2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 水に暮らす(その1) | トップページ | 水に暮らす(その3) »

2009.09.13

水に暮らす(その2)

(前回より続く)

                        
その湖の名は、トンレサップ (tonle sap)。

    

それまではまったく関心も無かったので、予備知識はゼロ。

     

帰国して調べてみて、東南アジア最大の湖ということを後で知って
その大きさにビックリしたのだが、湖畔に着くまでは沿道の風物に
見とれるも、すでに見慣れてきた光景なので特に大きな感慨もなし。

   

Dsc_3635
シェムリアップ郊外の沿道風景

 
Dsc_3633

   
Dsc_3717      
      

      

湖畔に着くと、土に還らないビニール袋や無造作に捨てられたポリ容器の汚い岸辺をつま先で歩くようにして、10人乗り位の細長いボートに乗り込む。 4人のメンバーで貸切だ。

   

Dsc_3774
現代のアジア的風景(?)

    

Dsc_3776
期待よりも不安の船出   

   

   
ドドドドドォーっ!!

   

発動機が勢いよく身震いを始め、若い兄弟が舵を執るボート船はゆっくりと岸を離れた。

    

とても浅そうな水深に少々不安なスタート。

 

  
Dsc_3802

     

     
元々どんよりした空気に加えて
さらに湖面から沸き立つムッとする湿度と特有の臭気が重なって、
いかにもアジア亜熱帯の旅といった雰囲気に包まれた。

     

  

しかし

湖畔沿いに広がる人家を目にして、それまでの気分が一変

     

   

湖の風景とは、

そこに普通に暮らす人々の生活の光景だったのだ。

     

Dsc_3826

   
            
Dsc_3843
シャワータイム

  
Dsc_4027
お買い物は行くものではなく、やって来るもの??

     
Dsc_3837
この家は豪邸ではないだろうか?

      

      

僕の感性のツボにピッタリとハマッてしまったよ。

     

   
   
やってくれたねぇ。  ありがとう Yさん!   

     
      

Dsc_3815
この笑顔に出会うためにはるばるやって来たんだ

       

        
アジアを旅して、僕が最も関心を持っているテーマが

市民生活」「庶民生」なのだ。

    

Dsc_3941
お父さんが網を打ち、お母さんが集めてくれる

   
Dsc_3935
家族で魚のつみれ作りかな?

    

     

何度海外に行っても、その国の人々の生活に触れるシーンなんて普通にありそうで実は滅多に出会うことは無い。

    

     
Dsc_3964   

    

   

いま、眼前に水に暮らす人々の日常生活が広がっている。

    

Dsc_3855
湖面に浮かぶ移動式の学校。   テレビで観たことあるぞ
         
    
Dsc_3862

   
Dsc_3951
ここでの登下校はボートに乗って・・・

      

Dsc_3954
こちらも移動式のカトリック教会

         

   
想像以上の長さと規模で、その宅地ならぬ「宅水」が続いていた。

    

    

    

Dsc_3919

カンボジアでの漕ぎ手は「前輪駆動」なんだな

  
Dsc_4045

    
     

ドッ、ドッ、ドッ、ドッ、ドオーッ 

  

Dsc01325

    
  

僕らを乗せたボートは、船尾の錆色の発動機から大きな音と

細長い煙を吐き出しながら、さらに湖面を滑っていった。
                                (次回に続く)

      

« 水に暮らす(その1) | トップページ | 水に暮らす(その3) »

コメント

なかなかの圧巻ですね~
もしかしたらこの湖の船を使った生活が、このあとずっと先の世界中の暮らしになるのでは?映画「ウォーターワールド」のように・・・と想像してしまいました。

旦那とも最近は、家も家具ももたず老後はキャンピングカー一台で日本中を旅して回るのもいいかもね~なんて話をしていたのとちょっとリンクして、おもしろかったです。
ありがとうございます!

いのさん コメントありがとうございます。実は僕もおんなじことを考えていたんです。これまで僕ら近代人は、こんな光景を見て、彼らは早く豊かになって陸上の生活に憧れて、テレビ、車、パソコン、コンビニなんて知ったらもうすごいだろうななどと勝手に思っていたはずですが、成熟日本こそ今や田舎暮らし、自然回帰、農業再発見などが始まって、一体どちらが「暮らし」と呼べるものなのだろうかとさ迷い始めましたね。オレゴンもシェムリアップも本当の豊かさについて問いかけてくれますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/46194878

この記事へのトラックバック一覧です: 水に暮らす(その2):

« 水に暮らす(その1) | トップページ | 水に暮らす(その3) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば