2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 変人が2008年を振り返る | トップページ | 三つのC »

2009.01.01

年頭之辞

     
新年あけましておめでとうございます

   

     
    
2009年の元旦を迎えた。

      
              
Dsc_2773
中国・上海

      

        
元旦とは、元日すなわち1月1日の朝のことで、
という字は地平線に昇る太陽を表しており、
漢語でも「朝」「早朝」を意味している。
      

             
Dsc07816
中国海南省・三亜

     
       

     
日頃夜更かしが多い生活をしていても、
見知らぬ土地へ行くと何故か早起きとなり、
自由に散歩できる時間もいつも朝に限られるから、
おのずと朝の印象が深い。

       
      
Dsc_5117
ベトナム・ホーチミン  サイゴン河畔

    
    
以前は、受身で嫌なことが待っている日も多く
そんな日の朝なんて明けて欲しくないと思うこともあったが、
最近は毎日がチャレンジすることが多く、
結構寝起きはいい方かも知れない。
     
     

今日もまた誰かと出会うことができる!

     
誰かと面白いことを考える、行動する。」
       

      

そんな日が一日でも多くなっていることに感謝している。

      
         
Dsc_1438
ブラジル・サンパウロの朝

    
    

境遇が良いか悪いかではなく、
自分の気持ち、姿勢が朝の迎え方を決めるのだ、と気づく。

     
     
一年の計を練る元旦もまた…。

   
    

      

  ちなみに、

一日の計は朝にあり  
一年の計は元旦にあり  
十年の計は樹を植えるにあり  
百年の計は子を教えるにあり

                   だそうである。
     
       
    
Dsc_0007
ブラジル/アルゼンチン国境・イグアスの朝

     
    

底が見えない景気後退、社会の閉塞感、生活・将来への不安…。

     

年が改まることで、
とにかくマインド(気持ち)を変えたいのはみな同じ。 

    

         
    
Dsc_6944
ロシア・ウラジオストク港

     

     
「ニッポンを売る!」地場産品の海外販路開拓も、
円高、世界的不況、購買力の低下などこれまでにない逆風が吹き荒れている。

     
       
だから今こそ、ファイティング・スピリット(闘う前向きの姿勢)が湧いてくる」というもの。

     

    
Dsc_7850
タイ・バンコクの夜明け

    

      

世界中が協力して、再び「バーチャル金融膨張経済」の復活を許さないとしたら、新しい経済秩序と価値観の大転換の中で、地方が、農林水産業が、額に汗する製造・販売の実体経済が先頭に躍り出て、環境共生の時代を構築する絶好のチャンスだと捉えて行動していきたい。

       
       
Dsc_0188
日の出前のカンボジア・アンコールワット

    

    
春は必ずやって来る。  …これは当たり前。

      

その春をどうデザインするかが、
今の私たちに課せられたワクワクする作業なのである。

      

Dsc_0842
維新の郷  -鹿児島

      

      

           
本年も「ニッポンを売る!」を

どうぞよろしくお願い申し上げます。

      

     
Dsc09830
シンガポールから帰路の機内で

          

« 変人が2008年を振り返る | トップページ | 三つのC »

コメント

あけましておめでとうございます。

ニッポンを売る!さんのブログに今年誰よりも早くコメントしたいと、密かに狙っていました。

何とか、1番のりみたいですね
(v^ー゜)ヤッタネ!!

さて、念頭之辞にしては非常に厳しいコメントが続き、「らしい」と言えばらしいブログの始まりに安堵を覚えました。

僕の好きな「ドラッカー」がいっている言葉に次のようなものがあります。

起業(ベンチャー)が成功するのは多くの場合、

予想しなかった客が、
予想もしなかった製品やサービスを、
予想もしなかった目的のために買ってくれる
時である。

単純で、悔しいことですが、地域が生き残るにはこのことが大事だと思います。
だからこそ、どのような変化にも順応する力が必要なのでしょう。

今年、三方よしとしては、変化の激しいときだからこそ「原理原則」「自然の摂理」に則って正攻法で攻めることに徹したいと思っています。

変わらず今年もよろしくお願いします。

三方よしさん 明けましておめでとうございます。 新年早々コメントを贈っていただきとても嬉しいです。「予想もしなかったこと」を起こすためには、もう人まね、人頼みは通用しませんね。世界そのものが予想もしない方向へ展開しているので、今まさに私たちにもチャンスが来るのだと思うのです。「厳しい認識」のもと、楽しくワクワクしながらプロジェクトをすすめましょう。今年もよろしく。

あけましておめでとうございます。

グローバルな朝の風景、ありがとうございました。地方にいても、どこにいても常に世界と向き合っていることが大事だと改めて感じました。今年もよろしくお願いいたします。

luckymentaiさん 明けましておめでとうございます。新年早々コメントありがとうございます。
早起きが習慣のラツさんのコメントには説得力があります。
「グローバルに考え、ローカルに行動する」という標語がありますが、好むと好まざるにかかわらず、まさにそういう時代が到来しましたね。私たちは地域の皆さんと自信を持って、向かい合っていきたいと心を新たにしています。今年もブログ「元気通信」を楽しみにしています。

あけましておめでとうございます!
まずは御礼をば・・・
元旦!元日の朝のことをいうことは分かっていたのですが、地平線に昇る太陽のことというのは知りませんでした~勉強になりました!!ありがとうございます!!
今朝は、水平線から昇る太陽見てきました!
雲の上からでしたが。

年末から年始にかけて、日本人って素晴らしい!!!という過ごし方を宮崎であらためておしえられました・・・(涙)詳しくはブログにて・・・

オレがオレが・・・私が私が・・・という
自己中心的な考え方ではなく、みんなが幸せになるにはどうしたらいいだろうか?という
スタンスを、少しでも実践したいと思いました。

今年も、どうぞよろしくお願いします!

inoさん 明けましておめでとうございます。初日の出を愛でて来たのですか。羨ましいなあ。宮崎は太陽の国だからその感動もひとしおでしょうね。グローバル化はアメリカ化ではないことを僕らは知りました。日本的なものを自信を持って紹介することと、他の文化も同じように認めることがグローバル的だということですよね。競争ではなく共生であることの所以です。ブログ毎日拝見しますよ。今年もよろしくお願いします。

新年明けまして
 おめでとう
  ございますsign03

元旦のお話しは勉強になりましたscissors
有り難うございます。

年末から不安の中新年を迎えることに
なりました。
『このままでは、年が越せない』
と言いながら、年は越す・・・

今年も、昨年以上にやらんといけない事が山積みです。
香港からのオファー並びに上海も!!

お酢の某食品メーカーとオファー内容を
吟味しながら、新しい物を作ります。

また、ご報告します!!

 今年もやっどぉ!!

ベジタリーさん 明けましておめでとうございます
新年早々、世界各国から景気の良いオーダー連発じゃないですかぁ!すごいなあ。
だからと言って、それでホクホクというわけでないことは厳しい現実だけど、ベジさんの製品を理解してくれるお客様が、日本と同様、海外にもいてくれるということですよね。価値を認めてくださるお客様がいる以上、何処へでも出て行きましょう。そして、地元の皆さんにもこの素晴らしさを知ってもらいましょうね。今年もよろしくお願いします。

元気付けられるブログ内容、これからもよろしくお願いします。楽しみにしています。

人吉のけんさん コメントありがとうございます。
今年もいろいろ情報発信いたしましょうね。ご支援ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/43589334

この記事へのトラックバック一覧です: 年頭之辞:

« 変人が2008年を振り返る | トップページ | 三つのC »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば