2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 南の大地を駆け巡る | トップページ | 思いを寄せて(その1) »

2010.09.11

Hong Kong だより

     
レ、レ、レ、!?

     
   
気温32℃、湿度90%の香港に着いて
東京より涼しく感じるのは何故?

    

Dsc_0373

   
   
日本の暑さは異常だったんだな、と改めて知る。

  

街の中心街は、
相変わらず中国大陸や東南アジアの観光客で賑わっている。

      
Dsc_9501_2    
     

おりしも、旧暦8月15日(暦では今年は9月22日)の中秋節までまもなくと言う訳で、あちこちで月餅やギフト商品のディスプレイ(飾りつけ)が始まった。

  
Dsc_9123

    
Dsc_9345     
   
一年のうちでも大切な節句のひとつで、
各店舗でもギフト商戦が始まっている。
      
     
Dsc_0552    

   
      
それでは、香港のスナップをご覧いただくことにしよう。

   
   
Dsc_9200
油麻地街市にて

  
Dsc_9351
  

Dsc_9051
またミルク騒動が起きており、日本製の人気再び

   

Dsc_9326
路上での鹹魚(ハムユイ)干し。僕はこの発酵臭がたまらなく好きなんだなあ。

   
Dsc_9366
麥文記麺家のワンタン麺

   
Dsc_0479_2
ipadで新聞を見ながらランチするビジネスマン

  
Dsc_0473
こちらの女性も情報収集しながらのお食事!?  香港人は複眼指向?

    

Dsc_0281
ウォン安韓国の猛攻続く  ニッポンはもっと知恵を働かせてガンバレ!

       
Dsc_0237
せわしない街の一角で、ホッとするスポットを見つけた

      
   

香港って、どこを見回しても興味が尽きない街だよね。

   
    
Dsc_9076         

« 南の大地を駆け巡る | トップページ | 思いを寄せて(その1) »

コメント

じーこむら師匠のブログから、またまたやって参りました。

先月、やっとのことで上海に事務所ができ、これから本格的にアジアでITビジネスを展開します。

第一弾は、大公網(大公報のネット版)の日本語サイトの再構築です!

これからもよろしくお願い致します。

ゆうしすさん ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。上海でのご活躍頼もしいですね。中国大公報の事業とはスゴイですね。かつて香港で大公報と文ワイ報と言えば、制約された中国での貴重な情報源で、学生時代に慣れない中国語に悪戦苦闘しながらむさぼるように読んでいました。今は、ネットで様々な情報に接することが出来るんですね。世界に発信する中国の最前線について、ぜひ教えてください。事業のご発展をお祈りしています。

ニッポンを売るさん
今年はまだまだ残暑がきびしいですね~どうぞお体にはお気をつけください。

香港のスナップ拝見しました。

ちらっと「情熱みやざき 宮崎フェア」ののぼりを見てうれしく思う反面、韓国製品の猛攻にはかなりの危機感を感じます。

もっともっと日本のすばらしい商品、製品が広く海外に広まることを期待しつつ、宮崎県産品PRにがんばりたいと思います!

まごころ庵さん コメントありがとうございます。残暑が続いていますが、お変わりありませんか?さすが観察力日本一のまごころ庵さんです。チラ見の宮崎ののぼりを見つけられましたね。宮崎の常設定番コーナーを置いていただいている百貨店様です。円高直撃にも変わらず、流通・物流関係者の皆さんのご支援で海外でも日本の素材を提供することが出来ています。私たちサプライヤーも円高を弁解にせずたゆまぬ努力と改善で、香港を舞台に韓国やアメリカ、中国などとの国際試合をフェアに闘いたいと意気込んでいます。ぜひまごころ庵さんの一層のお力添えをお願いいたします。向寒の季節、お忙しくなると思いますが、またぜひご一緒させてください。新物の美味しい製品も楽しみにしていますよ。

ニッポンを売るさん、いつもお世話になってます。香港のスナップを見て、8月の香港を思い出してます。またニッポンを売るさんの後ろをついて、一緒に写真撮影をしたいですcamera
皆、香港での経験を生かすべく、帰国後もがんばっています。ニッポンを売るさんも、移動が多く大変でしょうが、お体ご自愛くださいませ。shine

takamineさん コメントありがとうございます。先月の香港思い出しますね。takamineさんの強力なサポートの結果、この円高にもかかわらず、目を見張るような商談が成立しました。当事者のFさん母娘の決断と頑張りやOさんの奥さんも併せ、女性パワーの実力と魅力について改めて認識を深めました。takamineさんも日本を代表する若きマーケティング・ディレクターとして、これからの活躍を期待しています。今回、一眼レフカメラを持ってきてくれたことを、とっても嬉しく感じています。僕もAYAさんほどではないけれど、ファインダーを通して各地の変化や事物の動きを集中して観察して、脳みそを意識的に回転させてるつもりなんです。今度また一緒にカメラ持参で観察に行きましょう。次回商品の納品の際には、できれば香港に来てご指導くださいね。その時こそ、焦げ目の付いたエッグタルトもね。

そうですね!発酵臭に五香粉の香りと味覚は、日本では滅多にお目にかかれませんものね。

ブログを拝見して、中華系の味が恋しくなりました。

台北、士林の臭豆腐もいかがですか?(笑)

じーこむら大兄 コメントありがとうございます。ブログを通じて、海外の香りが伝わるほどの画像と文書力が出来るといいのですが…。極上の鹹魚を蒸したものを口に運ぶと僕はもう夢心地です。他の日本人が食べるとゲエッといって吐き出しますけど。臭いは旨い、です。最近もしょっちゅう台北に行くんですけど、気持ちの余裕がなくて、ほとんど臭豆腐を口にすることはありません。今度ぜひご一緒に。浴びるほど食べませんか!! お付き合いしますよ。ヒヒヒッ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/49416185

この記事へのトラックバック一覧です: Hong Kong だより:

« 南の大地を駆け巡る | トップページ | 思いを寄せて(その1) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば