2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | “111111111” »

2011.01.04

今年はナニ年?

        
ズ~ンと響く腰の痛みを気にしつつ、
屠蘇気分で正月3日を迎えている。

     

そう言えば、今年はナニ年だったっけ??

  

    
子供でも知ってる。卯年(うさぎどし)だよね。

           

兔年だから、ウサギの写真を・・・、っと、

    

ないッ!、 ウサギの写真なんか、撮ったことない。

   

    
ってんで、これ。

    

Dsc_9883      台北・和平路の路地裏で        

       

耳は長くないし、眼だって赤くない。

          

誰が見たって、猫の写真である。

   
           
   
別に僕は猫好きな訳じゃない。

  
      

何故???

      

確か、ベトナムやカンボジアでは、
ウサギ年がなくて、代わりにネコ年だって聞いたことがある。

     
     
Dsc_1929
ベトナム・ホーチミンの食堂で

       

   
と、いうことは、彼の地では今年はネコ年ってことになる。

       

きっと何か由来か言い伝えがあるに違いない。

     
     
     
今年は、また機会があったら、
ベトナムやインドシナの国に行ってみたい。

  
          
Dsc_5375
ベトナム・ベンタイン市場の周辺にて

      

行ったら、必ず今年はナニ年ですか?って聞いてみよう。

     

     
         
もっとも日本だって
十二支の最後はイノシシ年ってことになっているが、
中国をはじめ、韓国もベトナムなども
他の国はほとんどがブタ年である。

   
Dsc_3251
鹿児島県霧島市和気神社の珍しい「白イノシシ」

       

       
十二支が伝わった頃の日本には、
ブタという家畜は馴染みがなかったのだろうか?

     
      
ここにも当たり前と思っていたことが、
意外にも海外では微妙に違っていることがわかって面白い。

      

     

違いがあっても、互いに認め合えればそれで良いと思う。

      

Dsc_7862
最近アジアのあちこちで招き猫を見かける  -香港
          
          

« 謹賀新年 | トップページ | “111111111” »

コメント

遅くなりましたが,あけましておめでとうございます。
腰の具合はいかがでしょうか?
今年は猫のごとく,目標に向かって,猫足で忍び寄り,ガツンと掴み取るような年になりますように。
(普通はウサギのように飛躍というのでしょうが)

ともっちゃさん あけましておめでとうございます
昨年はまた縁あって、いろいろお世話になりました。感謝しています。和気神社も一見地味ながら、とても印象に残っています。ともっちゃさんのおかげで鹿児島という地域の奥の深さに、益々引き込まれています。今年もよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます。
また、今年も一年お世話になります。

ぜひまたいろいろなお話を聞かせてください。
楽しみにしています!

『がんばります!みやざき!』

まごころ庵さん 
あけましておめでとうございます

宮崎の元気つくりのために粉骨砕身されている姿に学んでいます。また海外販売ではリーダー的存在でもあります。地域のため、農業のため、ニッポンのために今年もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/50486150

この記事へのトラックバック一覧です: 今年はナニ年?:

« 謹賀新年 | トップページ | “111111111” »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば