2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ザワワ ザワワ (その4) | トップページ | 災害お見舞い »

2011.03.06

シャトルになる

                   
沖縄から帰還してのち、この2週間、
サトウキビの話題をアップしていたが、
その間、少しばかりハードな国内移動にいそしんでました。

    

金沢-佐賀-埼玉-八代-松江-北九州
東京-大津-東京-福岡-千葉-米子
   
         

と、こうして振り返ってみると、
えらく移動していることに気がついた。

       
基本的には日帰りコースだから結構ハードだ。

   
    
西と東を、織機のシャトルのように行き来しているのが判る。
     

     
Dsc_8757
残雪の金沢・兼六園

    
   
まとめて滞在すればよいものだが、
それぞれに事情があるから、そうもいかないのが現実なのだ。

 
     
Dscn6606
緊急対策で農水省主催の輸出商談会には、アジアの主要バイヤーが東京で一堂に介し、全国から売り込む事業者が長い列をなした
   
Dscn6547
中国向け100万トン事業の影響か、コメ輸出指向に弾みがついた!?

          

衣食住プロジェクトあり、ハイテク機器あり。
企画会議あり、ビジネス支援あり。
商談会あり、講演ありでこれ以上の発想転換、経験値向上が適う環境はないはず。

   
悲しいのは、もう少し頭と体が冴えていてくれればありがたいのだが・・・。

   

Dscn6142
大津から観た琵琶湖遠景
   
Dscn6292
やっぱり外来種の到来は日本の生態系を乱すのか 

    
      
初めての出会いも多いが、何度目かの訪問も多く、
各地で知己の皆さんが、てぐすね引いて待っていてくれる。
     
       

この時期、これからの地域戦略や事業戦略を練る会議が多いが、どこも熱心な議論が交わされて、たいへん刺激的である。

   

そこでは理論を振り回したり、どこかと同じ提案なんかしたって、まるで意味が無い。

    
地域ごと、事業者ごとに動機や背景が違うからである。
            
いつも気を緩めるわけにはいかないのだ。
    

    

Dsc_9237
島根県・松江城に行ってみたら、韓国からのツアー客で一杯なのに驚いた。
昨年から始まった境港受けの山陰クルーズが人気なのだとか。

   
     

必ずその地域の元気な皆さんと一緒になって
個性あるアクションプランをひねり出す。
否、ひねり出して頂く。

         

出なければ、出るまで走りながら考える。
    

人と同じことは原則的に考えない、やらない。
     

規格化された支援なら、僕でなくてもよいはず。

     

とは言え、ご他聞に漏れず厳しい現実との闘いだ。

    

     
最近、ようやく、
「目からウロコが落ちました。」
と、相談される方からのリアクションが増えてきた。
   

僕にとって一番嬉しい評点である。

   

    
     
でも、内外の経営環境はますます混迷している。

       

定まらない政策、天変地異、世界経済・社会の流動化、多極化する国家間の紛争多発、IT化とグローバル化の功罪、止まらないデフレと資源高騰…。
     

数え上げたらきりが無い。

     

   
Dscn8251
この世は今、妖怪だらけ。 鳥取県境港 水木しげるロード

  
Dscn7849
   

Dscn7945

     

     

僕は、巡航軌道状態より混迷の時代ほどファイトが沸くタイプだと自認しているが、いくらなんでも不安定要因が一気に到来した。
     

       
Dscn7861      

     
それでも、北海道から沖縄まで、
元気な挑戦者たちが活発な活動をあちこちで始めているのに触れるにつけ、実に頼もしく、明るい未来を予感させられる。

    
     

超えるべきハードルが高いからこそ、
 結果やゴールが見えないからこそ、
  チャレンジする価値がある
。」
                
答えは探すもんじゃなく、創るもの。」という
    

僕の主張にも耳を傾けてくれる、横並びや組織の常識から離れた「変わり者」が現れている。

     
     
    
答え探しが上手な優等生タイプには見られない、
行動派、実践派の志士たちが増えている。
    

生産者にも、経営者にも、支援者にも、女性にも、

      

        
わが国を取り巻く内外の事態は、すでに取り返しのつかないレベルにまで達しようというほど深刻さを増しているが、ミクロでは、路地裏では、地方では復活の芽も生まれているぞ。

    

Dscn7476
3月の桃の節句というのに、大降りの雪に見舞われた  鳥取県米子で

    

     
今月は、ほとんど連続して海外へ出張する予定だ。
     

つくづくジッとしていられない種族なのだろう。

         

訪問地も南欧を含むハードなものばかりなので、アグレッシブな皆さんとワクワクしながら緊張感も高めて取り組みたい。

     
   

明日から日本脱出なので、
またエントリのアップが滞りますが、しばらくお待ち願います。
      

« ザワワ ザワワ (その4) | トップページ | 災害お見舞い »

コメント

相変わらず、特にこの時期の『殺人的スケジュール』には驚きを通り越し【敬】の気持ちさえ芽生えます。少し事案が重なるだけで「ヒィ―ヒィー」言っている自分が恥ずかしくもあります。

今月の小さな小さな勉強会では、どうぞ海外の空気感が感じられる話を期待しています。また、こちらは、そういう時期に話が聞けることの【幸運】を噛みしめたいと思います。

そうは言うものの、どうぞお体だけはご自愛くださいね。

三方よしさん コメントありがとうございます。いえいえ、貴殿のご苦労と変わりません。むしろ支援を求めてくださる各地の皆さんに心から感謝ですよね。来週の講演会は、新しい出会いも含めて楽しみにしております。よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/51043259

この記事へのトラックバック一覧です: シャトルになる:

« ザワワ ザワワ (その4) | トップページ | 災害お見舞い »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば