2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 私的回顧2009(その3)地域の元気 | トップページ | 私的回顧2009(その5)未来への希望 »

2009.12.28

私的回顧2009(その4)新境地

                
アジア以外では、ロサンジェルス、ニューヨーク、そしてUAEのドバイに行った。

  
Dsc_9025
ニューヨーク摩天楼   2月

  
Dsc_3607

ビバリーヒルズの超セレブが集うロスのロデオドライブ
ここでもニッポンを売る!出会いが
       

   

ロスでもNYCでも、卓越した食のプロフェッショナルたちとの邂逅。

  
Dsc_4567
サンタモニカで出合ったスイーツの達人に日本製の紫蘇エキスを試してもらう
“Ohhh! Good !!”

    
Dsc_0259
ビバリーヒルズでも流行を発信するすごいニッポン人
   

Dsc_4616
日本人より日本の心を理解する白人経営者に脱帽

  
   

アメリカでも「ニッポンを売る!」元気な人たち。

  

コーディネートや情報発信、経営の分野でも大和撫子だってめっぽう頑張ってる。

  
Dsc_9512
アメリカビジネス社会でも堂々と

 
Dsc_6122
ニューヨークでの20年に及ぶ奮闘を経て、
今や日本の食文化の伝道師として米国政財界に広くネットワークを築く
    

    
   
こうして見ると、イチローや松井だけじゃない。
   

どっこい、我らが日本人は、各地で世界のプロに伍して活躍してるじゃないか。

  
Dsc_4820
ニューヨークのレストランで
   
   

僕らはもっと自信を持っていい。
    

  
Dsc_9455
マンハッタンの夕景
       
      

背伸びしてノーと言ったり、日本が一番なんて、ことさら言わなくてもいいじゃないか。

   

本当の強さ、自信とは、自分の文化をきちんと発信した上で、
なおかつ、異文化や異なる考え方など多様性を受け入れられる人なのだと思う。
                   

   
Dsc_7936
ニューヨーク・チェルシーマーケット

  
     
             *                *

        

ドバイはもう終わりだって?
   

常識的な考え方だったらそうだろうね。

   
Dsc_8781

   
    Dsc_3443

   

でも、それとビジネスチャンスは少し違うと思ってる。

  
Dsc_2198

    
      

僕の仲間が二人、年末ドバイとボンベイに事業構築のために旅立った。

   

よろしく頼んだぞ!

    
Dsc_3863

      
        

  
            *            *

     
  

これだけ円高が進んでいるのに、変わらぬ戦略・戦術でいい訳がない。

   
  
今年から中国と香港でそれぞれ、
地方の元気な皆さんと新しい挑戦を始めたよ。

   

Dsc_3845
この広大な中国の大地で、ニッポンの生産者の挑戦が始まる

    

    
まだまだスタートしたばかりだけど、
共に3年後がゴールのチャレンジ。

   

Dsc_2512
香港でもいよいよスタート    頑張ろう!

   
   

国際ビジネスは輸出だけじゃないよね。

     

複合技を仕掛けよう!

   
Dsc_4650
香港の高層ビル群

     
  

次の環境変化を予測して、今のうちに種をまく

   

常に僕等に求められているテーマさ。

   

Dsc_6458
ニューヨークの街角で

        
     

それにしても新境地の開拓というのは骨が折れる…。 ポキポキッ

                                     (次回に続く)

   

この回顧は、あくまで私見に基づくもので、いかなる分析、事象と関係ありません。
                        

« 私的回顧2009(その3)地域の元気 | トップページ | 私的回顧2009(その5)未来への希望 »

コメント

シンプルで洗練されたテーブルセッティングですね。スイーツもアメリカのケーキにしては見た感じシンプルで・・・だけど大きさが日本では有り得ないサイズ、さすがアメリカ!私は未だ行った事はありませんが、ニューヨーク・チェルシーマーケットのような野菜の売場が大好きです。雑誌でアメリカの市場のディスプレイをみるとワクワクします。今度ニューヨークに行かれたときにはDEAN & DELUCAの写真もお願いします!!
http://www.deandeluca.com/
ちょうど昨日、ふとドバイの砂漠の中の農園はどうなってるのだろう?とドバイのことを思っていました。プロジェクトは着々と進んでいるのですね。目先の利益だけを考えたビジネスは消えてしまうのも一瞬ですが、堅実で先を見据えた事業は簡単には消えてしまわない、ということでしょうね。さすがニッポンを売る!さんとお仲間たちです。


年末のお忙しいところ毎回コメントありがとうございます。西洋世界も、食という視点を絞ると色々なことが見えてきて、本当に勉強になりました。DEAN & DELUCAにはちゃんと行ってきましたよ。担当者の方とも交流しました。またアップしますね。NYCにはやはり発信力がありますね。何が発信されているかではなく、どうやって発信させているのかを学びとりたいと思います。ニッポンも発信できる素晴らしいコンテンツは山ほどあるんですものね。ドバイではむしろ極端にシンプルなビジネスを企画しています。複雑すぎて分かりにくい環境でシンプルがアピールすると思うんですが。
いよいよ今年もあと僅か。良いお年をお迎えください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/47134000

この記事へのトラックバック一覧です: 私的回顧2009(その4)新境地:

« 私的回顧2009(その3)地域の元気 | トップページ | 私的回顧2009(その5)未来への希望 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば