2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 大地のキャンパスに立って(その5) | トップページ | Hong Kong だより »

2010.09.09

南の大地を駆け巡る

       
北海道のへそを自認する富良野から帰還して翌々日。

    

今度は、九州のへそである熊本県を延べ3日間かけて
縦断・横断した。

   

Dsc_8007

    
   
まだ、北の大地の印象覚めやらない時分だったが、
それだけに大九州の山河を目前にして、

      
南の大地もすごかぁ~っ!!

   

    
Dsc_8028       

      
3日間で10ヶ所の農業生産者、農業・畜産団体、市町村などを訪問して、現地で生の声を収集だ。

     

    
海外販路開拓(輸出)、農商工連携、商品開発など
地域農業に関する様々な課題について情報交換・意見交換を行った。

    
Dsc_8220

          

     
和牛、豚肉、コメ、甘藷、ユズ、シソ、果樹、菌茸類など
さすが九州熊本、多様な産物が目白押しだ。

     

Dsc_7941     鮮やかな赤色が印象的な熊本かんしょ

      

       
熊本は、またの名を「火の国」と称するが、
暑いのは気候だけでなく、人の心がヤケドしそうに熱々なのだ。

    

   
Dsc_7969

             
       

とにかく何処へ訪ねても、熱っぽく語る方ばかり。
   

     

Dsc_7866
来年の九州新幹線開業に向けて、今、熊本は燃えている・・・

    
   

青年、ベテラン、年配、女性、辣腕経営者、革新的公務員様々あれど、共通するのは、皆プロフェッショナルな経験と高い志を持っていること。

   
   

こちらが後ずさりしそうなくらいの情熱をぶつけてきてくださる。

   
    
今、熊本県人が熱い…。

     

      
ある町では、地域のお年寄りが集まって始めた事業が
とんでもなく大きく膨らんでいる。

  

Dsc_8288
元気おばあちゃんたちがこさえた(作った)味噌漬け(奥)
ミョウガ葉で包んだ大福もち(
手前)。 美味しかったぁ~。

        
     

そして、そのおばあちゃんたちの夢が海外に売り込みに行きたい
ということ。
     

あと10年若かったら良かったとにねぇ・・・。

     
   
ぶ、ぶ、ぶ、ぶっ飛んだ。

   
       

     
畜産と米作二組の若いご夫婦の生産者にも脱帽。

   

カップルどちらも眼がキラキラと輝いている。

    
Dsc_8180
    

僕らの前では、ご主人が熱く未来を語ってくれ、
奥さんが横でニコニコ聞いているが、
もしかすると奥さんも内心は新たなチャレンジに燃えてるかも知れない。
      

だって顔にそう書いてあるもん。

  
Dsc_8193
奥さんが握ってくれたおむすび。塩加減がチョー絶妙。
有機米なのに、味が濃くて甘くてビックリ。スゴい研究実践の成果だ。

     
     
素敵ナイスなご夫婦だった。

     

Dsc_8197
花材用ハナモモの畑。 手入れが行き届いている

     

        
熊本県は、「ニッポンを売る!(海外販路開拓)」行動でも、
全国でもトップクラスを行くエリアだと自信を持って言える。

    

これからは、北も南も目が離せない。

    
Dsc_7998_2            

« 大地のキャンパスに立って(その5) | トップページ | Hong Kong だより »

コメント

先日まで私も韓国のテレビ局の熊本取材で、
熊本県内を縦断・横断しておりました。
「地産地消」がテーマの今回の取材テーマでしたが、
韓国のテレビ局クルーが感じたのは、やはり熊本の
海外販路開拓に対するモチベーションの高さでした。
身近にいると、なかなか気付けないものでしたが、
今回の取材に同行して、私も熊本の“ニッポンを売る”姿勢に
熱い思いが沸いてきました!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南の大地を駆け巡る:

« 大地のキャンパスに立って(その5) | トップページ | Hong Kong だより »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば