2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 念頭のご挨拶 | トップページ | 七草の日に思いを馳せる町(その1) »

2010.01.06

振り返り、前を向く

      
2010年(平成22年)が静かに幕を上げた。

  
Dsc_1808
元旦・東京清瀬

    

蒼い空とプラチナ色に輝く太陽が、普通、初日のシンボルであるが、今年は曹洞宗の寺院の窓を射抜くような幾本もの曙光が眼前に現れ、その神々(こうごう)しさに秘めた感動に浸ると同時に、
いつになく気の引き締まる思いがした・・・。

  
Dsc_2124
東京・円福寺本堂で

     

     
昨年2009年は、あまりに反省すべきことが多すぎる一年だった。

  

私と袖すりあったすべての人たちに対して、申し訳ないと詫びたい一年だった。
        

そのくらい省みるに慙愧の念に耐えない。

     

反省する、と言うと、
決まっていつも私の香港のビジネスの老師(師匠)の言葉を思い出す。

  

お前たち日本人は昔から反省ばかりしている! 何かにつけてすぐに反省会。もっと目標とすべきビジョンをちゃんと思い描けッ!

     と。
     

  
Dsc_1746_3 Dsc_1780
パチンコ店も居酒屋も      ああ、ニッポン人

   

   
確かに、僕らはこれから先の戦略ビジョンを描くのが不得手である。

     

新政権の国家戦略室や会社の社長だけではない。

私たち一人ひとりのことである。

              
      

特に、今のように前例のない、混迷の時代にこそ、個人もビジョンを掲げることが重要だ。

   

Dsc_2466
正月3日の原宿・竹下通り

  

だから僕も密かに一所懸命、中長期ビジョンを考えてみた。

     
   

ちなみに、確かに老師の仰るとおり、中国人はどんな時代であろうともビジョンを打ち出すのが天才的に上手だが、逆に現実を冷静に省み、反省すべきところは反省するということにおいては決定的に不得手である。
同じようで違う日本人と中国人。ここでも足して2で割ると丁度良いと思い当たる。

   

Dsc_2784
渋谷区表参道
       

     
    
立ち止まって省みて、すかさずお次は自分の羅針盤を掲げ、方向を定めて一歩ずつ突き進む。常にバランスが大切。

     

     

いつまでも首相や社長の指針を待つだけ、批評するだけ、
盲従するだけではいかんぜよ。

    

Dsc_2053

  
   Dsc_2139
                       

« 念頭のご挨拶 | トップページ | 七草の日に思いを馳せる町(その1) »

コメント

明けましておめでとうございます。
本年も気の引き締まるブログを楽しみにしております。
今年もよろしくお願いします。

羨ましい様な元旦でしたね。荘厳と言うか、厳しさの中にも優しさが感じられる瞬間に遭遇できるとは、今年も何か良いことがありそうと、僕は勝手に思ってしまいます。

元旦は、福岡では雪の降る朝でした。そういう中、誰もいない道を走りました。何か、肌で感じることを大切にしたいと感じた瞬間でもありました。

そろそろ正月気分も終わりになりそうですが、ニッポンを売る!さんと会うときが本当の正月かもしれませんね。会えるのを楽しみにしています。

じーこむらさん 明けましておめでとうございます
結局、昨年はゆっくりお会いすることも出来ませんでした。申し訳ありません。またいろいろ楽しいお話を聞かせてください。次のアドベンチャーも楽しみにしていますよ。今年もよろしくお願いいたします。

三方よしさん コメント深謝。
福岡では雪でしたか。それは風情もあったのではないでしょうか。元旦の早朝ジョギングは、今年の高い志しの表れ?自分の肌で感じること、自分のこととして考えること、お互いサポーターとしてとても重要な認識だと思います。早く会いたいですね。また語り合いましょう。動き合いましょう!

子供の頃、雲の合間から降りてくる太陽の光を見て、神様が降りてきてるんじゃないか?と思った来光、寒い朝に窓から差し込む光、これを見て未来しか感じられないのは私だけでしょうか?戦略・戦術を考えたことのない私は、せめてビジョンを描いてみたいと思います。超長期的な夢は持てても中長期的な考えに及ばないのは精進足らずだと思います。今年もニッポンを売る! さんで勉強させていただきます。

新年あけましておめでとうございます。

ブログへの書き込みありがとうございました。また、内容についても了解いたしました。

今年は一度九州にて農産物輸出の現状を確認したいと考えていますので、その点でお時間がありましたら、お会いしたいと思っております。

今年もよろしくお願いいたします。

はなさん コメントありがとう。
ご来光って不思議なパワーをイメージさせますよね。この時、僕は雷に打たれたかのような衝撃を感じました。広い禅寺の本堂の中だったのでなおさらでした。個人のビジネス戦略を立てることは本当に難しいです。やりたいこと、出来ることのほかに、変化する外部環境と、努力して向上していることを前提に何をすべきかをリアルに描くことは、自分を客観視出来るかどうかが問われますよね。

syotaroさんコメント深謝。
今年は飛躍の年になりそうですね。慎重かつ大胆に行動してください。東京にしばらく行っていなかったので、すっかり人酔いしてしまいました。あのパワーだけは東京でしか体験できません。新たな時代への静かだけど大きな胎動も感じました。ぜひ明るくポジティブに行動してくださるよう期待しています。僕も若い方々から刺激を受けたいと、会える日を待ちわびています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/47218590

この記事へのトラックバック一覧です: 振り返り、前を向く:

« 念頭のご挨拶 | トップページ | 七草の日に思いを馳せる町(その1) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば