2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« グラウンドゼロ | トップページ | 歴史の大転換点の現場に立って »

2008.09.14

遠くて近い国へ(その2)

(先々回より続く)
       

サンパウロ市は人口1,074万人(2005年)のブラジル経済の中心であるが、実は南半球で第一の大都市でもある。
           
    
Dsc_0568

       

緯度的には実はほぼ南回帰線上にあって、年平均気温19.5℃の亜熱帯地域に属している。日本の近くでいうと台湾くらいだと思えばよい。

    
Dsc_1378
この日の夕刻もご覧の気温

     
     

だから日本と反対で真冬だと言っても、まったく寒いと感じることはなかった。

        
Dsc_2551

      

      
ブラジルの首都は内陸の人工都市ブラジリアであるが、サンパウロはちょうど中国・上海のようなビジネス・経済の拠点であり、日系企業のほとんどがここサンパウロに支店やオフィスをもっている。

     
Dsc_1724
サンパウロのビジネスの中心  -パウリスタ通り

             
予想に違わず近代的都市で、東京をはじめ他の都市と比べても何ら違和感のない大都会である。

        
Dsc_2341
朝の出勤風景も東京と少しも変わらない

             
高層ビル、広い道路、秩序ある都市機能などいずれも遜色ない印象だ。

        
Dsc_2090 Dsc_1854
パウリスタ(サンパウロに住む人の意)も都会派だ

     

ブラジルは治安が非常に悪いので絶対に単独行動しないように!と、ガイドさんに何度も釘を刺されていたのだが、私にとっては単なる脅しにしか聞こえない。

     

初日からさっそく独りでタウンウオッチングに出かけた。

(良い子の皆さんはゼッタイに真似をしないようにネ)

     

Dsc_1607
ブラジルというとなぜかビートルのイメージが・・・

     
Dsc_1243
やはりこの国でも携帯電話が日常風景

    
Dsc_1478

    
Dsc_1330
ファッションも流行の発信地

   
      Dsc_1175
背中がパックリ開いたデザインが流行している
(ように思えた!?) 

   
Dsc_6246
オシャレが気になる・・・

     
Dsc_6121
あちこちに美味しいお店が

   
Dsc_6234
このような新聞雑誌スタンドがあちこちにある

    
Dsc_6467
telephone stand

    
      

足が棒になるほど異国の街を歩き回ったら、
    
久しぶりに全身の細胞がテンションをあげてきた。

                              (次回に続く)

      

Dsc_6090

    
Dsc_2675
個性的な建物が実に多い

     
Dsc_1420
忘れられないサンパウロの夕景

        

« グラウンドゼロ | トップページ | 歴史の大転換点の現場に立って »

コメント

渾身のレポート!感激しています。続編も楽しみにしています。

じーこむらさん 応援ありがとうございます。出来るだけ画像を多くして、少しでも南米のヒトと土地の空気が伝わるようにトライしてみますね。

「脅し」ではなく、本当に危険なのに・・ご無事でなにより。。

saranさん ご無沙汰しています。 コメントありがとうございます。サンパウロを知っているsaranさんにはご心配おかけしました。この後も毎日のように朝昼晩と公式行事の合間を縫って単独行動にいそしんでいました。まあ、こうして元気にブログをアップしているわけです。サンパウロも、リオも、ブエノスアイレスも大型バスからだけでなく目線の高さで街の匂いを感じることが出来ました。必ずまた行く街です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/42478001

この記事へのトラックバック一覧です: 遠くて近い国へ(その2):

« グラウンドゼロ | トップページ | 歴史の大転換点の現場に立って »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば