2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 北の大地で人に酔う(その1) | トップページ | 復活!? 元気ニッポン »

2010.01.26

北の大地で人に酔う(その2)

                   
今回は、北海道中小企業家同友会帯広支部主催の農商工連携セミナーに参加するためにやって来たのだ。
       

Dsc_3578
JR帯広駅

   

どんな人たちと出会えるのだろうか?
どんな面白い事物に出会えるだろうか、と
ある意味、海外へ行くより楽しみにしていたのだ。

    

Dsc_5651
えっ、エエエエエエ~ッ!

    

Dsc_4188

     
       
欧州リゾート風の北海道ホテルは、非日常的な幻想世界が楽しめる。

  
Dsc_4860
ヴァージンロードのその先は真っ白な雪という幻想的なチャペル

   
Dsc_4809
雪景色をパノラマに食べる朝食は生まれて初めて!  

   
    

ホテルでゆっくりすればよいものを、初めて訪れる地の銀世界に憧れて、思わず外に飛び出てしまう。

               
Dsc_3925_2

Dsc_3985

    

この広い街を徒歩で。。。

    
Dsc_3218

     
目指す所なんかない。

目に映る景観すべてが目的地。

    
Dsc_3245

  
Dsc_4420 

     

わが国の農業と牧畜業のメッカである十勝にようやく訪ねることができた感動を踏みしめながら。
          

       
Dsc_3265

Dsc_3948

                    
     

それにしても寒い。いや冷たい。マイナス7℃。

        

Dsc_4576
凍結した道路を何事もなく走る自動車が不思議でならない

   
   

それでも地元の人たちは、今日は暖かいと言う。

    

参った。

     

         

Dsc_4717

       

3時間のセミナーでは、皆さんずっと真剣そのもの。
        
こちらも自然と力が入るもの。

   

質問も次々と飛び出す。

   

寒い地方は静かな人たちばかりだろうなんて、誰が信じるものか。

        

夜9時半に終了したセミナー後も20名近くの有志が集ってくれて、深夜近くまで十勝焼肉で大いに盛り上がった。

   
Dsc_47500
いやあ、みんな勉強の後は、肉をほお張って盛り上がったぁ。

   
Dsc_4754_3
こんなに新鮮で美味しい肉を食べられるなんて十勝ならでは

   
  

このパワーはすごいぞ。

  
今回の機会を作ってくださったT先生、同友会事務局の皆さん、
ありがとうございました。

       
     

             
明日、僕の農場を見に来ませんか?

         

一人の体躯の大きい若きリーダーが誘ってくれた。

        

           
もちろん! 生のラム肉をほお張りながら、

間髪おかずに即行決まりだ。   

                                 (次回に続く)

         

Dsc_4800_4
あの有名な北の屋台も帯広の顔

          
Dsc_4781
北国の屋台は、やはり風情がある
          

« 北の大地で人に酔う(その1) | トップページ | 復活!? 元気ニッポン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北の大地で人に酔う(その2):

« 北の大地で人に酔う(その1) | トップページ | 復活!? 元気ニッポン »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば