2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その1) | トップページ | 名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その3) »

2011.07.21

名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その2)

(前回から続く)

    
まずは、さっそくマンゴー園を訪ねる。

      
      

「おぉ~いッ!!  ○*▲!」

         
Dsc_1212

       
       
知人の社長が取引先と思われる園主の名前を何度も呼ぶが、反応がない。

    
Dsc_1253
車も収穫したてのマンゴーもあるのに返事がない

    
    

「まっ、いいか。」

     
    
勝手にマンゴー園の中に入り、見学させていただく。

    

Dsc_1216

    

見渡す限りのすっごい広さの圃場に、マンゴーの樹がぎっしりと植えられている。

     

Dsc_1311
まだ若い実

   

    
マンゴーの樹ってどんな形をしていて、果実は一本の弦(つる)にブラリとぶら下がって結実するものということくらいは、タイやバリ島などで野生の木として見たことがあるから知ってはいたが、こんな果樹園に仕立てられた群生マンゴーを観るのは初めてだ。

   
Dsc_1221

    

そのすべての実に、ひとつひとつ袋がかけてある。

   
Dsc_8841
山一面マンゴーの樹でギッシリ

  
   

見るからに手間がかかっていると実感。

      
Dsc_1299
失敬してひとつだけ袋を外させてもらった

   

    
台湾で栽培されているマンゴーのほとんどが、
アップルマンゴーと呼ばれるアーウィン(愛文)種で、
宮崎の太陽のたまごや沖縄宮古島などで栽培されているものと同種である。

   
Dsc_1257
真っ赤に熟れていて、甘さが表面に滲み出ているかのよう

     
     
他に、フィリピンで多く栽培されている黄色いペリカンマンゴーは
この農園では見ることはなかった。

     

   
一部の促成ハウス栽培を除いて、すべて路地。

   
Dsc_8758

  
   
そうだ、ここは北回帰線より南に位置する亜熱帯だった。

     

ちょうど夏至も過ぎた時で、
昼の太陽が頭の真上から容赦なく陽光を浴びせてくるんだ。

    
Dsc_8822
      
      

この日は明るい曇り空だったが、それでも強烈な蒸し暑さは日本でも考えられない。

  
Dsc_8847       
     
                
とにかく眼前の山間部一杯に広がるマンゴーの樹を観たときは、思わず息を呑んでしまった。

   
さすがマンゴーの里として超有名な玉井郷である。

     
        
Dsc_8850

      
    

「さあ、お次は集荷市場を案内しましょう。」

    
      
なんということもなく、くだんの社長がマンゴー園を背にして車を走らせた。
                                 (次回に続く)

    
Dsc_8831             

« 名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その1) | トップページ | 名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/52247597

この記事へのトラックバック一覧です: 名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その2):

« 名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その1) | トップページ | 名産地で浴びるほどマンゴーを頬張った日(その3) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば