2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 大地のキャンバスに立って(その3) | トップページ | 大地のキャンパスに立って(その5) »

2010.09.04

大地のキャンパスに立って(その4)

                             
ひと集まるところ、そこには旨いものあり。

     

富良野料理の「くまげら」さんに案内していただいた。

  
Dsc_5928

         

ここは知る人ぞ知る地元の名店で、
ドラマ「北の国から」にも登場している。

    

著名人や文化芸能人も良く訪れるということで
最近は、韓国現代グループの総帥や台湾副総統の奥様がお忍びで訪れたなど枚挙に暇がない。

       
Dsc_5836
当店特製“チーズ豆腐” 確かにチーズでもあり豆腐でもあり。
製法は秘伝。

   
      

僕をご案内いただいた方が、お店の御ひいき筋だったので
夜の忙しい時間だったにもかかわらず、最後までご主人にお付き合いいただいて、楽しい話が延々と弾んだ。
      

       
最近は中国からのお客さんが増えましてねえ。
3割から4割ぐらいなんですよ
。」

とご主人が紹介するから、
     

外国人客の中で4割にまでなったんですねえ、などと感心したら、
       

なんと来店客全体の4割というから二度驚いた。

    

Dsc_5846_2
アイヌネギこと 行者にんにくの醤油漬け

   
    

このようなお店だから団体ツアー客なんて当然扱わない。
    

中国人客が自分たちでわざわざ訪ねてやって来るのだ。

    

Dsc_5863

上下はタマネギとニンジンの粕漬け。
歯ごたえと口いっぱいに広がる風味は未体験の味。
野菜に新たな命が吹き込まれる。      
            

Dsc_5864             

             
     

香港や上海のテレビ番組やグルメ・旅行雑誌にも何度も紹介されているのだという。
      

彼らの注文はやはり富良野和牛のすき焼きやしゃぶしゃぶが多く、
客単価でも日本人に負けていないそうだ。

   

ご主人いわく、中国からのお客様が増えることは大歓迎

      

      
Dsc_5894
大皿に盛られたスルメイカの沖漬け。これぞホンモノ!という存在感。
釣り上げられたその場の船上で漬け込まれたというコクと深みが忘れられない

        
      

メニューや名刺も数カ国数種類の外国語版にするほか、
台湾と韓国人の店員を雇用するほどの力の入れよう。

    
Dsc_5886

   

予約を受け付けられずに外に行列が出来るほどの有名店になると
普通、外国人客はお断りする店も多いが、こちらのご当主の発想はまるで反対。次々と新たなアイデアを仕掛けていく。
   

僕は、このご主人の経営着想を多くの中小製造メーカーの経営者にも聞いてもらいたいとすら思った。脱帽だ。

         

Dsc_5874
山ぞく鍋  エゾ鹿肉、鴨、鶏の野趣溢れる滋味を味噌仕立てで頂く。
北海道で味わえる至福の味。入手すれば熊肉も味わえるという。

      

町の景観を守り、自然を尊びながら、世界に情報発信。

    

富良野ブランド、北海道ブランド、ジャパンブランドの真髄を見た思いがした。

     

Dsc_5904
     

町なかに熊が出てきた話しなどを可笑しく紹介するから、
客はその魅力に一気に引き込まれる。
きっとこれも言葉のわからない外人客も含めたコミュニケーションのひとつに違いない。

    

Dsc_5912_4 
当店看板メニューのひとつ。「和牛のさしみ丼」。
富良野牛の刺身がこれでもかと口中でトロけ出し、 悶絶、絶句してしまう芸術品。

    
          

富良野を訪れる多くの観光客が、ホテルも来年のためにと、
リピーターとして一年後の予約をしてしまうほど感激するのと同じく、
ここくまげらのご主人にも、僕は、また来ますから、とつい口走ってしまった。
                                    (次回に続く)

« 大地のキャンバスに立って(その3) | トップページ | 大地のキャンパスに立って(その5) »

コメント

北海道はデッカイどう∞

というわけではありませんが、広大な大地と温かい人々がいるだけで、それそのものが『商品』ですね。そこで、ニッポンを売る!さんに新しい出会いがあるというだけで、こちらもワクワクするのはなぜでしょうか?

それにしても、観光客の40%が中国人とは驚きです。日本への『弾丸ツアー』も流行っているようで、ますますその比率は高まるばかりでしょうね。そういえば、外国人にもB級グルメは人気があるようで、寿司以外のものが認知されるのも時間の問題かもしれませんね。

ところで、こちらも5日朝より韓国へ行ってきます。今度12日に会えるのを楽しみにしています。では(^^

三方よしさん コメントありがとうございました。「新たな出会い」…大切なことですね。商品にも人にも新たな出会いを積極的に求めることで、自分もいい仕事が出来る、と信じています。これからは地方にいても世界の人たちと「出会えること」ができるようになりました。内向きに警戒するか、外向きに受容するかはそれぞれでしょう。韓国行きが実り多いものになることを心から期待しています。ぜひお話聞かせてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/49345192

この記事へのトラックバック一覧です: 大地のキャンパスに立って(その4):

« 大地のキャンバスに立って(その3) | トップページ | 大地のキャンパスに立って(その5) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば