2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 障害あっての醍醐味 | トップページ | 変わるアジアと  替わる日本? »

2010.06.28

気になる国

          
サッカーの話題が出たので、もうひとつ。

     
    
ワールドカップでは、当然、吾らがニッポンを応援しているのだが、
もうひとつ気になるチームがある。

     
    
それはアルゼンチン

    
      
多くが認める優勝候補で、強いし、
どこか野武士のようなたくましさを持つチームカラーも好きなのだが、2年前、首都ブエノスアイレスを訪ねて、この街の魅力に取り付かれてからは、アルゼンチンという国が頭から離れなくなってしまったからなのだ。

   

Dsc_4384

     
   
大人の哀愁漂う、ホワイトラテンの街を歩くと
その重厚な景観と風の香り、行き交う人たちのシックないでたちに、
もうメロメロになってしまった。

      

この辺の事は改めて紹介することにして、
今回の話題はサッカーだった。

    

Dsc_4520

「7月9日通り」沿いのビルにも大きな看板が。

   

   
市内最大の繁華街であるフロリダ通りを歩いても
目に付く、目に付く、あのスカイブルーの縦縞が…。

    
Dsc_5956

    
Dsc_5589

   
  
メッシ、テベス、サビオラなど、代表選手の名前も見えるぞ。

   
    
サッカーファンならたまらないんだろな。

    

           *               *

    
     
郊外のボカ地区を訪れる。

   

ボカ港は、
あの「母をたずねて三千里」のマルコ少年が上陸したとされる港だ。

   
Dsc_5282

    
    
官能的な動きが魅了するアルゼンチンタンゴの発祥地でもあり、
また、人気チーム「ボカ・ジュニアーズ」の本拠地でもある。

    
Dsc_5319

   
   Dsc_5193_2

    

とにかく時間を忘れて歩き回る。

  
Dsc_5258
     
Dsc_5242
   
Dsc_5491
    
Dsc_5251

   
    
ふと、どこかで観たような後ろ姿…。

  
Dsc_5342    

    

     
振り向くと、ああ~っっ!!

     

  
 Dsc_5355         

代表監督マラドーナのそっくりさんじゃないか。

   
    
この人、結構有名人らしく、振る舞いも堂々と板についている。

      
今頃は、引っ張りだこなんだろうなあ…。
         

    

きっと国を挙げて代表チームを応援してるに違いない。

   
Dsc_5953_2    
   

こんな体験してるから、
あの縦縞ユニフォームを看ると、つい気になってしまうのだ。

         

« 障害あっての醍醐味 | トップページ | 変わるアジアと  替わる日本? »

コメント

以前の同僚に日系ブラジル人のシステムエンジニアが兄弟で勤務していました。ご両親は熊本の西合志出身で、ブラジル・アルゼンチン・アマゾンのことなどを話してくれていました。ポルトガル語・英語・日本語と少しイタリア語も話せる上に、システム言語もわかる人でした。その当時は珍しかったポンデケージョ(チーズパン)などブラジル料理も教えてもらった記憶があります。アルゼンチンの街並みは、なんだかノスタルジックですね。そしてマルコの港はアニメそのままで、懐かしくなりした。

ブラジルに移民された方で、熊本出身の人って多いですよね。サンパウロに行った時、ちょうど日系移民150周年に当たる年で、日系の方々と交流したんですが、お話を伺って本当に感動しました。改めてニッポン人に生まれてよかった、と誇りに思いましたよ。ポンデケージョは本当に美味しいですね。いっぺんで好物になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/48714350

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる国:

« 障害あっての醍醐味 | トップページ | 変わるアジアと  替わる日本? »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば