2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 北の大地で人に酔う(その2) | トップページ | 複雑系インドに衝撃を受ける »

2010.01.29

復活!? 元気ニッポン

       
現在零下18℃の帯広の話題をしている最中だが、
今、摂氏32℃の熱帯の街にやってきているから、何か調子がおかしい。

        

先25日、岡山で中国四国農政局主催の「輸出オリエンテーションの会」に参加した翌日から香港を経由して、今日シンガポール入りしたのだ。

  
Dsc_6074
今回も好評だった「輸出オリエンテーションの会in岡山」
       
Dsc_6149
最近、海外輸出に熱心な中国四国地方の事業者の商談風景

    
 

香港では、春節(旧正月)前の歳末商戦の只中で、
華やかな光景が目に付いた。

   
Dsc_6207
正月用のデコレーション専門店

       

正月用食材も商店に並び始めている。

    
Dsc_6893
ひまわりやスイカの種、木の実や飴類は正月での家庭の必需品

   
     
東京で言えばアメ横に当たる下町の活気に満ちた西営盤地区の乾物、薬材問屋街も賑わいを見せ始めている。

  
Dsc_7015
        
Dsc_7087

    
歳末商戦を控え、荷降ろしの光景があちこちで見られる。

      
Dsc_6938  
   
Dsc_7124  

      

正月の食材も店頭に所狭しと並び、香港はもとより世界中からわざわざここまで買出しに出かけてくるほどだ。
   

   
Dsc_6727
真っ黒な髪菜をはじめ、店頭には正月用の食材が・・・

   
Dsc_6829
砂糖漬けの金柑、クワイ、レンコン、蓮の実なども

    
Dsc_6953
高級食材の干しナマコを路上で戻しているぞ
         
 
          
          

夕方になると人通りも増え、ごった返してくるが、今年は、
どことなく香港らしい底知れぬパワーや貪欲なまでの活気を肌で感じないのだ。

          

Dsc_6326

                 

それに反して、日本から視察にやってきた農業者の皆さんの元気さの方が目立つのにはビックリした。

    

もしかして、逆転現象!?

        

皆さん、異口同音に、香港は活気がある、とか、購買力が凄いと驚き、とにかく熱心に観察し、何かを学び取ろうとしている。

    

   
こりゃあ、これからの時代、日本人もイケルかもしれないぞ・・・。

   
  
Dsc_7098
動く広告塔・・・  北海道産貝柱は香港では高級食材の不動の地位

     

上からの目線でなく、パワーを吸収しようと、心素直な観察力が発揮されているのを見て、俄然嬉しくなってきた。

   

もう評論家ではない、実践家なんだという燃えるものを感じる。

       
     
ぜひチャイナパワーを取り込んで欲しい。
     

          
                
シンガポールでは、某県の知事をトップとする大型ミッションと合流した。

              
レセプションでは、多くの地元関係者と活発な民間外交が繰り広げられた。
     

              
今回も、ガイアの夜明けのテレビクルーの皆さんがわざわざ同行してくれている。

             
この「売り込むニッポン人の熱意」が伝わることを祈っている。

      

     
30℃を越す気温も何のそのだ。

           

« 北の大地で人に酔う(その2) | トップページ | 複雑系インドに衝撃を受ける »

コメント

お忙しい中、岡山の講演では貴重なお話有難うございました。
頑張る元気を頂いた様な気がします。

SAKEHITOSUJIさま コメントありがとうございます。私の講演で元気がついたと言って頂けるのが、何よりも嬉しく、ありがたいことです。私の方こそ、明日からの活動の励みになります。これをご縁に、ぜひまた海外でも一緒に頑張りましょう。活気を取り戻しつつあるシンガポールより。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/47417544

この記事へのトラックバック一覧です: 復活!? 元気ニッポン:

« 北の大地で人に酔う(その2) | トップページ | 複雑系インドに衝撃を受ける »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば