2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.27

盛夏に酔う(その4)

                        
天橋立を真正面に臨む海浜に、突如現れた
一際センスのよい看板が目に飛び込む。

     
Dsc_3927_2    
       

      
天橋立ワイナリー

     
    
付近の民家や海の幸を供する建屋とは一線を画した、
でも、決して近隣との景観との調和は乱していないワインシャトー。

    
Dsc_3720
    
Dsc_3726 

    
    
外観は工場然としてないが、
屋内の醸造設備は、世界最先端のもの。
もちろん樽や瓶が並ぶ地下の貯蔵庫も見学できる。

    
Dsc_3753
    
Dsc_3747
発酵途中のワインで、盛んに出てくる炭酸ガスが舌を刺激し、フルーティーなシャンパンのような口当たりとなる。酒税法上、持ち出すことが出来ない。 

           
     
階上のレストランで昼食をとる。

         
   
すべて地元産の素材を使用した宝石箱のようなランチプレート。

       
Dsc_3784
まるで小宇宙  これにスープと豪華なデザート、珈琲が付く

     
     
近くの漁港で水揚げされた魚介類。
    

地鶏に加え、地元で肥育された黒毛和牛と短角牛のハイブリッドである京都肉のローストビーフ。

       

そして、万願寺とうがらしをはじめとする京都産野菜群。

   
Dsc_3805

    
   
素晴らしい食事のベストパートナーは、
もちろん天橋立ワインだ。

     

Dsc_3766
       
       

         
こちらのお店のオーナーである山崎社長にもお話を伺うことが出来た。

           
とにかく個性的な発想と卓越した行動力の持ち主で
1分と経たないうちにその魅力に引き込まれる。

    
Dsc_3822
とても手入れをされた一面のブドウ畑の向こうには天橋立が

          
     
馥郁としたワインの香りと同様、
個性的なのに、決して調和は乱さない。

            
決してでしゃばらない京都人の姿勢が垣間見える。

       
*ちなみに、帰郷後お礼のお便りを出したら、さっそく返事のメールが届いた。
  なんとウィーンから。 その行動力には驚いた。

       

Dsc_3832

       

         
その後も、地域の元気人の皆さんとの出逢いを果たし、
後ろ髪を引かれる想いで、丹後半島を後にした。

        
   
     
帰路の3時間の車中、ずっと感じ続けた心地よい酔いは、
天橋立ワインのまろやかな酒精をベースに、地域の皆さんの熱い心、地場産食材、延々と拡がる車窓の景観、そしてむせ返るような暑さと程よい倦怠感がカクテルされて生み出された、
文字通り「京都の盛夏の酔い」だった。
      
                                    (シリーズ終わり)

   
Dsc_3757_2
                      

2010.07.26

盛夏に酔う(その3)

            
今回の旅の目的は、京都府の日本海側に位置する丹後半島をドライブすること。

   
    
Dsc_4009

       

京都といえば、町屋や寺院など古都の情景をすぐに思い浮かべるが、京都府を観れば、実は、自然景観の拡がる広大な、本当に想像以上に広大なエリアなのだということが実感する。

   
Dsc_3931
    
Dsc_4042

      
   
福知山から、丹波、そして丹後と、延々と萌え広がる山河が続く。
    

Dsc_4020
    
Dsc_3640
京都縦貫道も建設が進む
      
   
Dsc_3683
通行無料の社会化実験道路も
         

Dsc_4052
    
Dsc_4098   

            

マツタケ、筍、栗、黒豆、水稲、富有柿、梨、京野菜、丹後ちりめん…。

   
    
Dsc_3948
   
Dsc_4013 

                      
京都ブランド農産物の故郷ではないか。

         
Dsc_4060
   
Dsc_4070

      
    

京都市街を発って、2時間半かかって、
ようやく蒼い海に出た。

     
Dsc_3700

   
      
     
よっ! 日本三景の「天橋立(あまのはしだて)」が見えてきたゾ。   

       
Dsc_3888

   

15年ほど前、3年間ほど京都北部の国際港湾都市であるの舞鶴市の国際交流のお手伝いをしていた頃、同市の友好都市である大連市との様々な交流事業を思い出した。

    
   
Dsc_3811
   
               
ちなみに天橋立は舞鶴市にあるのではない。
宮津市である。

       

当時の薄熙来大連市長一行が舞鶴を訪問された時、
ここも視察されたのだ。

     

Dsc_3874

            
盛夏の天橋立は初めて。

          
Dsc_3813

    

海浜だから、時折海風が吹いてはくるが、
僕の忍耐力を試すかのような強烈な日差しと熱気に包まれ
またもや酔ったように気を失いかけたのである。

                                  (次回に続く)

  
Dsc_3837
               

2010.07.24

盛夏に酔う(その2)

                        
17日の山鉾巡行を終え、あとは今日24日の花傘巡行などを迎えて、31日の終焉を迎える祇園祭

    
Dsc_4671
    
Dsc_4741
                             
Dsc_4515             

            

誰が教えてくれたか、
クライマックスの山鉾巡行以降の期間のことを
あとの祭り」と言うとか、言わないとか。
        

        
Dsc_4763
             
Dsc_4754

     
   
山鉾巡行の頃、ちょうど梅雨明け前後にあたり、
この賑わいの後、京都は本格的な夏を迎える。

    

Dsc_4369     
Dsc_4630
黄色いマクワウリ  懐かしい!    
          
   
次の大イベントは、8月16日の大文字送り火なのだそうだ。

             
    
京都の夏はエエなあ、と思いつつ、
噴出す汗をタオルハンカチで拭う手が少しも休まらない。

       

      
Dsc_4564
        
Dsc_4594
     
Dsc_4641

           Dsc_4670_2              
Dsc_4703
夏の野菜とお漬物  季節の知恵が垣間見える

   
Dsc_4676_2

     

     

京都特有の蒸し暑さに酔いしれ、
古都の街頭をフラフラと彷徨う陽炎(かげろう)のように
あてどなく幽歩するのだった…。
         
                               (次回に続く)

     

Dsc_4615
                         

2010.07.22

盛夏に酔う(その1)

                             
jiri jiri jiri….
       
       
    
ジリジリジリ…。

      
            
Dsc_4241
強い日差しに すだれが似合う

    

梅雨明け京都は、想像通り、いや想像以上に暑かった。

   
Dsc_4391       
  

      
南国並みの日差し、南洋並みの湿気、
そして熱帯以上の気温???

   

風がピタリと止むと、もう酔っ払ったように気を失いそうだ。
    

Dsc_4361
暑くて、ボオ~ッと見える

    
Dsc_4381

     

なのに僕は、そんな夏の京都が大好きだ。

   
Dsc_4173  

   
Dsc_4231

   

盆地特有の暑さに閉口する人も多いが、
そこは住人でない無責任さで、敢えてそう思わせておいて欲しい。

   
Dsc_4536_3 Dsc_4792_4
涼しげな服装は、周りにも涼しさを感じさせる。

  
Dsc_4404

     
     
中国の北京なら、僕はやはり夏が好きなのと同じ。

    
Dsc05853_2
西瓜売りは夏のシンボル
     

                   
Dsc05649

    

夏の路地裏(胡同・フートン)風物が、たまらなく愛おしい。

   
     
Dsc05812
   
Dsc05745

       
     
そうだった、
首都のことを中国語で「京都」とも表すことがあったっけ。

       
「みやこ」は夏が、いとをかし…。

                                      (次回に続く)

    
Dsc_4329                                

2010.07.19

アジアふれあい街歩き1(番外編)

          
このシリーズをアップしてから、
毎回読んでくださった方が、お世辞半分で褒めて頂いた上で、
いつもこんな露地歩きが出来て羨ましいですね」と言い添えてくれたのだが、実は僕自身、滅多にこんな機会が無いことを白状しておかなければならない。

     
     
この7回シリーズの原稿は、先週7本分まとめて作っておいて
自動的に毎日アップするように設定しておいたものだったんです。

    

実は、その間に2泊3日で3カ国を廻るという強行出張をしておりました。

   
Dsc_6636_3
マレーシアでの夕陽
    
   

そんな日程では、空港と商談・視察場所とホテルの移動だけ。

   

駆け足で、案件処理だけの出張。

    
Dsc_6522_2
クアラルンプルの露地
        

同行の方との普段出来ない気の置けない会話だけが心の支えで、後はあわただしい国内出張と同じ。

   
        
出張のための渡航インフラ(交通や入国審査、アクセスなど)がアジアでも整った証拠でしょう。

        
   
体力は心配ですけれど…。

    
Dsc_7960
上海の横丁

   

とは言え、海外に行ったは行ったで、ビジネス商談を通じて
どんなに短時間でも現地の変化の様子はビビッと感じますし、
交流も深まります。
       
        

でも、やっぱり路地裏を歩き回る時間と気持ちの余裕
いい仕事をする上でも必要ですね。

      
Dsc_5993
ホーチミンの露地

   

一見、無駄に見える時間こそが、
良い発想、成果に結びつく企画を生む舞台となることがあるんです。

    

皆さん、出張先でも意識して自由時間を摂っていますか?

       

2010.07.18

アジアふれあい街歩き1(台湾・萬華その7)

           
(前回より続く)

      
合計7回の萬華の街歩きにお付き合いくださって、
ありがとうございました。
    

いかがでしたか?

    
Dsc_9262

      
ふとした街角や裏露地には、結構面白いものが見えてくるとは思いませんか?

    

Dsc_9288

   

また来たい、次はいつ来れるんだろう?

いや、もう2度とこんな露地に来るはずなんか無い…。
    

なんて思いながら、体全身のアンテナを張り巡らして、
未知の何かとの出遭い」を求めていくのです。

  
日頃気付かないようなことも感じ、考えながら・・・。

     

      

Dsc_9029

おじいちゃん、人生いろんなことがありましたね。
僕らにも伝えていってください。

   

Dsc_9111
裏返しに干しているのかと思ったら、やっぱりニセモノだったんだ。
      

   

Dsc_9032
萬華の一角には、ダンス用衣装や被り物、パーティー用品などを揃えている店が集まっている。
   
Dsc_9586
  
Dsc_9590    
Dsc_9593
ワッペンやコスプレグッズを売っている

      

Dsc_9305
    
熱帯果物が一番美味しい季節。ここから何を学ぶか。
    

Dsc_9311      スターフルーツ(中国語で楊桃) 切り口が星の形をしている
   
Dsc_9313
      

       

Dsc_9438
   
携帯電話見ながら公衆電話?
現代人は滑稽だナ。でも、僕らは笑えるだろうか?

   

Dsc_9513
ヘルメット着用はとても大切。
でもその綺麗な足は守らなくていいの?おじさんはとても心配なんだけど。
   
Dsc_9638
              

         Dsc_9574もう少し待ってて! すぐに着せてあげるから。

    

Dsc_9560
見たこともない新聞が並んでる。

   

Dsc_9630
タイヤ盗難が多いのかな?

   

Dsc_9555日本の小姐(シャオジエ)のような髪型にしたい…。
今では、流行は同時進行。

    

Dsc_9838
台湾でも、子供は地域の宝物。小皇帝と呼ばれる

          
Dsc_9515
あんまり深く考えないほうがいいネ。

    

Dsc_9489

悩みは悩み。気持ち次第なのよ。
さあ、一緒に路地裏を歩きましょう!!

   
   
Dsc_9496

                                    (シリーズ終わり)
                    

2010.07.17

アジアふれあい街歩き1(台湾・萬華その6)

                        
(前回より続く)

お腹もちょうど朽ちたことだし、さてと、
再び歩き出すかぁ。

   

日中は日差しが強くてかなわない。

  
Dsc_9073
   
Dsc_9074_2         
女性はみな日焼けを気にしている。
   
Dsc_9100

      

Dsc_9485
「今日も暑いねぇ。体調大丈夫かい?」なんて聞こえてきそうだ。

    

Dsc_9241

これはエコ住宅のはしりか…。

  

Dsc_9520
ZZZZZZZ…
無理して体力消耗しちゃぁいけないよね。暑い土地に暮らす知恵。

      

Dsc_9482
お客が来ない時は、休むに限る。

    

工事現場の若い兄さんだって、ホ~レこのとおり。
  
Dsc_9350

    

    

僕もだんだん消耗してきたぞ。休憩しよう。

    
でも、意地でもスター**クスやファストフード店では休まないぞ。

   

ペットボトルの水を買ってきて、
路上のオジサンやオバサンとおしゃべりできるところを探すんだ…。
  
Dsc_9078        

    
僕は中国語しか通じないオバちゃんだったら
ナンパ(声掛け程度なんだけど)出来るんだけどなぁ・・・。
外国語だったら結構人格が変わったりして。
   
Dsc_9407

   

    
Dsc_9401
          
チョッとおじさん、
喫煙は有害だって自分で書いてるじゃないのッ!!

                                                                                (次回に続く)
            

2010.07.16

アジアふれあい街歩き1(台湾・萬華その5)

                                              
(前回より続く)
      

生活あれば、そこには必ず食がある。

          
萬華の裏通りにも、オープンな「食世界」が広がっている。

     
Dsc_0144
暑い日中、スイカが旨そうだ。

   
Dsc_9347

台湾庶民の味といえば、お粥も筆頭格。
僕は、台湾では芋粥か海鮮粥が好き。

      

Dsc_8661
麺類だって、負けてないぞ。

           

路上でオジさんがネギを洗っている。
    
Dsc_9147           
熱々の胡椒餅(焼いた肉まんのようなもの)を作るんだ。
      

          
Dsc_9240

一人前ずつ丁寧に作らせていただいてます…。

     
    
Dsc_9337
昔、クーラーが珍しかった頃、香港や台湾、中国の食堂で
よく「冷気開放」の文字を見たっけ。
「空調完備」「室内冷えてます」ってな感じかな。 

   

Dsc_8665
    
素食とは、精進食(ベジタリアン)のこと。
   
Dsc_8668
   
でも、
その隣にステーキ(牛排)屋が並んでいるところがなんとも台湾的。

         
     

Dsc_9383  
  
台北の下町でも日本食は奮闘しているぞ。
      
Dsc_0323
屋台ではなく、「野台」の方が、ここではしっくりいくのかな?
    
  Dsc_0328_2       
       
        

       
Dsc_9360    結構な人気だナ。一体どんな麺なんだろう?

  
Dsc_9618

独り宴(うたげ)の後だろうか…。

         
      
Dsc_9253

こんなもんで顔をしかめちゃいけません。

      
      

食べ物ばかりに気を奪われていると、
なんだかお腹空いてきちゃったな。

    

Dsc_9121

             

          
萬華といえば、かつて何度か足を運んでいる
僕の行き着け(実は大したことない)B級グルメの殿堂がある。
      

            
その名も「原汁 排骨大王」サマでなのである。

     
Dsc_9134

   
通りに面しただけのいたってシンプルな店構えだが、
多くの台北市民と僕の心を捉えて離さない。

   

言ってみれば、シンプルな豚のスペアリブと大根の塩味スープなんだが、これが絶品なんだ。

   


Dsc_9652   溢れんばかりのアツアツのスペアリブ(排骨)と大根が
     

薄味ながら雑味もなく、どこまでも深みのある旨いスープが鼻腔を興奮させる。
   
          

見た目はシンプルだが、きっと相当の技術が裏打ちされている…。
   

誰もがそう思う味。

   
   
モノの本によると、
鄭有進さんという通称「しんちゃん」が、父が屋台から起こした店を継いで1947年にこの場所に構えたそうである。   
出典:「台湾好吃大全」(新潮社・平野久美子著)

     

今日もいたいた、しんちゃんが。
   
Dsc_9195
    

表で接客している時は、他には無いと言うような満面の笑顔なのに
スープが切れそうだと感じるや否や裏口に回り、次の準備に取り掛かる。

  
Dsc_9206

僕も後をつけて裏の調理場を覗いてみたら、
やっぱり職人しんちゃんが鋭い目ヂカラを発していた。
   
Dsc_9220       「スープこそ命」。そんな気合が伝わってくる

        
台湾では、会社も人も、外見だけで判断しちゃいけないよ、ってよく言われるが、やはりそのとおりでした。

Dsc_9645_2   
    

今日も、変わらぬ味で、本当に美味しゅうございました。
    

ありがとう、しんちゃん師匠!

                                    (次回に続く)
            

2010.07.15

アジアふれあい街歩き1(台湾・萬華その4)

                                     
(前回より続く)
   

通りを歩いていると、どうしても目に付くのが看板

       
台湾は、なぜだか特に面白い。

     

Dsc_9291
日本人のマッサージ好きにだって、目に付くよね。

     
Dsc_9369
インジョイしてねっ

       

Dsc_9107
「買うアルネ、するとチャンスアルヨ。
 たくさん買うアルネ、たくさん当たるアルヨ。」
これ、宝くじ売場の看板アルヨ。

       

こんなのは序の口。
     

今、数年の歳月をかけて(?)面白看板を収集中だから
いずれ紹介します。

乞うご期待!

     
Dsc_9102
番地の看板は、いちげんさんには助かる。
  
Dsc_9623
   
Dsc_9391       

少し疲れた、休んでいこか。

Dsc_9061     
      
でもチト違うかも。

   
   
Dsc_9259

交通標識も異国ならでは。
しばし立ち止まって考えよう。

   

Dsc_9608   
冷麺はじめました!
       
Dsc_9439

日本ほど季節がはっきりしない台湾でも。 コンビニで

    

  
Dsc_9449
           
和風マッサージってどんなんだろう?

食べ物だけじゃないんだ。

     

Dsc_9379
ふるさとカラオケか。地方出身者にはたまんねえだろうなあ。

       

Dsc_9600

カラフルな看板を見ているだけで、幸せな気分に浸れる街だ。

                                   (次回に続く)

                

2010.07.14

アジアふれあい街歩き1(台湾・萬華その3)

                    
(前回より続く)

   

萬華は下町風情

   

だからお年寄りや中年が多いし、どこかスローな雰囲気。
   
Dsc_9809     
              
インターネットやグローバルなんざ他人事のよう。

      
Dsc_9820

           
あくせくしない。逆らわない。 ゆっくり、のんびり。

   
Dsc_9465
「慢」とは、徐行・ゆっくりという意味。

   

     

Dsc_9915    
中薬(漢方薬)だって、土瓶でゆっくりゆっくり煎じないと…。
   
Dsc_9056
薬材店で

  
Dsc_9816

       昔懐かしい駄菓子屋さんが、台湾で見つかるなんて

   
    

Dsc_9878
           
朝が早い市場だからだろうか、午後遅くに行くと、こんな感じ。

   
Dsc_9891

      
僕は、いつもは動物は撮らないのだが、なぜかシャッターを押す。

   
Dsc_9966  
  
Dsc_8653_3
せっかくのお食事を邪魔しちゃってゴメンネ。

        
       
よろず屋さんのイイトコは、コミュニケーション。

  
Dsc_9604
僕が小学生の頃は、お店といえば皆こんな感じだった。

    
Dsc_9325
   
アジアを代表する大都会にも、
こんなコミュニティーが残っていることを、なぜだか嬉しく思う。

                                   (次回に続く)

  
Dsc_9469
          
                 

2010.07.13

アジアふれあい街歩き1(台湾・萬華その2)

           
(前回より続く)

    

僕が路地裏歩きをするときは、
ホテルのフロントなどで入手した簡単な観光地図とカメラだけを手にして、軽装で飛び出すのである。
   

サンダル履きなんか出来ると最高なんだけど。

       
Dsc_9546

     

戻る時間だけ決めておいて、あとは目的なし、計画なしで
ただ勘のようなものを働かせて、ひたすら歩く。
    

大切なのは、道中での発見。

       

何気ない日常との触れ合いを楽しむ。

もちろん仕事のヒントを見つけ出すことも忘れない…。

       
    
萬華は、龍山寺など寺院が多いから、ちょっと裏手を行くと
仏具屋さんが軒を連ねている。

    
Dsc_0294    
Dsc_0315
   
    

しばらく前から、中国の仏教や道教、土俗信仰などの神様についても知識を仕入れている。面白いよ。

      

Dsc_0301

   

社会主義を採っている中国大陸と異なり、
台湾は、長年にわたり宗教施設が点在して残っているから興味深い。

   
また、仏事、仏具なんて日本の感覚で言えば
極めて質素なデザインや色使いをイメージするけど、
中華圏では結構カラフルなんだと再認識すると
パッケージや販促などでも何か参考になるような気がする。

  
Dsc_0307
    

ただ、オランダや日本の支配もあったし、
戦後、中国大陸からの移民も多いから、きっと新旧混在しているのだろう。

   

古さや歴史の重みと言うよりは、南方中国系人の生活と信仰について理解する手がかりのようなものを感じる。

   
   
占いも盛ん。

    
Dsc_0333
                     
顔や全身のホクロの位置で吉凶が判るというのだから。

       
     

お守りだっていろいろあるよ。

   
Dsc_9946
   
Dsc_9950       

                                     (次回に続く)
         

2010.07.11

アジアふれあい街歩き1(台湾・萬華その1)

          
僕は、NHKの「世界ふれあい街歩き」という番組がとても気に入っている。
    
    

歩きながら流し撮りをしてもほとんどブレない特殊なカメラを使用して、世界の街角を、見た目に近い視野と動きで散策するという趣向だ。

  
Dsc_7499
偶然京都でそれらしいカメラで撮影している現場に遭遇。
同じカメラではないと思うが、こんな感じ。

        

      
この番組の魅力は、なんといっても
行ったことのある通りを追体験する楽しみはもちろんのこと
未だ行ったことのない街に思いを馳せながら楽しむのも一興だ。
    

    
よくある穴場スポット紹介番組ではなく、
通りや露地での日常の何気ない中から、
庶民生活や習慣風俗、行き交う人の様子にじかに触れ、
もしかしたらビジネスのヒントだって発見できるかもしれない。

     

僕は、常々提案しているのだが、
日本産品の海外販路開拓、すなわち
ニッポンを売る」活動で海外に行った時も、
時間を捻出して、少しでも街歩きをしてもらうことを勧めている。

   

観察、 発見、 応用、 アクション…。

   

路地裏ほどこんなに情報が転がっているところは無い。
      
   

これからの時代、「気づきが一番必要だと思っている。
    

だって、
ワクワクするくらい日本も世界も変化しているんだもの。

    
   

そんな楽しみを動画ではないが、僕がアジアの路地裏を歩いた時の様子を素人スナップ写真で再現してみたいと思う。

    

今週一週間、毎日午前0時にアップしますね。

   
   
              *           *

   

第1回は、台湾・台北市の萬華地区をご案内しましょう。

    
    
萬華地区は、タイペイ市の西南部にあり、
観光名所としても有名な龍山寺周辺から、
渋谷のような若者スポット西門町に連なる一帯を指す。

       
   
Dsc_0179
毎日、終日参詣客が耐えない龍山寺

Dsc_2564       

   
   
台北の本屋で立ち読みした(笑)歴史の文献によると、
この一帯は、原住民の言語で「艋舺(Mankah)」(マンカァ)
と呼ばれていたらしい。
    
意味は、丸木舟が沢山集まるところだと書いてあった。

    
Dsc_9801                         今も公園の名前に旧地名が偲ばれる

   

清の時代に交易拠点として街が形成され、
台北でも最も古くから栄えた地区のひとつである。

  
Dsc_9119
いにしえの繁栄の名残りを残しているような建築物
         
      

日本統治時代に、日本人に馴染みやすいようにするためか
同じ発音で「万華」と字を当てたそうである。
     
戦後、大陸からの表記に改められ、
今の「萬華」(マンホア)となったために、
もともとの地名「艋舺」は、字も発音もすっかり変わってしまったのである。

   
Dsc_9637
     
      

高雄(旧名は打狗)など、
同じように表記が変わってしまった地名は至る所に存在する。

   
Dsc_9671        

      
萬華地区は、門前町、下町風情が残っており、
いつもは、僕も滅多に足を運ぶことは無いが、
時折、時間を気にせず歩いてみたいエリアのひとつである。

   

    
さあ、街歩きをはじめよう!
  
                             (次回に続く)

   
Dsc_9635
               

2010.07.03

非常時だからこそ見えたという人のこころ

        
地元紙によると
口蹄疫問題で宮崎県は1日、
県内全域に出していた非常事態宣言を44日ぶりに一部解除した。

   

これにより外出やイベントの自粛が緩和される事になったという。
        

完全に気を緩めるわけには行かないだろうが、
ひとまず安堵できるニュースであることには違いない。

    

        
翌2日朝、宮崎空港に降り立った。

      
もちろん消毒用マットは常備されてはいるが、
なんと空港内の催事スペースでは、
さっそくイベントのオープニングセレモニーが行われていた。

   
Sany0098
     
Sany0095

   

ずっと静かだっただけに、
マイクの明るい声が新鮮に心に響き渡る。

   
Sany0092

   

宮崎らしさが戻ってきた…。

   
  
もっとも、いつもは観光客やビジネス客でにぎわう空港ロビーも
口蹄疫後はまだまだ閑散としているが。

  
Sany0114
  
Sany0122

    
   
     

夜、国内・海外で一緒に汗を流している多くの仲間が集まってくれた。

  
  
この3月以来、
地元でも仲間が集まることはこれが初めてなののだという。

   
  
話題はやはり口蹄疫にまつわる話。

      
口蹄疫問題を通じて、皆口々に
このような緊急事態になって改めて感じた人々の暖かい善意
逆に、風評や根拠の無い差別意識など、いざと言う時の冷淡さを身をもって感じるなど、沢山の生々しい体験を伺った。

   
   
とりわけ毎週現場に動員されている県職員の方のお話は、想像を絶するものばかり。

     
もちろん心が引き裂かれそうな畜産農家の皆さんの辛い心情や
阿鼻叫喚の殺処分の現場の話は涙なしに聞くことが出来ない。

    

この職員の方も、生きた子豚を抱きかかえて眼を背けながら獣医による処分の注射を打つ苦悩や実際に消石灰を大量に扱うことで火傷(水と反応して高熱を発するのだ)や眼・鼻の炎症や不眠症など肉体的、精神的な苦痛が常に付きまとうのだそうだ。

   

一方、テキパキと作業を進める頼もしい存在の自衛隊隊員さんたちへの感謝の念も忘れられない。

   

圧巻だったのは、多くの牛や豚を殺処分して埋設した土の上に、誰とも無く作業をした方が、涙を流しながら焼酎を撒き、花束を捧げて両手を合わせて頭を垂れている姿を観た時には、その場でこらえきれずについ声を上げて泣いてしまったというシーンだった。

   

命に対する日本人の情け、ありがたく頂きますという経済動物への慈しみの情を感じないわけにはいかない。

     

      
その日集まった若い仲間も、草の根的に義捐活動を展開している。
   

それは極めて自発的であり、誰から求められたものでもない。

  
   
本ブログにもコメントをくれるAYAさんデザインの「HOPE」バッジ。

http://www.kitenn.jp/hope/

  
Dsc_0181       

     
  
またAYAさんからは、
入手したばかりの義捐リストバンド「モーブーバンド」も頂いた。

   
Dsc_0178    
Dsc_0185

   
http://hopstep.miyachan.cc/e178811.html

    
     
   
宮崎県人はいざと言う時だってスゴイぞ。

   
   
絶対に県内で封じ込めるとあらゆる努力を払った
その後の宮崎県の防疫対策は高く評価されていいと思う。

       

順調に進めば、むしろこれからの経済復興が正念場だ。

      

地域経済は本当に深刻な打撃を蒙っている。

      

   

みんなで応援しよう。

    
  

がんばろう宮崎

  
     

Sany0109               

2010.07.01

変わるアジアと  替わる日本?

           

この空 ど~こだッ?   
        

Dsc_9189_3    

        
 
もう一枚ネッ。

    
Dsc_9194

港のはしけのクレーンが見えてる。

   

           
  

そう香港です。

   
Dsc_9322

   
Dsc_9298      

    
  
滝のような土砂降りが3日間続いたかと思うと
今度はうって変わって、ピーカンの天気。

   
Dsc_9317

    

建物の中は、クーラーが利き過ぎていて
寒さと乾燥でブルブル。

   

外に出ると、気温は30℃、湿度は95%を超える
ムッと息が詰まりそうな外気だから、
極端な変化で体調がおかしくなりそう。

    

それでも香港は元気。

     
Dsc_0168
文ワイ報 6月25日付け

   
   
輸出が7ヶ月連続して増加しているなど、今後EU懸念は残るが、
好調中国の景気につれて、回復基調は本格的。

  
Dsc_7314
欧州ブランドの正規店には、夜遅くも外の通りにまで行列が・・・

    
      

ショッピングモールはどこも大変な賑わいだ。

   
Dsc_7917
ニッポンブランドの回転寿司も長蛇の列

         
     

    
話題と言えば、
台湾と中国がECFA(経済協力枠組み協定)締結にこぎつけ
香港のCAFAに続いて自由貿易圏がまた実現することになった。

    

Dsc_0166           ECFA締結を伝える星島日報 6月30日付け

         

もっとも香港にとっては中継貿易先が減ることになるし、
台湾内部でも国論を割るような議論が未だに続いているのだが。

   

間違いなくアジアは、大変化を遂げている・・・。

      
   

    

一方、わが国と言えば、
      

 また変わった(替わった)そうですねぇ・・・。

    
   

香港の親しい友人から皮肉られる。

   

そう、総理大臣のこと。

   

 走馬灯のように替わるけど、大丈夫なの???

     

        
   
もう、日本の情勢なんてほぼ眼下に無い感じ。

     

総理大臣だけでなく、アジアの盟主の座も入れ替わり?
     
           

以前はあれだけ日本事情に精通していた人たちが
まるで他人事のような見方に変わってきているようで
世の移ろいを肌で感じる瞬間だ。
     

      
    

     

露地を歩くと、ワールドカップ

    
Dsc_9626

    
    
ここ香港でもサッカーは大人気スポーツだ。

    
     

 
「本日、日本対パラグアイ戦のライブ中継やります。」

    
Dsc_9362       

    
路地裏の多くの食堂やバーに張り紙がしている。

       
Dsc_9382

    

        
今日の朝刊には、残念ながら日本がベスト8に勝ち残れなかった記事が大きく掲載されていた。

     

 Dsc_0165
    明報 6月30日付け

    
      
アジア勢が無くなった…。  無念。

   

 
でも、国際舞台に挑戦して、本当に良く頑張った。

   

厳しい国内世論を跳ね返して結果を残した
監督そして若きサムライたちに心から健闘を称えたい。

       

海外に挑むニッポン青年たちも、

人に頼らず、泣きごと言わず、やはり自分が変わってるんだ。

      
      
     

そう、あした7月1日は、
香港の中国返還13周年の記念日に当たる。

   
Dsc_9964           

      

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば