた舞台である。

    
Dsc_7615
    

緒形拳さんのテレビドラマの遺作としても知られている。

   

心ときめかす涼風に誘われて、ひとり、
部屋を飛び出して散策してみた。

         

        
Dsc_7605      

     

猛暑が続く列島の読者の皆さんへ、
少しでも草の香りと涼を感じてもらえるよう
この爽やかな風の便りをお届けします。    

    

Dsc_7505
    
Dsc_7519
   
心地よく乾いたマイナスイオンいっぱいの爽やかな風が、頬を撫でているのをイメージしてみてくださいね。

 
Dsc_7360    
Dsc_7420
   
Dsc_7282
   
     
富良野の方に聞くと、この涼しさが当たり前なのだと言う。
まさに当たり前なんだろうけど、これこそ地域資源というものなんだよね。

    
Dsc_7618         
Dsc_7266
   
Dsc_7496     
Dsc_7481

     
      
暑中お見舞い申し上げます

   
   
Dsc_7541

    
   
いつもブログにお立ち寄り頂き
心から感謝申し上げます。

     
   
Dsc_7567
       

Dsc_7313      

 
とっても楽しい時も、どんなに辛い時も、なんたって体が一番。

くれぐれもお体には、ご自愛ください。

    
Dsc_7505_2
  
Dsc_7414

     
    
次回から、また海外からのアツい話題をお届けします。
                                 (シリーズ終わり)

  

        Dsc_7266_2
   
Dsc_7206
     

« 富良野ふたたび(その3) | トップページ | 名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/52228381

この記事へのトラックバック一覧です: 富良野ふたたび(その4) そして暑中お見舞い:

« 富良野ふたたび(その3) | トップページ | 名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その1) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば