2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 今まで以上に動けっ!(番外編) | トップページ | サクラと人出(その2) »

2011.05.07

サクラと人出(その1)

      
(先回から続かない)

ップが滞ってしまい、申し訳ありませんでした。

         
ゴールデンウィークも終盤、皆さんはいかがお過ごしですか?

    

    
経済紙を見ると、GWの観光地が意外に活況を呈しているという記事を発見して、とてもホッとしている。近場で値ごろ感のあるレジャーに観光客が「押し寄せて」いるらしい。

   

上野動物園や八景島、長崎ハウステンボス、三重ナガシマリゾートなどが好調だとか。

        
広報活動やマスコミを通じて、自粛・萎縮から行動へシフトに切り替わっている兆しかもしれない。

         
         
振り返ってみると、
つい先日まで信じられない観光地での光景を目にしていたから。

    
       
     

・・・去ることひと月前の4月13日。

春の最大の観光地・京都に出張した時のこと。

      
       
3月12日に九州新幹線が開通したが、
「さくら」という名の新幹線があることを知らなかった。

     
     
京都駅に着く。

        

毎年、サクラの季節に仕事で京都に出張に来る時は、結構ストレスになる。
     

何しろ、人出が物凄く、交通機関からホテル、飲食店までとにかく街中がごった返す。

     
     

一年前の3月末もそうだった・・・。

                                      (次回に続く)

« 今まで以上に動けっ!(番外編) | トップページ | サクラと人出(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サクラと人出(その1):

« 今まで以上に動けっ!(番外編) | トップページ | サクラと人出(その2) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば