2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 北のパワー集結 | トップページ | 飛び出せK点 »

2009.10.19

香港で名月(その2)

(前々回より続く)

中秋の10月3日夕刻、
日が傾きだして、再び香港島の中心部に戻ってきた。

    
   
向こう岸には、
夜が始まったばかりの九龍半島側が望める海岸べりを歩く。
     

         
目の前には、漁船や運搬船など小型の船が多数係留されている。

   
Dsc_5015

 
 
80年代でも、船上生活者や船で商いをする人が沢山いて、この辺でも旅行客向けの遊覧船があり、簡単な海鮮料理を作って出す船や、飲み物・果物を売りにくる小船なんかも寄って来たりして、それはそれは香港らしく、とても風情のあるシーンであった。

   
Dsc_5085

      
Dsc_5086

     
    

今はそんな面影も薄れ、大型の漁船の広間を時間貸しにして
船上マージャン荘なんかを開いているのを目にして、
少しだけ昔を思い出した。

   

Dsc_5020
名月を観ながら船上マージャン   ― 香港式の風流だな

     

    

いつの間にか夜空には、中秋の名月が輝いている。

    

Dsc_5106

   
  
日本の静かに過ごすお月見も
季節を感じることが出来てとても素晴らしい習慣だが、
半袖で過ごす港町香港のお月見もまた格別。
     

    
Dsc_5122

   

若いカップルも体を寄せ合い、100万ドルの夜景と海に映った満月をまぶたに重ねながら、いつまでも愛を語らうかのよう。

   
Dsc_5125
二人の目にはどう映っているのだろう?

   
   
ほかにも家族、老夫婦、仲間連れなどが思い思いに
楽しそうにこの海浜プロムナードをそぞろ歩く。

   

    
以前、香港に住んでいた時、中秋の晩には、銅鑼湾(コーズウェイベイ)のビクトリアパークで大勢の市民が持ち寄った月餅などの金属製の缶や蓋の上にろうそくを立てて火を灯して、静かに見守る、
とても幻想的なシーンがあったっけ
、と思い出して、早速タクシーに乗って行ってみた。

   
Dsc_4402
中秋のお祝いセット

     

      

いるわいるわ、大勢の市民たちが公園に向かっている。

      
ゲートには「採燈会入口」と横断幕が張られているぞ。

   
Dsc_5216

   

    
中に入ると、以前とチト様子が違う。

   
Dsc_5487

   

どうも、今は
公園内では火を灯してはいけないことになっているらしい。

    
Dsc_5499

   

火災や火傷の危険だからだろうか、それとも公園を汚すから?

   
   

それに替わり、あちこちに大掛かりな電飾ランタンが飾られている。

  
まるで香港の豊かさを象徴するかのように・・・。
      

   
Dsc_5296

  
Dsc_5286

   
   
月夜の公園はランタンと大勢の市民たちで、とても賑やか。

    
Dsc_5230
親子連れもロウソクの代わりに蛍光グッズで

   

子供たちも楽しそう。

   
Dsc_5255

   
   
デジカメがあちこちで大活躍だ。

   
Dsc_5238

  
      Dsc_5221

  
   

       
屋外ステージでは、粤劇(えつげき・京劇の広東版)をやってるぞ。
    

  
Dsc_5367

  

満月の夜、野外で演じられる粤劇は
数百年の昔からの風習だろうから、とてもしっくりとくる。
      

せりふの意味は解らなくても、どこか懐かしく、
しばらく見惚れていた。

  
Dsc_5426

    

伝統楽器の囃子と抜けるような広東語の節回しが
心にグッと響いてくるネ。

  
Dsc_5394

   

   
いつもは喧嘩をしてるかのように聞こえる機関銃のようなおしゃべりが大好きな香港人も、満月のお月様の下では、なんとなく物静か。

   
Dsc_5218

    

        
日本の多くの文化や農作業の節目である節句
中国から伝わってきた。

   

家族や生活の営み、自然との融合を生み出した東洋の知恵に、
改めて敬意を込めて、こんな心持ちを大切にしていきたいな、
とソッと心の中で感じた夜だった。

   
Dsc_5467
記念撮影   みんな中秋の物語を知っている       
        

« 北のパワー集結 | トップページ | 飛び出せK点 »

コメント

こんにちは!いつも素敵なブログありがとうございます。。。写真を見ると本当に旅に出たくなりますね~異国の地での中秋の名月。素敵です。私の実家あたりでは、子どもたちがお備えしてあるお菓子をもらいにくるのが、さらにヒートアップしてきたらしく、先日も袋いっぱいにお菓子を抱えて歩く子どもたちの姿をあちらこちらで見かけました(笑)ところ変われば・・・・なんですね。中秋の名月の時期に行く香港も!いいですね~

inoさん いつも励ましのコメントありがとうございます。日常でビジネスに追われているので、その国、その土地の民俗風習に触れるととてもホッとする気持ちになります。特にお祭りや節句というのは感動しますね。優劣比較なんて無縁ですもの。素直な気持ちになれます。日本と東洋・アジアとの文化の共通点を再認識する上でも、とても大切だと思います。近代はアジアでもクリスマスや感謝祭、バレンタインなどの西洋の風習で祝うことも増えましたが、これらも興味深く接していきたいと思っています。

 いつも『世界の車窓から』みたいな気分で拝見しています。今回の【香港】も幻想的な雰囲気がよ~く伝わってきます。月の導きによって、僕らは生かされているのだな。。。なんて勝手に思ってしまいます。幾千年前の方々も、僕らとそう変わらない月を眺めていたのでしょうね。農業や食文化も悠久の時を経て、人々と共に形成されてきました。そう思っていても『月餅』だけはどうも苦手です(笑)
 

三方よしさん コメントありがとうございます。「世界の車窓から」という番組は結構好きです。あんな動画が撮れるといいなと常々思っています。
地球温暖化で得てして太陽ばかりに注目がいきますが、月って結構重要なんですよね。月の引力によって潮の干満が生まれるし、海洋生物の多くが月の周期と産卵が関係しているというし、植物の生育は月の影響があることも知られているくらいです。もっと月の神秘について知るべきだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/46523210

この記事へのトラックバック一覧です: 香港で名月(その2):

« 北のパワー集結 | トップページ | 飛び出せK点 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば