2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« スクスクと生育中 | トップページ | 旨いもの王国で(その2) »

2009.11.28

旨いもの王国で(その1)

        
19日、北陸農政局等の主催による「農林水産物等輸出オリエンテーションの会」が福井市で開催された。

   

   

Dsc_9161

      

対象地域は、福井、石川、富山の北陸三県と新潟県である。

  

   
Dsc_9704

    

午前のセミナーは、会場一杯の参加者を集め、
北陸地区での関心の高さを物語っていた。

   

   

Dsc_9707

    

      

札幌・大阪に続き私が前座を務め、今回の各国レポートでは、香港と北京の豊富な輸入販売経験を持つベテラン商社代表からとても有意義な最新現地報告を伺った。

    

     

   
Dsc_9711

   
   

同じ中華圏でも、参入はしやすいが競争が厳しい香港市場と、入り口の障害がとても厳しいが、これからの本命である中国北京市場の比較が浮き彫りになり、参加者は大いに参考になったと思う。

   

        

午後は、個別商談会と試食発掘会で、どちらもたいへん盛況であった。

     

   
Dsc_9722
時間ギリギリまで白熱した商談が繰り広げられた

    

      

  
Dsc_9741
    

  

あの名物「鯖のへしこ」も海外へチャレンジしているではないか。

   

  
Dsc_9745
行動を起こせば、道は切り拓かれる

     

   

Dsc_9675
発酵食品(=臭い物)好きの僕にとっては垂涎の珍味   
   

    

実は恥ずかしいことに僕は、福井県は初めての訪問。

    
     

繊維、眼鏡産業の隆盛、豊富な食材については、知識としては知っていたが、現地訪問は初めてだ。

   

              
027

               

今年7月に発刊されたばかりの西川一誠・福井県知事の著作である「ふるさとの発想 -地方の力を活かす」(岩波新書)を事前に読んでいたおかげで、地元の皆さんとの交流を通じてさらに理解が深まった。

      

      

      

   

       

      

028

また、県庁の方から、「ふくいごはん」(ポプラ社)を頂戴した。

    

   

この大手出版社は当初、全国版の本をつくる予定だったのらしいが、福井県だけであまりに美味しいごはんのお伴(おとも)があり過ぎるので、福井版が出来上がったのだそうだ。

    

     

    

福井県は、どうも旨いものが豊富なようだぞ。

          

      

こりゃあ、短い滞在時間でも、なんとしてでも「体感」しなくてはならぬ。
      

          
Dsc_9145

     

    

6年来の福井の友人に、ぜひ案内してッと請い願い、

夕刻から郊外に繰り出したのである。

                                      (次回に続く)

   

      

Dsc_1068
日本一の桜並木     福井市の中心を流れる足羽川(あすわがわ) 

    

    
Dsc_1074  

              

« スクスクと生育中 | トップページ | 旨いもの王国で(その2) »

コメント

初めまして!なちゅらるあーとさまのリンクからブログにお邪魔しました。

『日本を売る』って言葉がとても心に響きました。
私は『青森県を売る』気持ちで日々奮闘しております。
まだまだ、勉強中ですが青森県の生産者さまが元気で輝いてくださること常に願ってます。

ブログを拝見させて頂きまして、元気を頂きました。
有難うございます。

新日本青果 盛さん コメントありがとうございました。なちゅらるあーとさんのブログを通じて立ち寄っていただいたんですね。嬉しいです。私が8年ほど前「ニッポンを売る!」活動を始めてまもなく、先進事例として真っ先に勉強に行ったのが青森だったんです。八戸、青森、弘前・・・、何もかもが新鮮で驚きの連続でした。その時の青森の皆さんのスピリットが今も私の志の中に息づいています。どうか、これをご縁に情報交換、情熱交換しませんか?

有り難うございます。

8年前の青森でのご縁とは凄いですね!!
熱い想いと情報の交換をぜひ宜しくお願いいたします。
そして、たくさん学んでいきたいと思っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/46884502

この記事へのトラックバック一覧です: 旨いもの王国で(その1):

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/11/29 10:09) [ケノーベル エージェント]
福井市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« スクスクと生育中 | トップページ | 旨いもの王国で(その2) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば