2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 今年はナニ年? | トップページ | 北海LIVE »

2011.01.11

“111111111”

          
昨夜、中国の友人からメールが届き、
     
明日は2011年1月11日だよ。知ってた?
きっといい日(好日子)になるんだよ
。」と。

        
       
この人、最近マカオのカジノに凝ってるから、
こんなこと言ってんだろうとその時は微笑ましく過ごした。

    
Dsc_6064_2
マカオの老舗カジノ“リスボア” 2010年2月撮影 以下同様

    
        
     
が、良く考えてみれば、確かに1が沢山並ぶゾロ目である。

     

朝起きて、ヨシッ!と考え直し、
     
外出中ではあったが、
午前11時11分に1分間、独り黙祷し、
心の中のデジタル時計を11年1月11日11時11分
「9個の1」を思い浮かべて、
自分のすべての思いをリセットするイメージをした。

   

    
Dsc_5505
マカオでも旧正月には信心深い市民がたくさん初詣にやってくる

    

   

自分が根本的に変わらなければならない。
そのために一度すべてをリセットしよう
。」

   

そう心に決めた。

     

   
Dsc_5402
マカオのあちこちの寺院で爆竹を鳴らしている
   
Dsc_5304     謹賀新年(恭喜發財)  達筆だな

     

      

おりしも昨日は成人の日

   

二十歳の青年たちの門出を祝う日である。

      
    
その彼らが生まれたおよそ20年前の1990年10月は、
東西ドイツが再統一された年
である。

     

     
ソ連が崩壊し、中国が事実上の市場経済に変わり、
ほとんどの東側諸国も体制を変えた。

    

当時、資本主義陣営は、その正当性が証明されたと歓喜に沸いた。

     

長い冷戦の終結であり、勝利であった、

はずである…。

   

Dsc_5547
マカオにも願掛け絵馬があったんだ!  

       

    
しかし、あれから20年

     

そのたった20年間で、ロシアも中国も問題をはらみながらも、あの途方もなく広くて複雑な国が短期間で社会体制変革と経済建設を進め、今や世界の最前列に立とうとしている。

   

Dsc_5335        商売繁盛!(生意興隆)

         
              

一方、日米欧はその後どうなったか?

        

中でもわが国は、失われた10年ならぬ
失われた20年」という嬉しくない形容詞に置き換えられようとしている。

         
    
同じく危機に瀕しているアメリカやヨーロッパからは
日本に学べ!」と叫ばれているそうだ。

       

かつての LOOK EAST とは逆に、
日本のように絶対になってはならない
という意味での反面教師としてである。

      

Dsc_5802
正月2日前後はプレゼントを持って親類や知人を訪ねる御年始の習慣がある。
果物セット(生果藍)は定番。これから日本産の高級フルーツも可能性ありかも…。

        

     
確かに、この間、
日本人だって政治・経済・社会変革にも苦闘し、奮闘した。

       
しかし、大胆そうに見えて、実は深部にまで届かず
表層だけを行ったり来たりするKAIRYO、KAIZEN風であったと
結果的に言わざるを得ないだろう。理由を挙げればきりがない。

          
リーダーシップの欠如もよく言われることではあるが、
僕はやはり「まず自分がもっともっと変わること」だと考える。

    

        
僕は通商関連ビジネスの支援サポートを本業としてはいるが、
必ずしもグローバル化の進展を唯一絶対視している訳でもない。

      
      
わが国日本は、戦後いち早く高度成長を達成して、
世界でも比類なきほど豊かな社会を実現した素晴らしい国であり、
国民的な合意があれば、日本一国だけだと嘲笑されてでも、経済成長路線を放棄して、真の豊かで、恵まれた自然と人間が平和に調和する新たな価値観を時間をかけてでも世界に発信することだってアリだと僕は考えている。

     

Dsc_5307
マカオにも随分日本レストランが増えた

            

いずれにしても、
今のような極めて中途半端な海図なき彷徨が最もまずい。
        

日本だけでなく、世界にとってももったいないからだ。

      
     

まずはこれから10ヶ月間、
生まれ変わったつもりで、僕もあれこれチャレンジしてみよう

     
    
なぜ10ヶ月かって?

   

     
そう、11月11日に、
もう一度このゾロ目がやってくるからなのさ!

   
Dsc_5372     マカオの路地裏   今年は健康のためにも路地裏散策を増やそう!
      

« 今年はナニ年? | トップページ | 北海LIVE »

コメント

「リーダーシップの欠如もよく言われることではあるが、僕はやはり「まず自分がもっともっと変わること」だと考える。」

ホントそうですね。
ついつい政治家や世の中を批評・批判しがちですが、個人個人が自覚と責任を持って行動していくところからですね。
ブログを拝見し、気が引き締まりました!
ありがとうございますー
私も新たなスタートとして、動いていきたいと思います!
まずは10ヶ月間を目標に。w


ちなみにワタクシ、'11年1月11日で一つ年をとりました(笑)

AYAさんコメントありがとう。お誕生日だったんですね。おめでとう! 今年も一緒に面白いことしましょ。お互い発信も重要だけど、数年に一度は受信の期間も必要かもしれませんね。僕は脳みそがコツソソーソーだけど、AYAさんは柔らかいスポンジだからまだまだ吸収してくださいよ。アドベンチャーしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/50560837

この記事へのトラックバック一覧です: “111111111”:

« 今年はナニ年? | トップページ | 北海LIVE »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば