2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 大地のキャンバスに立って(その1) | トップページ | 大地のキャンバスに立って(その3) »

2010.08.28

大地のキャンバスに立って(その2)

(前回より続く)

     
初秋というよりは晩夏の車窓も、緑のグラデーションが続き
しばし目の休養となる。

   
Dsc_3951
   

いや頭と心の休養かな。

     

札幌近辺の気温は28℃といっていたから
猛暑だった京都や名古屋と比べれば暑くもないが
だからといって涼しいわけでもない。

     

北海道だから涼しいはず
なんて思っているのはよそ者の僕の思い込み。

    

Dsc_3896
僕はネイチャー派ではないから、可愛いお家の形を見て北海道らしさを感じる
       

       
     

でも、これから3ヵ月後の11月には、
寒波が来て、初雪も降るところだとは
にわかに信じがたいほど、同じ晩夏の情景だ。

      

      

岩見沢を過ぎると、沿線には稲作風景が広がっている。

  
僕の頭の中のイメージでは、北海道と田んぼというのは
なかなか結びつかないんだけど…。
    

   
Dsc_3945
    
Dsc_6889

       

北海道のお米が最近評判が良い。

   

Dsc_6780

  

温暖化が原因とも言われるが、
やはり研究努力の結果に違いない。

    

Dsc_3934

   
       

まだ見ぬ道央の景観に期待を膨らませながら、
車中でうつらうつらと夢とうつつの間をさまよった。
        
                             (次回に続く)

« 大地のキャンバスに立って(その1) | トップページ | 大地のキャンバスに立って(その3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/49273706

この記事へのトラックバック一覧です: 大地のキャンバスに立って(その2):

« 大地のキャンバスに立って(その1) | トップページ | 大地のキャンバスに立って(その3) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば