2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 世界連鎖の荒波に翻弄されて | トップページ | チマキの季節 »

2010.06.13

入梅のころ

         
西日本・中部地方などが相次いで梅雨入りしたと思われる
と発表された。

    

   
2ヵ月半ぶりに京都を訪れた。

   
Dsc_4781

     
その日は夏を思わせるような暑い日だった。

    

春や秋ももちろん素晴らしいけれど、僕は京都は夏が好き。

   
Dsc_5952_2

      

    
かつて一年間、仕事で毎週京都に通い続けた経験があるけれど
いつ訪ねても美しい。

季節の衣をまとった自然も町並みも、そして人も。

   
Dsc_6765     
   

四季が明瞭だからこそ、折々の風情が際立っているんだろうな。

   

世界の誰もが感じるニッポンが ここにある・・・。

       
      
    
大河ドラマで大ブームの幕末史跡のひとつ 木屋町

     
Dsc_5895

   
     
高瀬川沿いに、
付近には土佐藩邸跡や志士たちの寓居跡などが目白押し。

      

先回、3月末の頃は、ちょうど桜の季節で、
あまりの美しさに目を白黒させたっけ。

        
Dsc_7664
3月撮影
   
Dsc_7731

     
        
     
今は、翠の青葉が映え、
垂れた柳の枝が爽やかな風を感じさせてくれる。

   
Dsc_6818
四条大橋のたもとから

    
   
いよいよ川床(鴨川納涼床)の季節ですねえ。

   
Dsc_5545
  
Dsc_5292_2    
                                 先斗町

    
     
   
平年より遅いらしいけど、これから長い梅雨が始まる。

      
Dsc_6591

   
    
ほどよい恵みの雨になることを祈っている。

    
Dsc_6864
    
Dsc_5871
           

« 世界連鎖の荒波に翻弄されて | トップページ | チマキの季節 »

コメント

雨が待ち遠しそうだった紫陽花も雨水のおかげで少し生き生きしてきましたね。京都は、とても暑いところなのに和服姿がとても涼やかに映るのは街並みのせいでしょうか。私は川床の経験がなく、雑誌やテレビで見るたびに一度は体感してみたいなぁと思っていました。四季の風情豊かな京都に外国の方が訪れる気持ちもわかる気がします。

はなさんコメントありがとうございます。
僕も川床は未体験なんですよ。なんか敷居が高い感じもするしね。でも、一度はぜひ体験してみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/48622810

この記事へのトラックバック一覧です: 入梅のころ:

« 世界連鎖の荒波に翻弄されて | トップページ | チマキの季節 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば